最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« Boz & Toto | トップページ | 牟田刑事官事件ファイル »

Gmailへの安易な転送は問題

たまたま、「迷惑メールをGメールでブロック!」なんて記事が目に止まった。この方法は、Gmail側から元のアカウントのメールをpopで取りに行っているので、問題は無いようである。
註: 二ページ目以降読まずに勝手に転送する話だと思って初出時にいいかげんなことを書いてしまってもうしわけありません。

検索してみると「メールを全部Gmailに転送して、そこで迷惑メールをフィルタすれば万事OK」と言う記述が多い。そして、それでうまくいっていると思っているケースもほとんどであろう。

現実には、元のアカウントから転送すると、問題が起きる(ことがある)。

転送されてきたメールの多くが迷惑メールである場合、その転送を行ってきたサイトを迷惑メール送信元と判断する受信サイトは増えている。Gmailにおいても、迷惑メールが多数転送されてきた場合、一定期間、そのサイトからのメール受信を拒否する。よって、多数の迷惑メールに悩まされている場合、そこからGmailに転送すると、時々Gmail側に迷惑メール送信元として受信拒否されてしまう。一定時間を経過すると再度受信するようになるのだが、受信拒否期間中に受けたメールは、転送できないために、迷惑メールでないものに関してもエラーが返ることになる。メーリングリストに登録している場合、そのメーリングリストのサーバがリトライしてもエラーが続く場合、再送を断念して届かないメールが生じたりする。(どれくらいの頻度で迷惑メール転送元と判断されるのかは、Gmail側の内部事情なので残念ながら知らない。)

よって、現状のように迷惑メールが増えた世の中では、転送する前に迷惑メールフィルタを通すと言うのが、転送に際して推奨されるオペレーションである。だが、元のアカウントで、それができない(あるいはその機能が満足に働かない)のでGmailのフィルタを使いたいと言う場合、元のアカウントからGmailへの転送を設定しない方が良い。allaboutの記述にあるように、Gmail側からpopアクセスして他のアカウントのメールを取りに行くのが良いと言うことになる。

|

« Boz & Toto | トップページ | 牟田刑事官事件ファイル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/40639900

この記事へのトラックバック一覧です: Gmailへの安易な転送は問題:

« Boz & Toto | トップページ | 牟田刑事官事件ファイル »