最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月15日 - 2008年6月21日 »

おとなの週末 2008年7月号

おとなの週末 2008年7月号
下町の特集の蕎麦屋部分。めんくい鈴木の評価
★★★★★
神田まつや(神田)
並木藪蕎麦(浅草)
上野藪そば(上野)
川むら(日暮里)
★★★★
夢境庵(根津)
かんだやぶそば(神田)
江戸蕎麦手打処あさだ(浅草橋)
室町砂場(神田)
池の端藪蕎麦(上野)
★★★
江戸蕎麦ほそ川(両国)
茅場町長寿庵(茅場町)
日本ばし やぶ久(日本橋)
銀杏(大島)
神田錦町更科(神田)
手打蕎麦おざわ(浅草)
★★以下
蓮玉庵(上野)
公望荘(鶯谷)
藪伊豆総本店(日本橋)
京金(森下)
蕎亭大黒屋(浅草)
蕎上人(浅草)
利久庵(日本橋)
尾張屋(浅草)
長浦(向島)
砂場総本家(三ノ輪)
手打古式蕎麦(湯島)
浜町藪そば(浜町)
元禄二八そば玉屋(両国)
眠庵(神田)

単に味だけではなく、客あしらいや値段なども踏まえての評価のようである。もっとも、一度限りの覆面訪問にての評価なので、どこまで信用するかと言うのは別問題である。でも、上位に来ている店にはそんなに異論はないように見える。★二つ以下の中にもいい店あると思うんだけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gガイドの困ったちゃん

Panasonicのハードディスクレコーダーを使っている。このEPG録画のお馬鹿なところは、番組タイトルの最後にGGとかGG0とかGG1とか余計な情報を付けてしまうところである。タイトルの頭にも[二]とか余計なことをいろいろ付けてくれるのもいやなので、仕方なく、録画後にPCを使ってDIGA Manager経由でタイトル編集を行うことになる。しかし、考えてみれば、GGすなわちGガイドが送ってくるタイトル情報をそのまま入れているだけだろうから、Panasonicの責任とも言い切れないような気はする。

しかもGガイドの入力内容で本当に困った問題が別にある。どうも日本人が作業に携わっていないに違いない。と言うのも、番組タイトルのすべての「ー」(長音記号)が、「―」(ダッシュ)になっているのである。例えばこんな感じである。(基本的にBD-Rに移動する際にタイトル編集しているので、HDD内残っていた未編集タイトル)

囲碁の時間「NHK杯囲碁ト―ナメント」 - 1回戦・第7局  GG
[映][デ]ワ―ルド・トレ―ド・センタ― GG0
[映][デ]フラガ―ル GG
[デ]ケ―タイ刑事 銭形海 サ―ドシリ―ズ#7 GG
[SS]ミュ―ジックステ―ションス―パ―ライブ2007 GG

全ての長音記号がダッシュになっている。日本人としては、見ていると気持ちが落ち着かない。おかげで、番組タイトルに長音記号が含まれる場合は全て編集しなければ気が済まないということになってしまう。

これは日本人としては断固として抗議すべきであろうと思うのだが、Gガイドのサイトによると、

Gガイドに関するお問合せ

TV、録画機でのGガイドデータの受信に関するお問い合わせは、下記Gガイド事務局までお問い合わせください。

◆Gガイド事務局
TEL:03-5148-7834(平日:10:00~18:00 土日祝日/年末年始休)

※ TV、録画機の操作方法は、お持ちの受信機メーカコールセンターへお願いいたします。

と言うことなので、電話掛けるのもめんどくさいし、どうしたもんだろうか。電話口で長音記号がダッシュになってるなんて言っても、コールセンターのね~ちゃんに軽くあしらわれてしまうだけのような気もするし・・・この記述中では長音記号の使い方知っているのに、なんでEPGではダッシュなんだろうなあ・・・

他にも、細かいことを言えば、「祗園」と「祇園」の表記の揺れがあったこともある。どうでも良さそうに見えるかもしれないが、『京都祇園入り婿刑事事件簿』と言うシリーズものなので、BDに整理する時に表記の揺れが気持ち悪くて全て「祇園」に統一してタイトル編集してしまった。

こういうEPGのハンパな便利さってのは、逆にハンパな不便さを強調して感じてしまうような気がする。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京情緒食堂

東京情緒食堂
和食の名店完全ファイル選ばれし300軒

眠庵(神田)
三合菴(白金)
江戸蕎麦ほそ川(両国))
そばきり典座(千歳烏山)
石臼挽き手打 蕎楽亭(神楽坂)
手打ち蕎麦 成富(銀座)
玄そば 東風(三軒茶屋)
流石(銀座)
驀仙坊(中目黒)
蕎シ 浅野屋(糀谷)
多心(渋谷)
清山(渋谷)
蕎麦土山人(中目黒)
蕎麦たじま(西麻布)
大井 布恒更科(大森海岸)
おそばの甲賀(西麻布)

16軒載っているが、番号が振ってあるのは15軒、最後の甲賀はエッセー中に取り上げられているだけだが、そのほうが扱い大きい。蕎麦屋以外でもそのような店の取り上げ方があるので、実際には300軒以上載っているのだが、番号が付いてない店の位置づけが明記されていないので300店より上なのか下なのかよくわからない。まあ、あまり深く考える必要もないとは思うが。

和食の名店完全ファイルをうたっている割には、蕎麦屋に関しては老舗を避けて、比較的新しい店を多く取り上げているようである。似たような企画が多いので、似たような店の一覧にしたくなかったということだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月15日 - 2008年6月21日 »