最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« Aurora/IEタブ | トップページ | 8/30: トランペットステーション »

YAMAHA 62シリーズとG3ネック

YAMAHAのYTS-62IIを使っています。ヤフオクで気の迷いで落札したまま、愛用しております(^_^;

ご存じのように、YAMAHAのサックスのラインは、先頭の数字がサックスのグレードを表していて、現行機種では、安い方から、275、475、62、82/875と言う型番です。

この62シリーズは、初代62から、62IIになって、今は62と言う名称に戻っています。初代62が出た頃は、ヤマハのラインでは一番上級機種だったのですが、その後8xxのラインができたので、今の位置づけは中級機種。お値段と音色のバランスから言えばお手頃な機種なんじゃないのかなあと思います。

で、62IIと今の62の違いをよく知らなかったのですが、調整に出す際に池袋ヤマハの方とお話していて、教えてもらいました(^_^;

今の62になったときに、ネック部分が変更になったと言うのは知っていたのですが、どう変更されたのかを知りませんでした。今の62からは、8xxシリーズで使っているG1/G3ネックなどを使えるように、オクターブキーの棒の長さが長くなっていると言うのが大きなポイントなんですね。つまり、62IIにG3ネックをさしても、オクターブキーの棒が届かないので、そのままではオクターブキーコントロールができないので、使えないと言うことです。

え~、G3ネック買ってみようかと思っていたのにどうしてくれる~・・・ちょっとショック。

実は、調整に出すときに、ネック曲がってますね~と言われたのが第一弾のショックで・・・でも、G3ネックにしようかと思っていたから、と言う話をしたら、そのままでは使えないと教えてもらって、第二弾ショックというわけです。

でも、たかが棒だろ~、割り箸でも付けて伸ばせばなんとかなるんじゃないのか~、とか言う気もしますが(笑)、475のネックの値段聞いたら11,000円くらいだったかなあ、安いので、ひとまずはそれで済ませてみることに (^_^;

とは言え、調整から戻ってきたら、ほんとに割り箸加工でもして銀座ヤマハにG3ネックの試奏に出かけてみようかな・・・と言う新たな野望も芽生えました。まあ、ネタとしてね・・・

ちなみに、この問題はアルト・テナー共通だそうですので、YAS-62IIでもそのままではG3ネック使えないそうです。ヤフオクでYAS-62入札するときには注意しようっと・・・

|

« Aurora/IEタブ | トップページ | 8/30: トランペットステーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/52603545

この記事へのトラックバック一覧です: YAMAHA 62シリーズとG3ネック:

« Aurora/IEタブ | トップページ | 8/30: トランペットステーション »