最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 2007年4月22日 - 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月6日 - 2007年5月12日 »

蕎麦屋探検コミュニティトピック整理

mixiの『蕎麦屋探検』コミュニティのトピックを整理してみた。暫定版。

●山形県
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16647164&comm_id=218929

●東京都
【荒川区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17804952&comm_id=218929
【板橋区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=3772575&comm_id=218929
【大田区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=5788171&comm_id=218929
【葛飾区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17804995&comm_id=218929
【北区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=3779672&comm_id=218929
【江東区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=5815322&comm_id=218929
【品川区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=5815269&comm_id=218929
【渋谷区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=5788082&comm_id=218929
【新宿区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=7066990&comm_id=218929
【杉並区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=7665210&comm_id=218929
【墨田区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17805042&comm_id=218929
【世田谷区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=6187699&comm_id=218929
【台東区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=8648492&comm_id=218929
【中央区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=8561678&comm_id=218929
【豊島区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=3774136&comm_id=218929
【中野区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=3772647&comm_id=218929
【練馬区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=3772610&comm_id=218929
【文京区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=3900361&comm_id=218929
【港区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=7461882&comm_id=218929
【目黒区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=5788244&comm_id=218929

【あきる野市】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16205216&comm_id=218929
【国立市】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16094089&comm_id=218929
【国分寺市】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16138565&comm_id=218929

●埼玉県
【川越市】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17655891&comm_id=218929
【新座、朝霞市】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=7461797&comm_id=218929

●群馬県
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17157250&comm_id=218929

●千葉県
【市川市】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=7414267&comm_id=218929
【船橋市】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=7414211&comm_id=218929
【松戸市】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=3772662&comm_id=218929

●神奈川県
【海老名、綾瀬、座間市】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17485666&comm_id=218929
【鎌倉市】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17485408&comm_id=218929
【相模原市】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17485396&comm_id=218929
【湘南】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17408671&comm_id=218929
【秦野、厚木、伊勢原】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17485653&comm_id=218929
【横浜市保土ヶ谷区】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17655976&comm_id=218929

●長野県
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=8843759&comm_id=218929

●静岡県
【御殿場、裾野、沼津、伊豆市】
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17367467&comm_id=218929

●岐阜県
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17194501&comm_id=218929

●京都府
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=7706841&comm_id=218929

●大阪府
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=8614008&comm_id=218929

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お蕎麦手帖東京版

お蕎麦手帖 東京版

2006年11月20日発行。

蕎麦屋巡りをするための手帖と言う体裁を取った蕎麦屋本である。手帖というだけあって、新書版サイズで、ビニルカバーまで付いている。持ち歩いて酷使することを前提とした本と言うわけだ。

しかも、単に蕎麦屋へ行くのが目的ではない。散歩をしながら蕎麦屋を巡るのである。よって、散歩のテーマ毎に、その地域に関連する見所なども記述されており、その中の風物としての蕎麦屋を楽しむことを提案している。掲載している蕎麦屋のまとめ方も、散歩の便を考えてまとめてあるので、二十三区別ではない点も評価できる。

地図もまともなものが載っている。各店舗毎に、自分で記入するためのメモや、お散歩メモもついている。裏表紙には自分の連絡先を記入する枠まで作ってある。蕎麦屋メモなくしたら大変ですからね(^_^; メモの構成に関しては多少の不満はあるが、まあ、こんなものだろうと言う気もする。

カラー写真は、いまいち旨そうに見えないものも含まれている。カメラの腕のせいか、本の紙質のせいかわからないが、モノクロページの写真の方はどれも旨そうに見えるので、紙質による色再現性の問題であろうか。

取り上げてある店の数はそれほど多くはない。厳選44店舗だそうである。ただ、厳選の方針が不明である。本郷の『田奈部』のような新店も載っているのはいいことだけど。永坂更科本店載せて更科堀井を落とすとは。上野藪が載っているのに、池之端藪や蓮玉庵は落とすとは。このような取捨選択の方針がイマイチ明確に記述されていない点に多少の不満はある。

総合的に見ると、それほど難点は無さそうなのだが、私はこの本を蕎麦屋巡りに用いていない。最大の理由は、既に35軒は行ったことがあるからである。東京の蕎麦屋巡りの初心者向け入門書としては、この本か、以前触れた『大人のそば屋はここにある』あたりが手頃と言う感じであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都蕎麦スタイル57

京都蕎麦スタイル57

2006年11月20日発行と言うことで、まだ新しい本である。京都で蕎麦と言えば「にしん蕎麦」と言うのは昔の話で、最近では自家製粉手打ちの蕎麦屋も増えている。ここで紹介されている57店には、昔からの京都の老舗の蕎麦屋から、最近の自家製粉手打ちの蕎麦屋まで含まれている。関西系の人は老舗系、関東系の人は新規手打ち系を選択すると、それぞれ幸せになれるというものかもしれない。

57軒中、私は17軒しか行ったことがないが、東京に住んでいる人間としては、わりと訪ねている方であろう。おおむね妥当な店が並んでいるように見受けられる。

京都の蕎麦屋本としては、現在、唯一なので、蕎麦屋好きの京都行きには必携の書と言えよう。

天橋立の『ちとせ茶屋』も収録する価値はあると思うので、改訂時に検討していただきたい。

楽天Books:『京都蕎麦スタイル57

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粋に憩う北のそば屋

粋に憩う北のそば屋 札幌・近郊編

この本も、札幌近郊の蕎麦屋を扱っている本である。『粋な蕎麦屋酒のすすめ』と異なり、各蕎麦屋に一ページあるいは二ページずつ割いた構成、プロによるカラー写真はきれいである。写真を眺めているだけで、旨い蕎麦を食べたような気分になれる。また、余計な蘊蓄話も少なく、札幌・近郊の蕎麦屋に集中している点がすっきりしている。2003年9月28日発行なので、まだ『樽そば』が小樽にある。そう言う意味では、もう4年くらい経つので、移転・閉店した店が他にも含まれている可能性はある。

地図は、略図なので、円龍本に近い(あまり細かく描いてない)印象を受けるが、札幌市内であれば道路も碁盤状なので、それほど迷う余地は無いと言うこともあるだろう。

著者が女性であるせいか、一店一店に関して、それぞれの店の良さを丁寧に記述している点に好感を持つ。

楽天Books: 『粋に憩う北のそば屋改訂版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粋な蕎麦屋酒のすすめ

粋な蕎麦屋酒のすすめ-蕎麦屋は大人の隠れ家だ 札幌と東京/名店と穴場

北海道内の蕎麦屋に関しては、札幌周辺以外の書籍はあまり見かけない。これは2007年4月13日発行となっているので、新しい。ちゃんと『樽そば』が小樽から札幌に移転済みである(^^;)

この本の特徴としては、札幌の蕎麦屋を東京的尺度でランク付けしていると言うことである。札幌の人が、東京の蕎麦屋文化に影響を受けて、東京の蕎麦屋に近い蕎麦屋を探して札幌周辺の蕎麦屋を訪ね歩いた結果をまとめたものであると考えて良い。元は、北海道新聞の連載記事として取材していたようである。

とは言え、東京の蕎麦屋のこともちゃんと知ってますよ、と言うわけで、主な東京の名店と言う一覧もある。このあたりは出版社側の思惑もあろう。札幌の蕎麦屋情報だけでは東京で売れないかもしれないので、東京の店の一覧が載っていた方が売り上げが上がるだろうと言う目論見もあるのではないか、と考える。60軒中41軒は行ったことがあるが、それほど違和感のない、無難なリストである(それだけに私にとって新鮮味は無い(^_^;。

あと、15点満点による点数評価が行われているところも珍しい。そば/つゆ/値段/雰囲気/接客の五項目に対して、各3点で評価している。こういう点数評価には賛否あると思うが、妥当な評価かどうか確認するために蕎麦屋を巡るのもおもしろいだろう。

蘊蓄系の記事内容は、既に多くの蕎麦屋本などに見られるものと似たり寄ったりな内容なので、私のような立場からは食傷気味である。が、札幌近辺の人が手にしたら、それなりに啓蒙的と言えるのだろうか。ただ、既に述べたように、東京の蕎麦屋を評価基準とする価値観が札幌周辺の人たちに納得がいくのかどうかが、よくわからない点である(^_^; また、蕎麦屋巡りの手法に関する記述には、私としては賛同しがたい内容も含まれている。

とりあえず、東京の人間が札幌に行って蕎麦を食べる際には、それなりに参考になりそうな一冊と言う印象はある。

最大の難点は、ひどい写真がけっこう載せられていることである。おそらく、新聞連載時の取材における素人写真をそのまま使ったと思われるものが多い。せっかく本にするんだったら、もっといい写真使えよ、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「駅そば」読本

「駅そば」読本。鈴木弘毅著。

平成19年5月1日発行と書いてあるが、4/26には既に売られていた(^_^;

この本は、蕎麦屋本としては、駅そばに特化していると言う点で変わっている。
駅そばとは、駅の構内にある立ち食い蕎麦屋のことであるから、立ち食い蕎麦屋の部分集合と言うことになる。また、他方では、駅が関連するので、駅そばを訪ね歩くのは、鉄道マニアの部分集合と言うことでもあろう。

まずは、日本各地の駅の蕎麦屋の中から、特徴あるものを北は北海道から南は九州まで、紹介している。さらに駅そばのメニューの分類や、調理法、その他の蘊蓄や雑学もまとめられている。関東風と関西風のそばつゆの切り替わるのはどのあたりかという話に加え、ネギが白ネギから青ネギに変わるのはどのあたりかという話など、実際に駅毎に食べ歩いた経験から語っているあたりは、ほんとうに蕎麦好きな鐵ちゃんである(^_^;

また、JRの駅そばである『あじさい茶屋』は、巣鴨駅では『ご利益そば』、御徒町駅などでは『大江戸そば』などとご当地駅そばとしての展開をしているなどの、駅そばチェーンの最新動向に関しても詳しい。

それほどマニアでなくとも、蕎麦と鉄道がそこそこ好きな人なら、十分楽しめる一冊であろう。新書サイズなので、電車の中で読むにもちょうど良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦屋酒

蕎麦屋酒
光文社新書。持ち歩きには便利なサイズである。

前半は、蕎麦蘊蓄ものなので、蕎麦屋本としては邪魔な部分である。とは言え、蕎麦屋の話をする際には、どうしてもこの手のことを書きたくなるのが人情らしい。また、編集側も、単に店のリストだけ並べることに不安を覚えるものなのかもしれない。そう言う意味では、ほとんど蘊蓄話の見られない円龍本は希有の存在と言えるだろう。なんだかんだいいつつ、円龍本を愛する私であった(^_^;

とは言え、ある程度、蕎麦屋の系譜に関しては知っていた方が楽しめる部分もあるので、そういう意味では、前半をさらっと読み通しておくのも悪くない。ただ、この本が採用している「江戸前」と言う言葉は、鮨に関してはともかく、蕎麦屋に関して用いるには違和感がある。

さて、この本に紹介されている蕎麦屋は、大きく分けて
1. 江戸前正統派第一世代
2. 一茶庵片倉康雄の直弟子
3. セカンドジェネレーション
4. ニューウェイブ
5. 新進気鋭
の5つに分類されており、東京のみならず、近郊から関西も含めての35店なので、私が訪れた店は内22軒であるが、いずれもレベルが高い。厳選されていると言って良いだろう。地図は、円龍本よりは分かりやすい(^_^;

また、巻末に、全国の評判の良い蕎麦屋のリストが掲載されている。2004年2月発行なので、私の知る範囲では内8軒くらいは閉店しているようである。

移転した店: 箕郷「せきざわ」(小布施に移転)
閉店した店: 八重洲「三日月」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月22日 - 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月6日 - 2007年5月12日 »