最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 遠山金四郎 | トップページ | UNIX Magazine 4月号 »

3/24: よし木(分倍河原)

分倍河原のNECに午後一で用事があったので、ちょっと早めに出かけました。

NECに行くには分倍河原駅前からシャトルバスが出ています。が、駅から徒歩で、途中、「よし木」に寄りました。ここを訪れるのはたしか、三度目。これまでは味の素スタジアムの帰りだったので、お酒飲んで締めに蕎麦を食べて、一人2,500円くらいと内容と比較するとかなりお得感のあるお値段に感心させられたものです。

今日は所用を済ませていませんから、お昼から飲むわけにもいかず、おとなしく二色せいろ(二八と生粉打ち)をたのみました。850円也。12時過ぎていましたが他に客は無し。食べ終わる頃に一人入ってきました。駅からはそこそこ距離があるので、歩いて食べに来る人も少ないのでしょうか。

で、NECの方々の出勤時にはまだ店は開いていないし、残業して夜遅く帰る方々が前を通るときにも「よし木」が店じまいした後なので、NECの人は食べたことがない人が多いそうです。なんてもったいない・・・

さて、おそばの話に戻りましょう。ん~、写真は逆光強くてあまりきれいに見えませんね・・・生粉打ちは、挽きぐるみの粗挽き感のある、ちょっと色が濃いめの蕎麦で、長さはやや短め、太さは普通です。せいろの方は、生粉打ちよりは色は薄めで太さは私の好みで言えば細すぎの部類。とは言え、ここのせいろは比較的しっかりとした味わいもあり(確か外一なので蕎麦粉10:小麦粉1)、細すぎと思える太さでも堅めでのどごしも良く、全く嫌みがありません。細すぎるとイマイチ蕎麦らしさを感じられない店が多いのですが、ここの細過ぎは合格点なんです。そばつゆも多少酸味があるのですが、その酸味が嫌みとなっていないバランスが良い点も評価しています。そばの量も手打ち蕎麦屋としては多めの方で、茹で上がりで200gくらいはありそうです。

よし木

住所: 東京都府中市分梅町3-2-2 ファミールビレッジ101

電話: 042-362-6848

営業時間: 11:30~14:30 / 18:00~21:00

定休日: 火

今回はImageEasyと言うxfy Blog Editorの拡張機能を使ってみましたが、イマイチ使い勝手がよくないような気がします。

|

« 遠山金四郎 | トップページ | UNIX Magazine 4月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/44522796

この記事へのトラックバック一覧です: 3/24: よし木(分倍河原):

« 遠山金四郎 | トップページ | UNIX Magazine 4月号 »