最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 東京佼成ウィンドオーケストラ | トップページ | Windows 7でWebアクセスが遅い理由 »

水芭蕉: 危険で楽しいデパ地下三昧

池袋東武と池袋西武の酒売り場は、最近はなかなか充実している。実は少し前までは、東武の方が圧倒的に充実していたのだが、さすがに西武もぼんやりとはしていない、リニューアルして張り合っている。で、週替わりで日本酒の試飲販売をしているのだが、西武は二つの蔵元を呼んでいるので、東武と合わせて一日で回ると、三つの蔵元の酒を試飲できる。東武はたまに小さな蔵元を集めた試飲をやるので、その場合は東武だけで6つとか8つとかの蔵が出てくる。そして、各蔵、数種類の試飲を用意しているわけで・・・・全部飲んでしまうと大変なことになる。ふらふらして、大量に酒を買い込んで帰ってくる羽目になる。まあ、それが狙いだろう・・・懐具合に関しては実に危険な話なのである。

おまけに、西武の地下ではnanacoが使える。そう、酒を買うと1%分のポイントが還元される・・・酒買うついでに余分にチャージしておけば後でセブンイレブンでも使えるし・・・とかいう罠もある。

池袋は通勤経路なので定期で行けるし、会社帰りでも夜9時までやってる。新宿エリアには最近は滅多に行かなくなったのは、新宿エリアは夜8時閉店で池袋より店じまいが早いと言うのも影響しているかもしれない。新宿のデパ地下では、伊勢丹と高島屋がはりあってる印象。実は小田急と京王は、どこで酒を売っているかも知らないので(もちろん、地下食品売り場のどこかであろう)、もっといいのかもしれないがよくわからない・・・

で、久しぶりに新宿に出たときに、高島屋の地下に寄ってみたのは4月だったか5月だったか、よく覚えていないが、理由は龍力神力を買うためである。

龍力は年に数回、池袋西武で試飲販売するので、その時に普通は買っている。以前は売れ残りが試飲販売期間の後も棚に残されていて、発掘して買う楽しみがあったのだが、最近は人気が浸透してきて、試飲販売期間にほとんど売れてしまう。

ちなみにイケセイ酒売り場リニューアル当初は日本酒の棚の並びが複雑で、探しにくかったので、ほんとに発掘する気分だったのである。最近は普通の並び(北から南に蔵元の都道府県順)になったので、わかりやすいが発掘する楽しみは無くなってしまった。個人的には暇つぶしにもなるので以前のどこにおいてあるのか一瞥して判断できない棚の並びの方が好きであるが、賛同してくれる人は少ないだろうとも思う。

他方、新宿高島屋の地下には、龍力は常時在庫されていて、新宿高島屋限定の吟醸酒、シリアル番号付き、なんてのも売っていたりするし、神力の在庫も豊富だと言うのは覚えていたので、イケセイにものが無いときは新宿まで買い出しに・・・(^_^;

そのとき、新宿高島屋でたまたま試飲販売していたのが、水芭蕉、これは尾瀬の酒で、名前がきれいなので記憶にあったが、昔飲んだイメージはあまりよくなかった。ぼんやりした記憶によると、いわゆる淡麗辛口系で、めいっぱい炭素濾過して吟醸香つけましたみたいなものに近いものだったような気がするのだが、なにせいいかげんな記憶なので名誉毀損とか言われそうな気もするが、さらにいいかげんな記憶をたどって当時を振り返ると・・・

以前、池袋東武の酒売り場に、「関矢健二の酒」と言うコーナーがあった。そこに書いてあった能書きによると、全国各地の地酒の蔵を巡ってすばらしい酒を紹介して売ってくれるえらい人みたいなことが書いてあった。そこに置いてあった酒を2本買って帰ったのだが、そのうちの一本が水芭蕉だったはずである。もう一本が何だったかは記憶に無いので、ネーミングがいかに大事かと言うことも思い知らされる。味はどちらも似たようなものだったので、「ふ~ん、関矢健二という人は淡麗辛口好きなんだ、私とは好みが違うなあ」と思って終わっていた次第。たぶん、池袋東武の「関矢健二の酒」は1980年代後半から1990年代前半の話だと思う。バブル~バブル崩壊期、日本酒淡麗辛口ブームの頃である。当時は池袋が通勤経路では無かったので、池袋東武にはその後もあまり行っていないので、いつごろこのコーナーが無くなったのかも知らず、今の池袋東武の品揃えには満足している私である。

と言うようなことを水芭蕉と言うラベルを見た瞬間に思い出してしまうあたりが、人間って不思議なもの。今にして思うと20年くらい前の話なので・・・で、試飲コーナーの高島屋のおばちゃんが試飲を勧めてくるが、「やめておこう、今日は龍力買いに来ただけだし・・・」と始めは思った次第。とは言え、あまりに執拗に試飲を勧めてくるので、つい、飲んでしまった(押しに弱い)ところ、意外なことに記憶にある味とは全然違うので、びっくり。これはうまいではないか、と。「水芭蕉って前からこんな味でしたっけ?」と、つい聞いてしまう愚かな私であった・・・高島屋のおばちゃんがいうには、数年前に蔵元が代替わりして作り方を変えたと・・・へ~、ほ~(出前蕎麦屋が代替わりして手打ち蕎麦屋になるようなものか)・・・と言うわけで、つい、龍力の神力に加えて、水芭蕉の純米酒も買ってしまいました・・・

で、何で今頃、水芭蕉を買った時の話を書いているかというと・・・そのとき買って帰った水芭蕉純米をようやく開けたから。もちろん、我が家の保存状態は良いし、自分が気に入って買った酒なので、旨くないわけがない。でも、普段は池袋のデパ地下で買っているから、始めのうち「これは東武か西武か、どっちで買った酒だったかなあ」と思いながら飲んでいた次第。年寄りだから、昔のことはよく覚えているのに、最近のことは覚えていないと言うことか・・・ようやく高島屋で買ったいきさつを思い出したので、忘れないように書き留めておくことに・・・私としては水芭蕉推奨です

|

« 東京佼成ウィンドオーケストラ | トップページ | Windows 7でWebアクセスが遅い理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/52387885

この記事へのトラックバック一覧です: 水芭蕉: 危険で楽しいデパ地下三昧:

« 東京佼成ウィンドオーケストラ | トップページ | Windows 7でWebアクセスが遅い理由 »