最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 響きのスコア | トップページ | 二時間ドラマBSデジタル 5/19(土)~5/25(金) »

そばのうまい店 東京

そばのうまい店 東京

2002年11月29日第1改訂版発行と書いてあるものを持っている。表紙の絵が上記リンク先の表紙の絵と異なるが、ISBNは同じであるので、同じものとして記述を進める。

この本の特徴としては、ブルーガイドらしく、1) 持ち歩きのできるサイズであること、2) 地域別記述になっているので、23区別の記述よりも分かりやすいこと、3) ちゃんとした地図に位置がマークしてあることなどが挙げられる。

選りすぐりの240店と言うことだが、もちろん東京とタイトルが付いているように、東京23区内の店がメインで、都下の店も含めているが、さらに近郊と言うことで、神奈川・千葉・埼玉の店も少しずつ載っている。

関東の都県中、東京都内の蕎麦屋に関して記された本は多いが、他の県に関しては、千葉、茨城、埼玉、群馬、栃木の蕎麦屋に関する蕎麦屋本は数点存在している。が、神奈川県に特化した蕎麦屋本は見あたらず、今のところ東京主体の本のオマケ的位置づけでの収録が散見される程度のようであるので、東京から周辺へも足を延ばそうかと考え始めた人にも適当な本かもしれない。

240店と言う数は、円龍本の308軒に次ぐ大量のデータであるが、実際に眺めてみると円龍本よりも玉石混淆度が高いと言うか、あまり蕎麦屋の質にこだわっていないというか、例えば北前そば高田屋銀座2丁目店などのチェーン店舗も掲載されている。とは言え、よく読んでいると江古田長寿庵が新蕎麦シーズン限定で手打ちを出すなどと言う意外な情報も隠されていたりして、バカにできないのである。もっとも、江古田長寿庵は今年4月に新装オープンして、全て手打ちになってしまったのだが。240軒中、私は90軒くらい行っているようである。閉店・移転が分かっているのは、ざっとこんなところである。

- 庵(阿佐ヶ谷→広島翁に移転)
- 織田(奥沢→閉店、東山織田は営業中)
- 竹やぶ恵比寿店(閉店、跡地は竹やぶ出身の『玉笑』)
- 橡(練馬→閉店)
- ほそ川(吉川→両国へ移転)
- 休屋(閉店)

おそらく、何か目的があって出かける先の周辺でどうしても蕎麦を食べたいと言うような場合に用いるのが妥当なのだろうと思う。私も横浜に用事があった際に、周辺の蕎麦屋を調べるのに、この本と『至福の蕎麦屋』を眺めて数店に目標を絞って出かけたことがある。

|

« 響きのスコア | トップページ | 二時間ドラマBSデジタル 5/19(土)~5/25(金) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/15063384

この記事へのトラックバック一覧です: そばのうまい店 東京:

« 響きのスコア | トップページ | 二時間ドラマBSデジタル 5/19(土)~5/25(金) »