最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« フリューゲルホーン | トップページ | 「ちょっと吹きたいあのフレーズ」 »

Timebook Town サービス終了

【重要】Timebook Town サービス終了のお知らせ』なるメールが4/1の午前中に届きました。いや~、参ったね。さすがにエイプリル・フールではないらしい。物理的な本が増えるのも大変なので、お気に入りだったんだけど。

さらに、その後で、

「リブリエ」をご使用のお客様には、ご迷惑、ご不便をお掛け
いたしますことを深くお詫び申し上げます。
つきましては、これまでのご愛顧に感謝し、Timebook Townの
作品購入に使用できる「Timebookポイント」 3,000ポイントを
ご用意させていただきます。

と言うメールも来ましたよ。ちょっとうれしいかなあ。

思い返せば2004年の3月、LIBRIeの発表と同時に予約購入し、4月のTimebook Townオープン当時から利用し続けて4年間と言うことになる。その間にダウンロードしたのは271冊。年平均60冊くらい利用してきたらしい。月平均5冊である。他にも本や雑誌を購入しているので、これくらいが私の限界であろう。当初の頃は、クラブシステムと言う月額固定料金制があって、一冊210円で読めたので、かなりありがたかった。新書クラブは月630円で3冊まで利用できたが、新書3冊を読み切るのはなかなか気合いが必要であった(比較的まじめな内容が多いので)。が、採算が合わなかったのか、クラブシステムは廃止され、一冊ごとのダウンロード購入に対して5%のポイントが付くようになった。この頃から、対象を娯楽本に切り替え、推理小説やグイン・サーガなどを読むようになった。

LIBRIeは、e-inkの液晶技術を採用していて、バックライトがない反射型なので、明るい場所でないと読めないのだが、ノートPCの液晶を見るよりも目に優しく読みやすいので、けっこうお気に入りであった。もっとも、スタンバイ機能はあっても、休止状態にできなかったので、電源を入れてシステムが起動して本を選択して読み続けるには1分くらいかかるのは、ちと長すぎる。Linuxベースのシステムなのだが、電源管理がうまくできなかったのだろうか。また、モノクロ液晶なので、カラーの図版や写真のビューアーにできない。そういうわけで、カラー版LIBRIe後継機が出るのを待ち続けていたのだが、音沙汰無しであった。いや、実は二年くらい前にソニー関係の人に「LIBRIeの後継機でないんですか」と聞いたら、「え、出たら買うんですか?」と驚いて聞き返されたことがある私である。そんなものは出ないことはその時点で明らかではあった(^_^;)

Timebook Townからダウンロードした書籍は、LIBRIe for Windowsと言うWindows用のビューアーでも読めるのだが、このソフトの出来がひどくて使う気になれなかった。Windowsアプリケーションとは言え、読むときには全画面を使用するのである。本を読んだり、他の作業をしたり、頻繁に切り替えて使用することは全く想定されていない、本をろくに読まない人間が作ったとしか思えない。だが、写真集などのカラーの書籍も増えてきたのは、モノクロのLIBRIeでは無く、LIBRIe for Windowsをメインのターゲットとして想定してきたものと思われた。新機種も出ないLIBRIeを想定してはあまりにも小さすぎるマーケットであるのは明らかだから。が、そちら方面には関心があまりないので私の場合は写真集などはダウンロード対象外であった。

個人的には本が増殖するペースを多少なりとも押さえることができたのがありがたかった。どうせ持っていてもロクに読み返すこともないのだから、売ってしまえば良いのだが、めんどくさいので持ち続けてしまう。そういう意味では、60日のレンタルで十分満足できた。図書館と違って返しに行かなくていいのが楽だし。

こうして、サービスが終わってしまうことを鑑みると、電子ブックにはデータの標準化が必要だなあとあらためて感じる次第である。まあ、レンタル分はどうせ読めなくなるのだから良いのだが、『ロングタイム』という『会員期間中ずっとお読みいただける提供形態』で買った分は『サービス終了日をもって自動的に退会』と言うことなので、2009年02月28日を過ぎたら読めなくなっちゃうのかな。それはかなり困るなあ・・・と。物理的に持っている本を置き換える目的で購入したものがいくつかあるので(^_^;

2008-04-11 追記
よくある質問に書いてありました。

※機器登録を解除せず、データが正常な状態であれば、サービス終了後も継続して閲覧可能

と言うことで、LIBRIe for Windowsで読む分には、データのバックアップを取っておけば大丈夫そうですね。LIBRIeの方は壊れたらおしまいと・・・

|

« フリューゲルホーン | トップページ | 「ちょっと吹きたいあのフレーズ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/40728383

この記事へのトラックバック一覧です: Timebook Town サービス終了:

« フリューゲルホーン | トップページ | 「ちょっと吹きたいあのフレーズ」 »