最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« Finaleのライセンス認証・・・ | トップページ | 紅蓮次郎と紅蓮女 »

7/16, 7/23 そるとぴーなつ

7/16(土)
高澤綾クインテット
高澤 綾(trumpet) 福山光晴(trumpet) 中嶋錠二(piano) 山本裕之(bass) 大田智洋(drums)

実は全然聞いたことが無い人だったけどトランペットだから行ってみた次第。そるとぴーなつでトランペットのライブがあるときにはできるだけ行くようにしている私である。

しかも初めてのトランペット二人のフロント構成。けっこうウルサイだろうと期待して(どういう期待やねん)、一番前のテーブルに座らずに、ちょっと距離を置いてカウンターで。

音色的にはブライトな音が飛び交う派手な感じになっていたが、ある意味、両者の音色の方向性が近いからか、福山光晴はフリューゲルホルンに持ち替えたりして変化を付けていた模様。

第一ステージで、一曲だけ、宮澤雄一が飛び入りして吹いていたが、この人はまた音色の方向性が異なり、おもしろかった。で、見覚えがあったので後で確認したところ、やはり昨年、安ヵ川大樹クインテットのアンコールで、飛び入りで市原ひかりと並んでトランペットを吹いていた人であった。市原ひかりの後輩ということである。

前にも書いたように、8月に「西田明宏」・・・じゃなくて「西口明宏」と一緒に池袋Apple Jumpでやるのを見に行く予定。

7/23(土)
守谷美由貴 駒野逸美
今月三回目のそるとぴーなつですよ、毎週見に来てますよ、いくら地元とは言え・・・
でも、地元で駒野逸美、これはやはり見に行かねばならんでしょう、と。
守谷美由貴は二回目。6/25(土)にそるとぴーなつで見たのが最初。ベテランらしく、MCもうまい。

2ndステージで、譜面台の位置がやや左寄りになったせいか、トロンボーンのスライドがテーブルに当たりそうな気がしたので、テーブルを引いてしまいました。なんか、いつもテーブルが気になる位置に座ってしまっているような・・・何はともあれ、トロンボーン堪能しました。音色も音程も安定していて落ち着いて聞けます。Sexy Trombone Manとは大違い(そもそも、こういうのと比較するのは失礼というものですが・・・・)

Jazzトロンボーンと言えば、吉祥寺メグでやっている志賀聡美トロンボーン教室に興味があったのだけど、なかなか覗きに行く日程が合いません、10月には行けるといいなあ・・・

家に帰って、守谷美由貴『Cat's Cradle』をiTunesでダウンロード購入。この日、このアルバムからやったのは、How About a Little Stroll ?だったが、アルバムタイトル曲はなかなかおもしろい。前回のライブで11拍子と言っていたけど、4+4+3と言うか、2+2+1.5と言うか・・・

|

« Finaleのライセンス認証・・・ | トップページ | 紅蓮次郎と紅蓮女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/52302493

この記事へのトラックバック一覧です: 7/16, 7/23 そるとぴーなつ:

« Finaleのライセンス認証・・・ | トップページ | 紅蓮次郎と紅蓮女 »