最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 隣の芝生は青い | トップページ | 二時間ドラマ◎BSデジタル 7/14(土)~7/20(金) »

2007/7/12:越後屋(王子)

mixi蕎麦屋探検コミュの「第一回蕎麦屋で落語会を体験しよう会」

場所は王子の無識庵越後屋で、19:00から開演なので、18:45頃に着く。

店に着いたら、裏手に別館があって、そちらの二階が落語会の会場であった。私は店の二階かと思っていたのだが・・・で、別館は大宴会専用の場所らしく、移動壁で三つに分けられるような和室の大広間になっていた。受付で2,500円払って入る。これは落語と季節の変わり蕎麦の代金である。

落語が始まる前の時間、周りを見ると常連の方々が飲んでいる。これはどうするのかなと思ったら、入り口のところに肴が並べてあって、そこで肴とか酒とかを買って代金を払い、セルフで持ってきて飲み食いすると言う方式なのであった。お盆はすぐに返しに行かないといかんらしい。他の人も使うから (^_^;

そうこうしているうちに、まずは越後屋のオヤジさんが挨拶話をするのだが、このオヤジさんの話もけっこうおもしろい。前回は正蔵を呼んだので 100人入ったけど、今日は5,60人の入りということであった。蕎麦屋の店内にもオヤジさんが描いた蕎麦メニューの絵がおいてあったりして、絵心のあるオヤジさんであることは知っていたが、蕎麦屋の組合の会合で旅行したときの絵とか見せてウケていた。芸達者なオヤジである、えらい(^_^;

さて、落語会。まずは前座のあんちゃん(柳屋生ねんというらしい)が出てきていきなり、「江戸っ子と言うのはやせがまんが・・・」と前振りもなく始めたので、ちと驚いたが、慣れてないのか時間の都合なのかはよくわからない。ただ、声はなかなか良かったので、いい噺家になりそうな気はするなあ・・・題目は「強情灸」でいいのかな。

続いて、柳家甚語楼である。土日は仕事が入っているが他は仕事が無い、週休五日だ、もっと働きたいとか笑わせる。で、海釣りが趣味で、三宅島によく行くのだが、帰りの船7時間が暇なので、その間にマジメに落語を覚えることにしたと言う前振りで、そうやって覚えた落語を披露しますと言うことで、「お化け長屋」。まあ、おもしろいのだが、話の流れがちとくどい感じはある。どういう話をして追い返したかを説明した後で、説明を聞いたヤツが、「よし、それならオレでもできる」とか思って、今度は自分でやってみたら、全然違う結果に・・・と言う時そば的展開はどうかなあとかつまらんことも考えてしまった(^_^;

ここで蕎麦タイム。

P7120001

今日の変わり蕎麦は・・・一見、さらしな風なのだが、色も純白ではないし、蕎麦がちと甘い。普通のさらしなも甘さはあるが、それよりも甘い。何だろうと思っていたら、みんな食べ終わった頃合いを見て、また越後屋のオヤジさんが出てきて、何だと思いますかと種明かし。くるみだそうである。なるほど、この甘みがくるみの甘みであったか、と。


それから、柳家さん生の登場。出囃子が上方風で、ちと派手だったが、それは弟子の生ねんが音源をマンガ喫茶でダビングしてきたとかいろいろ弟子をネタにいじりつつ、寄席でやるときには青海波の中の部分を使っているのだが、こういうところでは違うのを使っていると言う解説まであった(師匠の師匠が使っていて今は誰も使っていないとか言う話だった)。こういうのは分かる人が聞けばおもしろいに違いない(^_^;

で、甚語楼のやった怪談ものは季節もので、年中できるものではないので、何年かに一度やるというようなことも珍しくないとか言うことを言い始めたのを聞きながら、なんとなく、これは怪談ものを重ねてやりそうだなあと思っていたら、当たりであった(^_^;

なんか前振りで、雨の夜につい猫をひいちゃって、そのまま車で走っていると、後ろから明かりが追いかけてきて、親猫がおいかけてきたかと思ったらクロネコヤマトがす~っと抜いていったとか、続いてペリカンをひいちゃいましてね、とか言っていたなあ・・・よく覚えてるなあ、わたし(^_^;

で、「江島屋」。ただ、これはちと笑いが無いほんとの怪談なので、前の列のおばちゃんとか見ると、ちょいと退屈そうに聞いているようにも見えた。イカモノ売るとたたりがあるって話である。「お化け長屋」は、怪談をネタにした笑い話なので、すなおにところどころ笑えるのだが、ほんとの怪談となると笑う場所が無い分、客の方にストレス溜まるかも。ただ、怪談ネタ重ねると言う意味では、「お化け長屋」とのコントラストを強く出すにはほんとの怪談がいいという選択なのだろうと思った。

なんにせよ、なかなか堪能させていただきました。 次回も行きたいなあ。

ついでに「蕎麦屋で落語会」のGoogle Calendar共有を作ってみました。使えるかな?

|

« 隣の芝生は青い | トップページ | 二時間ドラマ◎BSデジタル 7/14(土)~7/20(金) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/15743364

この記事へのトラックバック一覧です: 2007/7/12:越後屋(王子):

» 王子「無識庵 越後屋」 [江戸ソバリエ「石臼の会」]
■住所北区王子本町1-21-4 無識庵「越後屋」別館2F■電話03-3900-5904■アクセスJR京浜東北線/東京メトロ南北線 王子駅 徒歩8分■営業時間平日昼11:30~14:30 夜17:15~21:30/日祝日昼11:30~15:00 夜17:00~21:30■定休日水・第3木曜日■寄席開催日時奇数月第二..... [続きを読む]

受信: 2007年9月20日 (木) 午前 11時20分

« 隣の芝生は青い | トップページ | 二時間ドラマ◎BSデジタル 7/14(土)~7/20(金) »