最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 2007年9月16日 - 2007年9月22日 | トップページ | 2007年9月30日 - 2007年10月6日 »

二時間ドラマ◎BSデジタル 9/29(土)~10/05(金)

◎BSデジタル 9/29(土)~10/05(金)

●9/29(土)
13:06-14:54 BSジャパン
BSミステリー(再)刑事吉永誠一・涙の事件簿-6-五億円の黒い白髪
18:00-19:54 BS日テレ
火曜サスペンス劇場(再)検事霞夕子-05-雨に濡れた遺書

●9/30(日)
21:00-22:48 BSジャパン
BSミステリー(再)シロクマ園長・命の事件簿

●10/1(月)
11:00-12:54 BS-i
月曜ミステリー劇場(再)北アルプス穂高連続殺人ルート
14:00-15:54 BS-i
月曜ミステリー劇場(再)十津川警部-11-南伊豆高原殺人事件

●10/2(火)
11:00-12:54 BS-i
月曜ミステリー劇場(再)森村誠一-3-路
14:00-15:54 BS-i
月曜ミステリー劇場(再)弁護士迫まり子の遺言作成ファイル-3-秘密

●10/3(水)
11:00-12:54 BS-i
月曜ミステリー劇場(再)姥捨ての街◇
11:35-13:26 BSジャパン
BSミステリー(再)作家如月祥子・黒の事件簿-我が子を盗め
14:00-15:54 BS-i
月曜ミステリー劇場(再)十津川警部-1-札幌駅殺人事件

●10/4(木)
11:00-12:54 BS-i
月曜ミステリー劇場(再)東北四大祭り殺人事件◇
11:35-13:26 BSジャパン
BSミステリー(再)警視庁ブランド刑事!桐原真美
14:00-15:54 BS-i
月曜ミステリー劇場(再)横山秀夫-第三の時効

●10/5(金)
11:00-12:54 BS-i
月曜ミステリー劇場(再)ファミリー
11:35-13:26 BSジャパン
BSミステリー(再)刑事吉永誠一涙の事件簿-5-約束の指きり
14:00-15:54 BS-i
月曜ミステリー劇場(再)浅見光彦-6小樽殺人事件
---
◇--私の今週の録画予定(それ以外は既放映時に録画済み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県内の蕎麦屋リスト

『うまい本』と『おいしい本』を買ったついでに、両方に取り上げられている蕎麦屋の比較をしてみた。また、行政区画別にリストアップされているので、最寄り駅を入れて整理してみた。これで、神奈川県内の蕎麦屋巡りを始める準備は完璧である。

「うまい」「おいしい」の欄はそれぞれの本に載っているかどうか。
「優先度」は両方の本に載っていれば二重丸、片方にだけ載っている場合は一重丸である。

「kanagawa-sobaya-list.xhtml」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川のおいしい蕎麦

神奈川のおいしい蕎麦』 - 神奈川県と町田市のご近所の名店70選

で、もう一冊、神奈川県の蕎麦屋本が出た。片山虎之介著、2007年7月30日第一刷。これまで、ずっと、神奈川県内の蕎麦屋の本が無いなあと思っていたのに、出てくるときには出てくるもんだ(^_^;)

著者は『蕎麦Web』の編集長だそうである。名前を検索してみると、写真家らしい。『蕎麦Web』も始まったばかりのようである。

この本のポリシーは、「いつでも行けて、何度も通える近所のお店を紹介」と言うことで、前述の『神奈川のうまい蕎麦64選』と重なる店は32店舗、重複率5割と言うことは、意外に重なっていないようにも思える。

ところで、この本と前述の本は、サイズも同じだし、本のタイトルもよく似ている。区別のために『うまい本』と『おいしい本』と呼ぶことにしようかとも思うが、それって区別になるんかな・・・

本の構成に関しては、『うまい本』と似ている。

1) 単に各店舗あたり2ページずつで列挙しているにとどまり、特に推奨の店がどこかというのは分かりにくい。

2) 神奈川県全体地図上での位置づけも無いので、神奈川県内の地理に詳しくない人間には、全体像をつかみにくいかもしれない。コンセプトとして「近所のお店」を紹介したいのであって、県外から神奈川の蕎麦屋巡りをしたい人はそれほど考慮する必要性を感じなかったのであろう。

3) 各店舗ごとのページ構成も『うまい本』と一点を除いて、大きな違いは無い。その一点とは、全ページカラー構成と言うことである。ただ、カラー写真を載せる一方でコスト削減をはかったと見えて、紙質が落ちるので、せっかくのカラー写真なのにあまり旨そうに見えないものも多い。店舗ごとに写真撮影者の名前が明記してあり、それぞれ、検索してみるとそれなりのカメラマン(著者のカメラマン人脈か?)のようなのに、その成果が紙面に100%反映できていないのが残念である。

と言うわけで、『うまい本』と比較すると、マイナス点が多いような記述になってしまったが、この本もなかなかおもしろいので、買う価値はある。何よりも、「ご近所の店」と言うコンセプトは重要である。この2冊の両方に取り上げられている店を優先的に巡ってみると言うような重み付けをしてみたりする手もあるだろう。

そうそう、重要な特徴を一つ、記しておくのを忘れていた。

4) 東京都町田市の蕎麦屋5軒収録。よって、純粋に神奈川県内の蕎麦屋は65軒収録である。

楽天Booksで『神奈川のおいしい蕎麦』を買う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川のうまい蕎麦64選

神奈川のうまい蕎麦64選

『千葉のうまい蕎麦73選』の紹介の際に「関東近辺では神奈川県に特化した本が出ていないので、ぜひこの出版社から発売されんことを期待している」と書いたのだが、ほんとに出すとは偉いぞ、幹書房。2007年8月1日初版。

これまでの蕎麦屋本の経験を踏まえているだけに、構成に関しては、ほぼ満足のいく仕上がりとなっている。

1) まず、これから神奈川県内のそば屋を巡ろうと思い立った初心者に優しい二つの巻頭カラーページ。
- 注目のそば屋6軒 - 著者の推薦するそば屋を巻頭に紹介
- テーマ別9店 - ここはおさえておくべき、と言う店の紹介

2) 地図と合わせた目次 - JRや基幹道路と、各店舗の位置関係がわかりやすい。神奈川県内の地理に詳しくない蕎麦好きにとっては、一日に数軒巡る計画を立てる際や、行ってみたら休みだったときに近くの別候補を探したいと言う場合に便利

3) 各店舗ごとの構成は、
- 店舗外観挿絵
- 店舗解説文
- 主人、そば、店内の写真
- 店舗情報
となっており、地図もわかりやすい。モノクロ構成なのが、ちょっと残念。

4) 持ち運びしやすいサイズと、952円+税と言うお手頃なお値段

と言うわけで、神奈川県内の蕎麦屋巡りには推奨の一冊である。

楽天ブックスで『神奈川のうまい蕎麦64選』を買う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MPEG2-TSの編集

2004年4月5日から、デジタル放送のコピーワンス制約が始まった。それ以前は、D-VHSに録画したBSデジタル放送のMPEG2-TSデータを、i-Link経由でPCに取り込んで、加工できた。

当時の手順は、だいたい、こんな感じである。

1. CapDVHSでMPEG2-TSデータをPCに取り込む

2. TSDemuxで、MPEG2-TSデータを、映像データと音声データに分離する

3. 2で分離した音声データ(AAC)をFAAD2を使ってWAVデータに変換する

4. 2で分離したMPEG2-TSの映像データを、DVD2AVIでVFAPI経由で読み込めるように変換する

5. 3と4を合わせて処理するのに、aviutlを使うケースが多いようだが、私はTMPGEncを使用する。 しかし、TMPGEncがサポートしているMPEG2-PSやDivXではなく、リアル形式を使用したいので、huffyuvを用いて中間ファイル(AVI)を生成する

6. Easy Real Producerを使って、huffyuv→mkv変換を行う

このステップの複雑さは、なかなかマニアックである。順番を間違わないように、"1 CapDVHS", "2 TSDemux", "3 FAAD2", "4 DVD2AVI"と番号を付けてフォルダを整理していた。この段階ではいろいろと問題があった。

1) CapDVHSでの取り込みに際して、D-VHSテープのエラーが起きるとキャプチャが途中で終わってしまい、取り込めないケースがある。この解決策として有効なのは、D-VHSを録画に使わないことである(^_^; Rec-POTを使って録画し、それをCapDVHSで取り込むとエラーは起きにくい。

2) D-VHSテープからのキャプチャーに際して、次に起きる問題は、無事にCapDVHSで取り込めたにもかかわらず、必ずしも適切なデータとして取り込めていないことがあるということだ。その結果、FAAD2での処理でエラーを起こし、音声ファイルが得られないケースが生じる。これもD-VHSを使わず、Rec-POTを用いる方が安全であった。

要するに、テープ・メディアは信頼性が低いと言うだけの話のような気もするが、2002年当時にデジタル放送を録画する機器は他に無かったので仕方がない。

ここまでが、過去の話である。で、最近気がついたこと。CapDVHSでキャプチャーしたが、FAAD2でうまく処理できなかったMPEG2-TSファイルを、ディスクの空きがあるのをいいことに、とりあえず捨てずにHDDの肥やしにしていたのだが、ふと、TMPGEncにそのままドラッグして見ると、無事に開けるではないか・・・いつの間にか上記の6段階が、

1. CapDVHS
2. TMPGEnc(ここでhuffyuvではなくFast Codecを使うようになった話は前に書いたが)
3. Easy Real Producer

と3段階で済むようになっていたようである。しかも、FAAD2でエラーが起きるような、ちょっと壊れたデータのはずだが、無事に処理を進めることができた。

しかし、どのCodecを入れたらTMPGEnc Xpress 4.0で処理ができるようになったのかよく分からなかったので、以前から使用しているWindows XP機ではうまくできるのだが、Windows Vista機では映像は読み込めるのだが、音声が読み込めない。試行錯誤した結果、VistaCodecsを入れればうまく行くことが分かった。さすが全部入り、である。CoreAAC Audio Decoderが含まれているので、音声も読み込めると理解。これだけ入れれば済んだ話かもしれないが(^_^;

2004年3月までに録画したD-VHSテープがまだ残っているので、D-VHSデッキがまだ動くうちに、キャプチャ&エンコーディング処理を進めた方が良さそうである。

続きを読む "MPEG2-TSの編集"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月16日 - 2007年9月22日 | トップページ | 2007年9月30日 - 2007年10月6日 »