最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« WinFast PxVC1100 | トップページ | JarisのUSBブート »

CF-Y2のHDD交換とSXCE

以前書いたように、Let's Note CF-Y2のHDDも壊れてしまって、こちらはけたたましいような異音が聞こえてくるので、HDDを交換しました。320GB HDDを二個買ってもたいした金額にならないとは、ほんとにいい時代になったものです。しかも秋葉原に行かずに、Webで注文すれば翌日には来てしまうという・・・

さて、今回参考にしたページでは、CF-R3のHDD交換の際に参考にしたページほど細かくネジ種を分類してなかったので、作業に際しては、ネジ穴の位置関係とトポロジー的に相関があるようにガムテープの上に並べながら、ネジを外しました。作業途中で気がついたのは、私のCF-Y2は古い機種らしく、モニター出力の両脇にネジ受けが付いていて、これをはずす必要があったと言う点が、参考にしたページに記述されていない唯一の違いでした。

と言うわけで、分解も組み立ても、特に問題はなく完了しました。やはり、先達に感謝。しかし・・・後で気がついたのは、PCカードのイジェクト用のレバーがケースの内側に入っていたので、PCカードが挿せなくなってしまったので、再度バラして組み立て直す羽目になりました。組み立ての際に気を抜きすぎたようです。

で、HDD交換後、こちらはいちおうWindowsをリカバーして・・・みたら、結局、何度もWindows Updateを繰り返し、Windows XPのSP2にしてから、さらにSP3にしたりするんですね・・・だいたい4時間くらいかかりました(^_^;

その後、Jarisを入れてみたら、すんなり入った・・・のはいいんですが、よく考えてみたら私はSXCE(Solaris Express Community Edition)を入れてみたいのでした。すっかり忘れていました。SXCEのDVDは・・・と言うわけで、手始めに近場にあったDVD-Rを探し出して入れてみたら、b101でした。一応動きそうでしたが、最新はb110、1と0の順番を見誤っていたことに気がつき・・・(^_^;

b110のDVD-R作って入れてみましたが、どうもb101の時にはまともに動いたグラフィックインストーラーがうまく動きません。CF-Y2は画面サイズが珍しいサイズなのでこういうことになるのかもしれませんが、バージョンが上がったらダメになるというのは不思議な気がします。仕方なくテキストインストールでインストールしたんですが、結局、グラフィカルログインできないので、デフォルトでインストールしただけでは、Xサーバがうまく動かないということみたいです。やはりこのシリーズ固有の画面サイズの影響でしょうか。とりあえず、疲れたので、ここでいったん、作業は終わりになってしまいました。

|

« WinFast PxVC1100 | トップページ | JarisのUSBブート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/44595763

この記事へのトラックバック一覧です: CF-Y2のHDD交換とSXCE:

« WinFast PxVC1100 | トップページ | JarisのUSBブート »