最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« ボスコーンを支えるのは第三段階レンズマン | トップページ | 漢字検定2 »

日経おとなのOFF 2008年8月号

日経おとなのOFF 2008年8月号

極上の夏蕎麦
景色、雰囲気、料理、酒で選んだ50軒

時香忘(長野県木曽郡木曽町)
蕎麦の里びばいろ(北海道河西郡芽室町)
黒森庵(東京都杉並区永福町)
彩蕎庵ましこ(東京都世田谷区奥沢)
蕎麦たじま(東京都港区西麻布)
東京土山人(東京都目黒区青葉台)
手打蕎麦おざわ(東京都台東区西浅草)
手造りそば蕎介(東京都港区赤坂)
周(東京都千代田区内神田)
手打ち蕎麦夢想庵(東京都江東区北砂)
生粉打ち花乃蕎麦(東京都中央区日本橋堀留町)
玄そば東風(東京都世田谷区三軒茶屋)
手うち蕎麦風来蕎(横浜市青葉区)
惠土(神奈川県三浦郡葉山町)
蕎廬庵(静岡県御殿場市)
蕎麦や口福(愛知県岡崎市)
あたり屋(大阪市依田小川区)
石臼挽蕎麦かおく(奈良県天理市)
木田(大阪府豊中市)
蕎麦処多賀(静岡県熱海市上多賀)
食事処やまびこ(静岡県伊豆市修善寺)
Murata不生庵(大分県由布市)
二足の草鞋地水庵(岩手県西磐井郡平泉町)
手打蕎麦しのはら(東京都大田区大森)
そば遊歩(埼玉県深谷市)
蕎仙坊(静岡県裾野市)
麗嶺庵(長野県上伊那郡飯島町)
手打ち蕎麦かね井(京都市北区西陣)
蕎麦処風ごよみ(鳥取県西伯郡伯耆町)
戸無のそば屋(熊本県阿蘇郡南小国町)
巴町砂場(神谷町)
布恒更科(大森)
玉笑(恵比寿)
和邑(雑司ヶ谷)
虎ノ門砂場(東京都港区虎ノ門)
神田まつや(東京都千代田区神田須田町)
夢呆(東京都目黒区鷹番)
渡邊(東京都新宿区西新宿)
松翁(東京都千代田区猿楽町)
志な乃(東京都新宿区神楽坂)
ひろ作(東京都港区新橋)
蕎麦石心(栃木県那須塩原市)
高遠そばますや(長野県伊那市)
手打そば菊谷(東京都練馬区石神井)
江戸蕎麦ほそ川(東京都墨田区)
蕎麦屋にこら(京都市上京区西陣)
銀杏(東京都江東区西大島)
驀仙坊(東京都目黒区青葉台)
そば光琳(東京都杉並区浜田山)
そばきり萬屋町助六(岐阜県関市)

----
場所の表記が、横浜市、大阪市、京都市に関しては都道府県を付けていないのに、東京都は付けていると言う理由はよくわからないが、雑誌の表記のままにしておく。また、コーナーによって表記が異なるのもそのままにしておく。あと「店名(地名)」でなく店名表記しかなかったものは、都道府県から書いておいた。

東京以外の蕎麦屋をそこそこ取り上げている点はおもしろい。私が行ったことのある店は21軒。で、「??」だった店(この店入れるくらいなら他の店入れたい)は三軒くらいしか取り上げていないので、行ったことのない店もまあまあリーズナブルな内容なのであろうと思われる。新店と老舗の取り上げ方のバランスも悪くないように見える。

今年も「夏そば」で特集されているが、「夏そば」で取り上げる意味は雑誌側にとっては二つくらいに集約されるのだろうと思う。一つは、「夏の蕎麦はまずいと言う常識」を壊すと言う意味での新味。もう一つは、秋の新蕎麦の時期には他誌でも新蕎麦の特集をするだろうから、それに先んじて蕎麦特集をやると言う意味。ただ、昨今では夏メニューとして冷やがけなどの工夫をしている店も増えているのに、そのあたりのフォローが足りないのがちょっと残念かもしれない。

ソバリエ座談会は・・・一般人にはこの程度が手頃な内容なのだろうか。聴き起こしの記事は佐藤隆介vs宮下裕司の対談だけにして、もう少し中身のある取材記事にしてくれれば良かったのに、と思ったくらい、レベルが低すぎるように見える。が、対談はある意味プロからのアプローチ、座談会はある意味シロウトからのアプローチと言う編集企画のバランス感覚なのかもしれない。とは言っても、オフィス街の名店と言うテーマなのに、和邑とか夢呆はオフィス街とは言えないんじゃないのかなあ、と突っ込む余地はありそうだ・・・って、つまらないと言いつつ意外に読み込んでしまった私であった。

|

« ボスコーンを支えるのは第三段階レンズマン | トップページ | 漢字検定2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/41794547

この記事へのトラックバック一覧です: 日経おとなのOFF 2008年8月号:

« ボスコーンを支えるのは第三段階レンズマン | トップページ | 漢字検定2 »