最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« UNIX Magazine 4月号 | トップページ | Googleに依存しない生活は可能か »

新説桶狭間合戦


新説 桶狭間合戦―知られざる織田・今川 七〇年戦争の実相 (学研新書)

この本はなかなかおもしろい観点から桶狭間の戦いを分析しています。織田・今川の国境争いの歴史を綿密に調べ、それを踏まえて、桶狭間合戦とは何だったのか、今川義元の狙いと織田信長の戦略を再構築しています。。
昔は今川義元の上洛説が強かったわけですが、最近では隣国尾張との国境争いが有力となってきたようです。しかし、単純な陸戦での国境争いではないと言うのが著者独自の視点による主張です。伊勢の水軍と組んで、海路で熱田方面を攻める予定だったと言う、伊勢湾支配権確立が今川義元の狙いだったという解釈です。時期的にも海路を取るのに妥当な時期だとか、当時の潮汐に関しても調べています。いやあ、海上保安庁のサイトで潮汐推算ができるというのは知りませんでした。この潮汐推算、「有効期間:西暦元年~西暦2100年」だそうで・・・こういうデータも用いて歴史を考察すると言う手法的なおもしろさもありました。

対する織田軍、これも二手に分かれて今川軍を迎え撃ったと言う分析。信長軍は正面から迎え撃つ一方、別働隊が裏手から今川軍に奇襲を掛けたと各種資料から解釈しています。これもなかなか説得力があり、よく知られた講談本などのイメージと、実際の歴史が異なることがよくわかります。

|

« UNIX Magazine 4月号 | トップページ | Googleに依存しない生活は可能か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/44532253

この記事へのトラックバック一覧です: 新説桶狭間合戦:

« UNIX Magazine 4月号 | トップページ | Googleに依存しない生活は可能か »