最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 音律と音階の科学 | トップページ | 9/4: 纐纈雅代(そるとぴーなつ) »

9/2: Pink Bongo with 矢野沙織(赤坂 B Flat)

この日は、そるぴーの吉野ミユキにも関心はあったのだけど、B Flatに予約入れていたので、赤坂へ。

Pink Bongo with 矢野沙織

いつもパイパーズで宮本大路の連載は読んでいるけど、Pink Bongo実際に見るのは初めて。一番前の右側のテーブル席、目の前に白バリトンが立っているぞ、わ~い。と言うわけで、右には矢野沙織、左には宮本大路という両サックスにはさまれた絶好のポジション、客の方が緊張してしまうぞ(^_^; ただ、前過ぎて写真とか撮るにはあまり向かない感じの場所だったのと、見る方に集中したかったので、写真は無しである(^_^;

そして、久しぶりにB Flatで客席が埋まっているのを見た私であった・・・(^_^;

パイパーズの連載にも書いてあったけど、メンバーと楽器を積んだ車が交通事故で、公演延期になったりしていたPink Bongo、開演前のステージを見る限りでは楽器もそれほど大事はなかったようで何より。もちろん、メンバーも元気にステージに現れる。

前半、オープニングから笑いも巻き起こるステージ、そして、Sally Young(矢野沙織)登場、待ってました、矢野沙織の歌を聴けるのはPink Bongならでは。前日のカフェクレールのライブでは当然ながらビバップしかやってないだろうし(そっちも行ってみたかったけど、こっちを選ぶあたり、かなりひねくれた矢野沙織ファンである私・・・)。と言うわけで、「本気かしら」♪

せっかくBeBopの女王を迎えたので、と、Confirmationとかやったりもしたけど、当然ながらメンバー全員熟達した腕前なのでそういう演奏も堪能できるのだけど、やはり、このメンツで漫談バンド的なことをやるところがPink Bongoの本領・・・という意味では、やはり卓越したテクニックの贅沢なる無駄遣いみたいなところがゴージャスって感じ。もちろん、客の方も心得たもので、テーブル席中央当たりからは、やじ飛びまくり(^_^;

一転して「祈り」みたいな美しい曲、「空蝉」という新曲もなかなかいい曲で、はたまた急転直下、詩人ゲタ夫とか、トライアングルでソロをやる大路とか、俺にも歌わせろとカポネ・・・このごった煮感が何とも言えない(^_^;

しかも、1セット後の休憩時間、加納樹麻が客席にアンケート配ったりして(この手のジャズライブハウスでアンケート書かされたの初めてかも)、客も自分たちも楽しめるステージを作り上げるために、まじめに取り組んでいるのが分かる。

いや~、実にええもん見せてもらいましたわ(なぜか関西弁風コメント)

会場では、ブラストライブの編集長を見たので、ブラストライブ次号にはこのライブレポートが載ることは間違いないだろう。

帰りに、MCで言っていたワンコイン500円のうちわを購入
Photo

サインしてもらいましたが、ゲタ夫に名前聞かれて、「ん、たかちゃんね、あみ~ご~」って・・・こんなことになってしまいましたわ (^_^;
Photo_2

・・・あれ、今、気が付いたけど、ソプラノサックスも用意されていたけど使わなかったような・・・どの曲でどれを使うかは気分次第なのかなあ。でも、宮本大路は白バリトンが一番カッコイイ。あ、またバリトンサックスに惹かれている私・・・

|

« 音律と音階の科学 | トップページ | 9/4: 纐纈雅代(そるとぴーなつ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/52643679

この記事へのトラックバック一覧です: 9/2: Pink Bongo with 矢野沙織(赤坂 B Flat):

« 音律と音階の科学 | トップページ | 9/4: 纐纈雅代(そるとぴーなつ) »