最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 水芭蕉: 危険で楽しいデパ地下三昧 | トップページ | The Sax 9月号 »

Windows 7でWebアクセスが遅い理由

5月にWindows 7にしてから、webアクセスが遅いなあと思っていたんですが、まあ、自宅なので急ぐ仕事があるわけでもなし、とのんびりと構えていたのですが、やはり、解決しておこうと思い始めて、検索してみたのですが、あまり有用な回答がみつからなくて・・・

マイクロソフトのサイトのこのQ&A「Windows 7 での Web 接続が非常に遅いです」なんか、2010年1月31日に質問されているのに、結局何にも解決してないようで、ガッカリ。

仕方が無いので、自分の頭を使って考えることに(最初からそうすればいいんでしょうけど、最近は検索すると答えがみつかることが多いから、安易な行動に出てしまっていかんですね)。

症状から考えると、Windows 7がDNSのアドレス解決に時間がかかっていると考えるのが妥当そう。同一環境からWindows XPもiPadも問題無くWebアクセスできているので。

と言うことは、Windows 7ったら、デフォルトでIPv6 enableですからねぇ、IPv6でDNSタイムアウトの後でIPv4でDNSを引きに行くので時間がかかっていると言うありがちなパターンを疑ってみるのが自然な発想かと。

ひとまず、IPv6を使わない設定にして、どうなるか試してみたら、快適になりましたよ・・・

たぶん、上のマイクロソフトのQ&Aで質問している人の現象も同じなんじゃないのかなあ・・・

こんなことでいいのか、IPv6・・・って言う気もしますが、実は、「IPv6からIPv4へのフォールバックに関する課題」として、IPv6普及・高度化推進協議会

「IPv6導入時に注意すべき課題」のパブリックコメント実施

の中に明記されているのですが・・・と言うか、私、このパブコメの作成に関与していたのですが・・・自分に関係あることだと思っていなかったのが情けないというか何というか・・・まあ、そのときはWindows 7使ってなかったし・・・(^_^;

|

« 水芭蕉: 危険で楽しいデパ地下三昧 | トップページ | The Sax 9月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/52407705

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7でWebアクセスが遅い理由:

« 水芭蕉: 危険で楽しいデパ地下三昧 | トップページ | The Sax 9月号 »