最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「駅そば」読本 | トップページ | 粋に憩う北のそば屋 »

粋な蕎麦屋酒のすすめ

粋な蕎麦屋酒のすすめ-蕎麦屋は大人の隠れ家だ 札幌と東京/名店と穴場

北海道内の蕎麦屋に関しては、札幌周辺以外の書籍はあまり見かけない。これは2007年4月13日発行となっているので、新しい。ちゃんと『樽そば』が小樽から札幌に移転済みである(^^;)

この本の特徴としては、札幌の蕎麦屋を東京的尺度でランク付けしていると言うことである。札幌の人が、東京の蕎麦屋文化に影響を受けて、東京の蕎麦屋に近い蕎麦屋を探して札幌周辺の蕎麦屋を訪ね歩いた結果をまとめたものであると考えて良い。元は、北海道新聞の連載記事として取材していたようである。

とは言え、東京の蕎麦屋のこともちゃんと知ってますよ、と言うわけで、主な東京の名店と言う一覧もある。このあたりは出版社側の思惑もあろう。札幌の蕎麦屋情報だけでは東京で売れないかもしれないので、東京の店の一覧が載っていた方が売り上げが上がるだろうと言う目論見もあるのではないか、と考える。60軒中41軒は行ったことがあるが、それほど違和感のない、無難なリストである(それだけに私にとって新鮮味は無い(^_^;。

あと、15点満点による点数評価が行われているところも珍しい。そば/つゆ/値段/雰囲気/接客の五項目に対して、各3点で評価している。こういう点数評価には賛否あると思うが、妥当な評価かどうか確認するために蕎麦屋を巡るのもおもしろいだろう。

蘊蓄系の記事内容は、既に多くの蕎麦屋本などに見られるものと似たり寄ったりな内容なので、私のような立場からは食傷気味である。が、札幌近辺の人が手にしたら、それなりに啓蒙的と言えるのだろうか。ただ、既に述べたように、東京の蕎麦屋を評価基準とする価値観が札幌周辺の人たちに納得がいくのかどうかが、よくわからない点である(^_^; また、蕎麦屋巡りの手法に関する記述には、私としては賛同しがたい内容も含まれている。

とりあえず、東京の人間が札幌に行って蕎麦を食べる際には、それなりに参考になりそうな一冊と言う印象はある。

最大の難点は、ひどい写真がけっこう載せられていることである。おそらく、新聞連載時の取材における素人写真をそのまま使ったと思われるものが多い。せっかく本にするんだったら、もっといい写真使えよ、と思う。

|

« 「駅そば」読本 | トップページ | 粋に憩う北のそば屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/14897464

この記事へのトラックバック一覧です: 粋な蕎麦屋酒のすすめ:

« 「駅そば」読本 | トップページ | 粋に憩う北のそば屋 »