最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« そば通隠れ名店 | トップページ | 響きのスコア »

OYSYそば

OYSYそば

平成5年8月15日発行(1993年)なので、今となっては古本屋でしか入手できないのではないだろうか。私が買った最初の蕎麦屋本である。が、当時、それほど蕎麦屋に関心が無かったので、なぜ買ったのか今となってはよく分からない(^_^;

そばうどん』と言う業界専門誌を発行している柴田書店から出ているだけに、実に網羅的な蕎麦ムックとなっており、現在でも資料価値は高い。

まず、最初に、郷土そばとして、各地の特色ある蕎麦に関して整理してある。この本を読んで、私が一番心惹かれたのは、大豆をつなぎに使う津軽そばであるが、今は江戸川橋の『生粉打ち亭』のメニューにあるように、この本が出た当時よりは体験しやすくなっているようである。

次に、そば打ちに関する記述。15年前の名店の店主の写真は、最近の雑誌記事の写真と比べると皆さんお若い。打ち方だけでなく、そばつゆの作り方に関しても8店舗のそれぞれのやりかたを詳述している。

蕎麦の写真は、せいろや天ぷらそばなど分類してあり、店ごとの違いがおもしろいものもあれば、その店にしかない独自メニューもおさめられていて、今でも眺めるだけで楽しめる。

蕎麦屋の紹介は200店。15年前の本なので、移転・閉店も散見されるが、現在でも名店として健在の店も多い。

◎移転した店
- 樽そば(小樽→札幌)
- 慈久庵(南阿佐ヶ谷→龍神大橋、跡地は道心と言う蕎麦屋になっているが、ここもおもしろい)
- 名古屋やぶ(名古屋PARCOの本店は閉店していたが昨年末移転先にて開店した模様)
- 赤間茶屋あ三五(下関→福岡・薬院)
- 両国(福岡西新→天神)

◎閉店した店
- 増音(平井)
- 生粉打ち亭(東池袋、関連の同名店が江戸川橋で営業)
- 休屋(椎名町)

全国200店の中には、宮崎・鹿児島など、あまり蕎麦屋関係の記述が多くない地方の蕎麦屋も挙げている点も貴重であろう。私が行ったことがある店は50軒程度。一店一店の記述スペースが限られているため、記述内容から超A級の店とA級の店を読み解くのは難しい。他の本や雑誌との併用が望ましいだろう。

そうそう、地図に関しては、最低のレベルと言っても良い(^_^; 蕎麦屋本の地図のわかりにくさの元祖は、ここにあるのではないかと私は疑っている(^_^;

|

« そば通隠れ名店 | トップページ | 響きのスコア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/15062931

この記事へのトラックバック一覧です: OYSYそば:

« そば通隠れ名店 | トップページ | 響きのスコア »