最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2005年10月2日 - 2005年10月8日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »

蕎麦屋本

ラーメン屋本は種々出版されているようだが、蕎麦屋本はラーメン屋本と比べると、それほど多くない。理由はいくつか考えられる。

まずは、基本的な購買層の数の差。蕎麦好きと言うのは基本的に関東圏を中心として存在しているのに対し、ラーメン好きと言うのは全国的に幅広く存在しているように見える。特にラーメンの場合はご当地ラーメンとして地元に根強い人気があるところが多い。蕎麦に関しても、ご当地蕎麦のようなものはある。岩手の椀子蕎麦や、出雲蕎麦、越前おろし蕎麦などである。しかし、一般的な印象としてはラーメンと比べると弱いと言って良いだろう。

平均単価の差もラーメンと蕎麦の間には存在するだろう。ラーメンで1,000円を超えるメニューは滅多に存在しない。600円でもこの量では高いのではないかとか言われてしまう世界である。蕎麦の場合、立ち食いから蕎麦会席まで幅広い価格設定がある。せいろ一枚1,000円と言う値付けにも驚かない世界である。また、ラーメン屋でアルコールを飲む場合はせいぜい、ビールと餃子を頼む程度の店が多いようであるのに比べ、蕎麦屋の方が酒・肴の用意が豊富である。ラーメン一杯だけ食べてもそのラーメン店をだいたい評価できるだろうが、せいろだけで蕎麦屋の評価を下すことは難しい。蕎麦前と言われる酒・肴で期待を持たせておいて、せいろでがっかりと言うケースもある。そして、蕎麦前から蕎麦までの合計金額は2,000円から数千円かかってしまう。ラーメン屋巡りと蕎麦屋巡りの単価は倍以上の差がある。

当初のラーメン・ブームにおいて、ラーメン屋は味噌ラーメンとか九州ラーメンと言う既存のご当地ラーメンをいかに関東圏に紹介するかと言う観点が強かった。が、今は関東を中心に様々なバリエーションを追求する発展を見せている。これに比べると、蕎麦屋に関しては、関東的な蕎麦屋の文化が全国に波及しつつあると言う展開は見られるものの、基本的には蕎麦粉と蕎麦つゆを中心とした伝統的なスタイルの上に工夫を重ねると言う傾向が強い。ラーメン屋では、今年の既存有名店でも新作ラーメンを中心に取り上げれば、毎年新たな切り口の内容を追加できるが、蕎麦屋に関しては、既存有名店の新作蕎麦メニューがそれほど増えることは無い。もちろん、メニューにも様々な工夫を凝らしている蕎麦屋もあるが、多くの蕎麦屋は実直に、愚直に蕎麦を打ち続ける。客の方も、なぜかそういう蕎麦屋に惹かれてしまう。

とは言え、飲食店関係の店舗の盛衰は激しい。特に、個人営業の店の場合は、経営状況がいくら良くても、主人の健康などの家庭的な事情による移転・閉店も多い。蕎麦屋の場合、蕎麦を打っていて腰を痛めて廃業と言うケースもある。また、ラーメン屋に負けず劣らず、新規開業の蕎麦屋も増えている。よって、情報の更新が必要なので、毎年多くの蕎麦屋本が出版されるとうれしいと思うのだが、なかなかそういう状況にはならないようである。
(続く)

| | コメント (0)

« 2005年10月2日 - 2005年10月8日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »