最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2008年6月15日 - 2008年6月21日 | トップページ | 2008年6月29日 - 2008年7月5日 »

AVCRECのBD-Rを作成する方法

TMPGEnc MPEG Editor 3でBDAV形式のBD-R/BD-REは作成可能である。しかし、私が持っているBD DIGAの特徴は、AVCREC(MPEG4/AVC)での保存である。AVCREC形式でのBD-R/BD-RE作成がPC上でできればありがたいのだが、今のところ、そういうツールは無さそうである。で、こんなお馬鹿な手順を考えてみた。

1. ハイビジョンのMPEG-2データを用意する
この手法に関しては、
- D-VHSキャプチャ(コピーワンス前のテープのみ)
- PV3/PV4などでアナログキャプチャーしてTMPGEnc Express 4.0などにてエンコード
- FriioでTSキャプチャ
- BD経由、USBキャプチャなどでTS抜き
などがあるでしょう。

2. 上記MPEG-2データをTMPGEnc MPEG Editor 3を使用して、BDAV形式のBD-REに。
- BD-REを使うのは、単にメディア再利用目的のため

3. BD DIGAを使用して、BDAVのBD-REから読み出し、HDDにコピーする。
- BD-RE上のMPEG-2データはSPと認識されているが、実際のデータはDRモードと同等のはず
- 詳細ダビングモードを使用して、HG/HX/HEなどのお好みのモードに変換(実時間の再エンコーディング時間が必要)
4. BD DIGAのHDDからAVCRECのBD-Rを作成。この際には高速ダビング可能。

と言うのは試してみた。あと、上記3のところで、高速ダビングしておいて、DIGA HDD上での録画モード変換もできるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月15日 - 2008年6月21日 | トップページ | 2008年6月29日 - 2008年7月5日 »