最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« チビデシベル | トップページ | 9/10: 復刻創世記 »

9/9: 二井田ひとみ(そるとぴーなつ)

サックスレッスンの後なので、2ndセットから。

<出演>
二井田ひとみ(trumpet)
朝里勝久(bass trombone) 兼松衆(piano) 木田浩卓(bass) 松田尚樹(drums)

前回のライブは全員若手でしたが、今回ゲストの朝里勝久は武蔵野音大の10年先輩だそうで、ソロを終えたあとはサポートに回って合いの手を入れたりして、若手の作り出すサウンドの味を、豊富な経験からうまく整える役割も果たしていたように見えました。まあ、トロンボーン奏者と言うのは、トランペット奏者よりは全体をよく見ている感じありますかね。ギター奏者よりもベース奏者の方が全体をよく見ているのと似ている感じ。

客の入りは前回のような大入り満員的なものではありませんでしたが、今回も若い客ばかりで、1stセットで帰った客も居たようなので、トータルでは30人くらい入ったんじゃないですかね。いつものそるぴー常連のおじさんたちの中で見に行ったのは私くらいのものでしょうか(笑) そるぴーでトランペットやってればできるだけ見に行くと言う変な客ですからね、私。で、今回の方が前回よりも演奏はずいぶん良くなっていたと思います、音色の変化や音の強弱なども。アンコールの時に入店してきた客もかなりいいと言ってました、彼もトランペット好きみたいでしたね。アンコールの時に入ってきたくせに、もっと聴きたいとわがままなことを言ってましたから(笑)

MCも、前回の反省を生かし、いろいろ下調べして準備していたようで、わりとスムーズに進行していました。

アンコールで、学生時代のビッグバンド仲間ですかね、トランペット、トロンボーン、テナーサックスが客席から加わり、五本ホーンと言う、私がそるぴーで見た中では、最大の豪華ホーン隊になったのがとてもおもしろかったですねぇ。

|

« チビデシベル | トップページ | 9/10: 復刻創世記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/52692322

この記事へのトラックバック一覧です: 9/9: 二井田ひとみ(そるとぴーなつ):

« チビデシベル | トップページ | 9/10: 復刻創世記 »