最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 二時間ドラマ◎BSデジタル 9/22(土)~9/28(金) | トップページ | 神奈川のうまい蕎麦64選 »

MPEG2-TSの編集

2004年4月5日から、デジタル放送のコピーワンス制約が始まった。それ以前は、D-VHSに録画したBSデジタル放送のMPEG2-TSデータを、i-Link経由でPCに取り込んで、加工できた。

当時の手順は、だいたい、こんな感じである。

1. CapDVHSでMPEG2-TSデータをPCに取り込む

2. TSDemuxで、MPEG2-TSデータを、映像データと音声データに分離する

3. 2で分離した音声データ(AAC)をFAAD2を使ってWAVデータに変換する

4. 2で分離したMPEG2-TSの映像データを、DVD2AVIでVFAPI経由で読み込めるように変換する

5. 3と4を合わせて処理するのに、aviutlを使うケースが多いようだが、私はTMPGEncを使用する。 しかし、TMPGEncがサポートしているMPEG2-PSやDivXではなく、リアル形式を使用したいので、huffyuvを用いて中間ファイル(AVI)を生成する

6. Easy Real Producerを使って、huffyuv→mkv変換を行う

このステップの複雑さは、なかなかマニアックである。順番を間違わないように、"1 CapDVHS", "2 TSDemux", "3 FAAD2", "4 DVD2AVI"と番号を付けてフォルダを整理していた。この段階ではいろいろと問題があった。

1) CapDVHSでの取り込みに際して、D-VHSテープのエラーが起きるとキャプチャが途中で終わってしまい、取り込めないケースがある。この解決策として有効なのは、D-VHSを録画に使わないことである(^_^; Rec-POTを使って録画し、それをCapDVHSで取り込むとエラーは起きにくい。

2) D-VHSテープからのキャプチャーに際して、次に起きる問題は、無事にCapDVHSで取り込めたにもかかわらず、必ずしも適切なデータとして取り込めていないことがあるということだ。その結果、FAAD2での処理でエラーを起こし、音声ファイルが得られないケースが生じる。これもD-VHSを使わず、Rec-POTを用いる方が安全であった。

要するに、テープ・メディアは信頼性が低いと言うだけの話のような気もするが、2002年当時にデジタル放送を録画する機器は他に無かったので仕方がない。

ここまでが、過去の話である。で、最近気がついたこと。CapDVHSでキャプチャーしたが、FAAD2でうまく処理できなかったMPEG2-TSファイルを、ディスクの空きがあるのをいいことに、とりあえず捨てずにHDDの肥やしにしていたのだが、ふと、TMPGEncにそのままドラッグして見ると、無事に開けるではないか・・・いつの間にか上記の6段階が、

1. CapDVHS
2. TMPGEnc(ここでhuffyuvではなくFast Codecを使うようになった話は前に書いたが)
3. Easy Real Producer

と3段階で済むようになっていたようである。しかも、FAAD2でエラーが起きるような、ちょっと壊れたデータのはずだが、無事に処理を進めることができた。

しかし、どのCodecを入れたらTMPGEnc Xpress 4.0で処理ができるようになったのかよく分からなかったので、以前から使用しているWindows XP機ではうまくできるのだが、Windows Vista機では映像は読み込めるのだが、音声が読み込めない。試行錯誤した結果、VistaCodecsを入れればうまく行くことが分かった。さすが全部入り、である。CoreAAC Audio Decoderが含まれているので、音声も読み込めると理解。これだけ入れれば済んだ話かもしれないが(^_^;

2004年3月までに録画したD-VHSテープがまだ残っているので、D-VHSデッキがまだ動くうちに、キャプチャ&エンコーディング処理を進めた方が良さそうである。

--- 追記

どうもこのページのアクセスが多いようなので、ここに追記することに(^_^;
実はmkv作るのやめて、2007年暮れくらいからx264に転向しちゃいました。画質とサイズの関係は良好ですが、再生は多少重くなるようです。

●MPEG2-TSの編集-2008-04-10版(午後更新)

TMPGEncでのCMカット編集をスムーズにするためには、この手順の方が良さそう。
1. VLCを使って、MPEG2-TS→MPEG2-PSの変換を行う。この再、ts2ps_withVLC.vbsを使うのが便利
2. BonTsDemuxを使って、m2vとwavを生成。「AACデコード」と「映像と音声の開始位置を同期」にチェック。
3. TMPGEnc Express 4.0にてCMカットなど行い・・・
4. 1024x576以上の解像度のファイルを得たいが、TMPGEnc Express 4.0内蔵のMPEG4/AVCエンコーダではサポートされていないので、以下の二つの手順のどちらかで我慢すると言う感じか。
4.1. 出力結果はAVIになるが、x264vfwを使う。
4.2.1. huffyuvやFastCodecを使って中間ファイル(AVI)を生成する
4.2.2. TMPGEnc MovieStyleでPS3プロファイルなどを選んで、中間ファイルを1024x576以上のMPEG4/AVCに変換可能

aviutl使えば、3のところでaviutl使ってカット編集後x264にてmp4生成、で済むはずなのだが、相変わらず使っていない(^_^;

中間ファイルを介すると時間がかかるので、4.1のx264vfwの方が短時間で終わる。が、AVIとして出力された結果はそのままではPS3で見ることはできない。4.2の方で得られたMPEG4/AVCは当然そのままPS3で見ることができるが、中間ファイルを生成するディスク容量と時間が取られる。一長一短である。再エンコードによる画質劣化があまり気にならないようであれば、x264vfw処理後、TMPGEnc MovieStyleで変換と言う手順も踏める。

1の手順は不要という点を指摘されたので取消線にしてみました

●MPEG2-TSの編集-2008-04-12版
友人がTMPGEnc MPEG EditorTMPGEnc Expressを使ってハマっているというので、今まで使っていなかったTMPGEnc MPEG Editorのお試し版で動作確認してみて気がついた。TMPGEnc Express使わなくて済むじゃん、と。

1. BonTsDemuxを使って、m2vとwavを生成。「AACデコード」と「映像と音声の開始位置を同期」にチェック。
2. TMPGEnc MPEG Editor 3.0にてカット編集、MPEG2-PSファイルを生成。
3. TMPGEnc MovieStyleでPS3プロファイルを選んで、MPEG4/AVCに変換

●MPEG2-TSの編集-2008-04-18版(音ずれ)
TS→PS変換に際して、上記手順で音ずれする場合と、しない場合があるようだ。音ずれしない場合は、これまでに書いた手順で良いだろう。音ずれする場合を試してみたところ、二パターンあるようだ。

1-a. BonTsDemuxを使って、m2vとwavを生成。「AACデコード」にチェック、「映像と音声の開始位置を同期」はチェックしない。4.25
1-b. BonTsDemuxを使って、m2vとwavを生成。「AACデコード」にチェック、「映像と音声の開始位置を同期」はチェックする。8.21
2. TMPGEnc MPEG Editor 3.0のMPEGツールで、m2vとwavからMPEG2-PSファイルを生成する(TMPGEnc Express 4.0のMPEGツールでも可)。

この時点で音ずれしないMPEG2-PSファイルができるようだ。後は好みのツールを使って処理すれば良い。

●MPEG2-TSの再生-2008-04-19版
PlayStation 3でMPEG2-TSをそのまま再生できる。メディア・サーバ経由での再生も可能。

●MPEG2-TSの編集-2008-06-23版
TMPGEnc Express 4.0のVersion 4.5.0.252(2008年6月19日リリース)から、ハイビジョンでのMPEG-4/AVCエンコーディングと、2CHのAACがサポートされたので、かなり手順を短縮できるようになった

1. MPEG-4/AVCを生成する場合
1.1. ソースが5.1音声でない場合、直接TSをTMPGEnc Express 4.5.0.252で開いて処理すればOK
1.2.1 ソースが5.1音声の場合、BonTsDemux(110_mod10)でm2v/wav変換
1.2.2 TMPGEnc Express 4.5.0.252のMPEGツールで多重化
1.2.3 TMPGEnc Express 4.5.0.252でカット&エンコーディング処理

2. MPEG-2を生成する場合
2.1.1ソースが5.1音声ではない場合、vlcを使ってTS→PS変換
2.1.2生成されたPSをTMPGEnc MPEG Editor 3(.3.0.5.69)でカット処理
2.2.1ソースが5.1音声の場合、BonTsDemux(110_mod10)でm2v/wav変換
2.2.2 TMPGEnc MPEG Editor 3(.3.0.5.69)のMPEGツールで多重化
2.2.3 TMPGEnc MPEG Editor 3(.3.0.5.69)でカット処理

要するに、MPEG-4/AVCを生成する場合には、5.1音声でないソースの方が多いので、1.1で全て済むので手順が短縮できる、と言う話である



|

« 二時間ドラマ◎BSデジタル 9/22(土)~9/28(金) | トップページ | 神奈川のうまい蕎麦64選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/16564852

この記事へのトラックバック一覧です: MPEG2-TSの編集:

« 二時間ドラマ◎BSデジタル 9/22(土)~9/28(金) | トップページ | 神奈川のうまい蕎麦64選 »