最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 休日の蕎麦と温泉めぐり | トップページ | 農村レストラン とちぎ そばの郷 »

多摩の蕎麦、うどん名店77

多摩の蕎麦、うどん名店77

2002年3月23日第一刷発行
2003年4月10日第二刷発行

と言うことで、私が持っているのは第二刷である。けっこう売れたということであろう。

『多摩』と言うと、東京都の中から、伊豆諸島と23区を除いた部分と言うことで、取り上げてある範囲はけっこう広い、練馬の店も一軒含まれている。そうか、練馬も多摩だったのか、と思ってしまう練馬区民の私であった。蕎麦のカラー写真は当然プロのもので、きれいである。地図は略図であるが、曲がり角などの目印に関しては細かい書き込みがあるので、けっこう使える地図に見える。

移転した店:
- 『一喜』 練馬→西東京市保谷(と言うことで、練馬区の店ではなくなった(^_^;)
- 『蕎麦や漱石』西東京市→熊本の南阿蘇村へ移転

小平市の新店『吟』など、収録されていない良い店も増えつつあるので、さらなる改訂版が望まれる。

巻末に『老舗の味@多摩のデパート』と言うコラムで簡単に吉祥寺東急に『神田まつや』、伊勢丹立川店に『更科堀井』などがあることが書かれている。都内に関しても、デパートやショッピングプラザの蕎麦屋の支店はなかなか便利である。休日でも開いているし、夜も遅くまでやっているし、中休みも無いことが多い。このデパートの蕎麦屋に着目した記述は、『もっと蕎麦屋で憩う』とこの本くらいのものかもしれない。ところで、この本では立川高島屋には『一茶庵』があることになっているが、立川高島屋のフロアガイドを見ると、現在は『生粉打ち十割そば「風林庵」』となっている。

楽天Books: 『多摩の蕎麦、うどん

|

« 休日の蕎麦と温泉めぐり | トップページ | 農村レストラン とちぎ そばの郷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/15087976

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩の蕎麦、うどん名店77:

« 休日の蕎麦と温泉めぐり | トップページ | 農村レストラン とちぎ そばの郷 »