最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« USB DVI | トップページ | OpenSolarisの日本語環境 »

HistoryのPick

土曜日、久しぶりに新宿の島村楽器に行きました。この新宿PePeにある島村楽器は、総合的な楽器の販売をしているので、管楽器とギターの両方の小物を買う場合にはとても便利な店です。まあ、普通の人にはそういうニーズはあまり無いだろうとも思いますが・・・

4月になって、新入社員の研修も兼ねているのか、店頭には普段よりも店員が多く、店内をうろうろするとあちこちで「いらっしゃいませ~、こんにちわ~」と言われて、なんとなくコンビニに入ったような気分。始めのうちはちょっとおもしろいなと思っていたのだけど、あまりにあちこちで紋切り型で繰り返されてしまうので、ちょっとウルサイ感じも受けてしまいました。まあ、新入社員諸君、がんばってくれたまえ、なんてエラソーに鷹揚に考えるしかありませんね。

さて、この島村楽器、楽器の販売店としては全国一の規模だそうで、オリジナル・ブランドの楽器もたくさん販売しています。ギターに関しては、HistoryとCoolZと言うブランド。おおざっぱに言えばHistoryは高級品、CoolZは入門用低価格帯ですが、CoolZもC.F.S.(Circle Fretting System)を採用しているあたりがおもしろいところです。

そのHistoryと言うブランドでピックも販売しています。今回、初めて気がついたのは、このHistoryブランドのウルテムを使用したピックで、滑り止めが付いている、一個157円のものです。なぜか、まだ上記リンク先には記述がありませんが。試しに三角のThinとMedium、ティアドロップのHardを買ってみましたが、今まで使用したピックの中でもかなり良い感触です。上記リンク先に、材質が爪に近いと書いてあります。他のメーカーのThin, Medium, Hardと比べると、やや硬めの感触です。ざっと比べてみたところ、FernandesのMidium(0.80mm)とHistoryのThin、FernandesのHard(1.00mm)とHistoryのMediumが同じくらいの厚みみたい。というわけで、Thinでもそこそこしっかりした音がします。で、滑り止めのフィット感もよいので、メインのピックにしようかと思っています。

ちなみに、この新宿の島村楽器においてあるピックの種類はかなり豊富。他であまり見かけないようなピックも揃っていて、意外にマニアックなのではないかと思ってます。

|

« USB DVI | トップページ | OpenSolarisの日本語環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/44736438

この記事へのトラックバック一覧です: HistoryのPick:

« USB DVI | トップページ | OpenSolarisの日本語環境 »