最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 自遊人 2007年7月号 | トップページ | 二時間ドラマBSデジタル 6/2(土)~6/8(金) »

新潟の蕎麦

新潟の蕎麦

2002年6月23日発行。
新潟県内66軒の蕎麦屋が、一軒あたり見開き2ページを使ったカラーページ仕上げになっている。写真は蕎麦、蕎麦屋の主人、蕎麦屋の外観・店内など四・五点ずつ使われている。写真の仕上がりもなかなか良い。小嶋屋本店と小嶋屋総本店の店主だけが背広姿である、と言う細かいツッコミ。地図は略図であるが、曲がり角の目印などはきっちり書き込まれている模様。

この本の特徴は、各蕎麦屋の紹介と共に、その蕎麦屋に最寄りの観光ポイントを一つ挙げて解説している点であろう。このアイデアは他に類を見ないように思う。観光ガイドについでに蕎麦屋が載っていると言うのはよくあることだが、その逆なところがおもしろい。蕎麦食ってから観光するか、観光してから蕎麦を食うか、選ぶのはあなただ、ということですなあ。

新潟の蕎麦というと、フノリが入って箱に入った『へぎそば』のイメージが強い。確かに長岡、十日町などの蕎麦屋の多くはへぎそばである。しかし、つなぎに山ゴボウを使っている店もけっこうある。山ゴボウと言えば富倉そばと思っていたが、新潟の蕎麦屋はフノリと山ゴボウを合わせてつなぎにしているところもあるようだ。他にも、さらしな一本の店や、関東風にこだわった店も載っていて、やはりそれなりのバリエーションがあることがうかがえる。

あとは、広域マップと店舗一覧が地域別に付いていると良かったのだが。とは言え、なかなか楽しめる一冊である。

楽天Books: 『新潟の蕎麦

|

« 自遊人 2007年7月号 | トップページ | 二時間ドラマBSデジタル 6/2(土)~6/8(金) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/15194176

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟の蕎麦:

« 自遊人 2007年7月号 | トップページ | 二時間ドラマBSデジタル 6/2(土)~6/8(金) »