最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 代々木上原から銀ブラ | トップページ | トランペット・マウスピース遍歴 »

サックスの教本まとめ

「サクソフォーン教本」

私が受けた島村楽器のレッスンで使っている入門用の教本です。
クラシック系の教本ですが、全くの初心者が指使いと譜面の読み方を同時進行で少しずつ学習していくと言う内容で、初めのうちはこの手の教本が手頃でしょう。
著者はクラシックサックスの世界では草分け、先駆者的な方みたいです。トランペットで言えば中山富士雄みたいな感じでしょうか・・・って、わかりやすい解説になっているのかどうか・・・

「STUDIO SAXO」
上記を卒業してこのフランスのエチュード本に進んでます。
クラシック向けで、曲ごとに運指などのテーマが設定されているのと伴奏CD付きというあたりが特徴。
島村楽器では入門用の次は決まっていないようで、先生によって何をやるか変わってくるようです。私の先生はフランス留学されているので、これを選択ということですかね、一度代講があったときには、その先生はこの本を知らないと言っていましたので、クラシックサックスの世界でもそれほど有名なものではないようです。
以前調べたときは、このイギリスのサイトでの通販くらいしかみつからなかったのだけど、
http://www.di-arezzo.co.uk/CD+sheet+music/classical+score/CD+sheet+music-for-saxophone/GBILL09506.html
最近検索したら、国内でも通販しているところをみつけましたが、いいお値段です。私ならイギリスから買ってしまう・・・
http://gakufu-ymm.com/item/detail.html?id=150264
曲毎に設定されている運指のテーマに関してはよく考えられているのでジャズ系のプレイヤーにも有用な練習になると思いますが、曲調がクラシックなので、ジャズ系のセッティングで吹くと音色がいまいちマッチしないような気がします。

「テナー・サックスで吹けたらカッコイイ曲あつめました。」

レッスンでエチュードだけだと飽きて脱落するといかんというわけで、並行して普通の曲もやるので、次の曲何にしようか、と言うタイミングでこれを持って行ったら、先生には、伴奏CDがなかなかいいと言われました。で、結局、先生も買ったそうです。タモリ倶楽部のテーマ曲を伴奏付きでやりたかった模様。先生の場合は耳コピでOKなので譜面は不要なのだけど、伴奏は自分ではできないということで、伴奏CDを重視したそうです (^_^;

アルト用も出てます。選曲が少し違います
「アルト・サックスで吹けたらカッコイイ曲あつめました。」

この伴奏CD付きシリーズ、いろいろ出ているので、基礎練習に飽きたときの気分転換に気に入った曲が入っているのをやるのはいいと思います。譜面の難易度は初級~中級程度のアレンジになっていると思います。

「一生使えるサックス基礎トレ本 サックス奏者のためのハノン」

書名の「一生使える」に心惹かれて買ってみたのですが、持ち運びを考えて小さめのサイズにしたのかもしれませんが、逆に譜面は小さくなって見づらいのが残念。
内容はロングトーン、タンギング、運指、スケール、アルペジオ、エチュードとまんべんなくカバーし、特にジャズ系の独習者に向く印象なのは、著者がバークリー出身と言うこともあって、当然か。CD付き。後半はジャズ理論がある程度わかっている方が理解しやすいでしょう。これ一冊をマジメに通せれば確かに十分な実力が身につく内容だと思います。

他に有名な教本としては、下記のようなものがあります。これらは、クラシックサックスの教本として作成されているものですが、基本練習なのでジャズプレイヤーにも共通して使用できるでしょう。

クローゼ「25の日課練習」(25 Daily Exercise)

ミュール「18の技術の練習課題または練習曲」(18 Exercises ou Etudes)
ミュール「日課練習課題」(Exercises Journaliers)

国内で販売されているクラシック系の輸入教本や輸入譜面はとても高く、昨今の円高を全く反映していない価格なので、急いで買う必要が無い場合には、Sheet Music Plusあたりで買う方がいいと思います。二、三週間かかってもいいなら、送料も安いので・・・
- クローゼ「25の日課練習」(25 Daily Exercise
- ミュール「18の技術の練習課題または練習曲」(18 Exercises ou Etudes
- ミュール「日課練習課題」(Exercises Journaliers

あと、ジャズ系では、Charlie Parker Omnibookは、必ずやるみたいですね。

ジャズ系でも輸入譜面を普通の楽器屋で買うとかなり高いですね。たとえば、このJohn Coltrane Solosはシンコーミュージック輸入の定価は3,700円で昔買いましたが、アマゾンでは半額以下のお値段です。

|

« 代々木上原から銀ブラ | トップページ | トランペット・マウスピース遍歴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/52379278

この記事へのトラックバック一覧です: サックスの教本まとめ:

« 代々木上原から銀ブラ | トップページ | トランペット・マウスピース遍歴 »