最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 日本のロックも”やっぱ凄い1970~” | トップページ | Timebook Town サービス終了 »

フリューゲルホーン

ヤフー・オークションを見ていたら、『伊藤平』と言う会社がポケット・トランペットを出品していた。でも、どうも、この会社は家具の卸問屋らしい。で、他にフリューゲルホーンも扱っている。これは中国製だと言うことで、知っている人も多いだろう、秋葉原の『喜望峰』との関係やいかに、と興味が湧く。で、出かけるついでにおそるおそる覗いてみることにした。

店は小伝馬町の隣の大伝馬町というところにありました。おかげで、伝馬町には大小があるんだと初めて知った次第。店の中には女性が一人立っているだけで、それほど広くない店舗部には鞄やネクタイなども展示してあり、奧の棚の上にフリューゲルホーン、ピッコロ・トランペット、ポケット・トランペットが展示してある。フリューゲルホーンに関心がある旨を伝えると、奧から『トランペット暦36年』のご主人が登場。「試奏室ありませんから、ここで吹いていいですよ。ただし、電話中はダメ」とか言われる。問屋さんだけに、けっこう電話かかってきたりするんですね、これが(^_^;

ま、私はトランペット歴10ヶ月のへたくそだから、何なのだが、ご主人が吹くとこれがなかなか柔らかい丸みのある音色がいいんですよ。ベッソンの30万近くしたフリューゲルホーンも持っているけど、今はステージでも中国製のものを使用しているということで、ウソでない証拠にベッソンのフリューゲルホーン持っていることも見せてくれました。確かにそっちは放置されてる感じでピストンの動きも悪くなってました(^_^; っちゅ~ことはホントにステージでこの中国製のものを使用しているということですね。

ところが、中国の工場と連絡が付かなくなって、同じものが二度と手に入らないかもしれないのだそうです(^_^; この伊藤平では、さきほど触れた喜望峰と一緒に仕入れをしているそうです。で、一本一本、主人が吹いてチェックして、できが悪いのは送り返していると言うことで、趣味で扱っているので一度に仕入れる量は5本ずつ程度なのだそうです。100本も仕入れたらチェックしている時間が大変で本業に支障が出るそうです(^_^; 普通の楽器屋に行くと、有名な演奏家の『選定品』なるものが売られていたりするわけですが、そういう意味では、伊藤平主人の選定品と言えましょう。このお値段でこの音色ならお買い得であろうと思います・・・でもその場では買わずに帰ってきました。

その後、WOWOWのJAZZ LIVEでコルトレーンやってたのを見て、「そうだ、京都、行こう」の曲を吹きたくなって(My Favorite Thingsと言うんですよね、知ってますよ、ほんとは)、トランペットで吹いてみたんだけど、やっぱフリューゲルの方がいいよなあと思ってしまったわけです。で、結局、ヤフー・ショップから注文してしまった次第です。自分で吹いてみてもなかなか気持ちよい音が出るようになりましたが・・・自宅練習用にベストブラス Sound Tranceforner《New e-Brass》フリューゲルホルン用(トロンボーン/フリューゲルホルン共用らしい)がほしくなったりして、出費が出費を呼ぶことになりそうです。

まあ、ラッパの場合はモノを見てから買うのが普通ですから、大伝馬町まで出かけて(東横インの裏隣)、ご主人とお話するほうが良いと思いますが、この値段だと遠方の人は騙されたと思って買ってみてもそれほど痛くないかもしれません(^_^;

|

« 日本のロックも”やっぱ凄い1970~” | トップページ | Timebook Town サービス終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/40814087

この記事へのトラックバック一覧です: フリューゲルホーン:

« 日本のロックも”やっぱ凄い1970~” | トップページ | Timebook Town サービス終了 »