最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 神奈川のうまい蕎麦64選 | トップページ | 神奈川県内の蕎麦屋リスト »

神奈川のおいしい蕎麦

神奈川のおいしい蕎麦』 - 神奈川県と町田市のご近所の名店70選

で、もう一冊、神奈川県の蕎麦屋本が出た。片山虎之介著、2007年7月30日第一刷。これまで、ずっと、神奈川県内の蕎麦屋の本が無いなあと思っていたのに、出てくるときには出てくるもんだ(^_^;)

著者は『蕎麦Web』の編集長だそうである。名前を検索してみると、写真家らしい。『蕎麦Web』も始まったばかりのようである。

この本のポリシーは、「いつでも行けて、何度も通える近所のお店を紹介」と言うことで、前述の『神奈川のうまい蕎麦64選』と重なる店は32店舗、重複率5割と言うことは、意外に重なっていないようにも思える。

ところで、この本と前述の本は、サイズも同じだし、本のタイトルもよく似ている。区別のために『うまい本』と『おいしい本』と呼ぶことにしようかとも思うが、それって区別になるんかな・・・

本の構成に関しては、『うまい本』と似ている。

1) 単に各店舗あたり2ページずつで列挙しているにとどまり、特に推奨の店がどこかというのは分かりにくい。

2) 神奈川県全体地図上での位置づけも無いので、神奈川県内の地理に詳しくない人間には、全体像をつかみにくいかもしれない。コンセプトとして「近所のお店」を紹介したいのであって、県外から神奈川の蕎麦屋巡りをしたい人はそれほど考慮する必要性を感じなかったのであろう。

3) 各店舗ごとのページ構成も『うまい本』と一点を除いて、大きな違いは無い。その一点とは、全ページカラー構成と言うことである。ただ、カラー写真を載せる一方でコスト削減をはかったと見えて、紙質が落ちるので、せっかくのカラー写真なのにあまり旨そうに見えないものも多い。店舗ごとに写真撮影者の名前が明記してあり、それぞれ、検索してみるとそれなりのカメラマン(著者のカメラマン人脈か?)のようなのに、その成果が紙面に100%反映できていないのが残念である。

と言うわけで、『うまい本』と比較すると、マイナス点が多いような記述になってしまったが、この本もなかなかおもしろいので、買う価値はある。何よりも、「ご近所の店」と言うコンセプトは重要である。この2冊の両方に取り上げられている店を優先的に巡ってみると言うような重み付けをしてみたりする手もあるだろう。

そうそう、重要な特徴を一つ、記しておくのを忘れていた。

4) 東京都町田市の蕎麦屋5軒収録。よって、純粋に神奈川県内の蕎麦屋は65軒収録である。

楽天Booksで『神奈川のおいしい蕎麦』を買う

|

« 神奈川のうまい蕎麦64選 | トップページ | 神奈川県内の蕎麦屋リスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/16580843

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川のおいしい蕎麦:

« 神奈川のうまい蕎麦64選 | トップページ | 神奈川県内の蕎麦屋リスト »