最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 10/10: 竹内正実テルミンレッスン | トップページ | そろそろネタ切れ・・・かな »

10/10: THE ASIAN SOUL BOPPERS(そるとぴーなつ)

<出演>
THE ASIAN SOUL BOPPERS
大江陽象(drums) KIMBAL BROWN(trumpet) 原川 誠司(alto sax) 村上 絵磨(piano) 松岡 俊輔(bass)

初めて見るバンドでしたが、例によって、そるとぴーなつでトランペットが入る構成の場合はとりあえず見に行ってみようと・・・(笑)

行ってみたら、この日は日曜にしては客の入りが良く、そるぴー常連おじさんたち(私よりかなり年上みたいなので、おじいさんたちが妥当かもしれない)、バンドのファンなど、既に10人以上入っていました。途中から来た人も数人。もちろん、月に15回も見に行くから安いところ中心に、の常連さんも来ていました(笑)

このメンバーで演奏するのはここだけだそうで、その理由は、村上絵磨が桜台(自転車で来たとか言ってました)、松岡俊輔が江古田に住んでいるからだそうです、メンバー地元調達主義?(^_^;

演奏の方は、フロント二管の音色がとても心地良くて、艶やかなアルトサックスと、柔らかく暖かみのあるトランペット、そして実にストレートな50年代風のサウンドを展開していて、とても盛り上がりました。トランペットのKimbalには客席から「きんちゃん」と声がかかってました(笑)、固定ファンらしいです。きんちゃん(笑)は、アメリカで日本人女性を好きになって日本までおっかけてきて、めでたく結婚して、今は英会話講師しながらトランペット吹いているそうです。息子さんの名前がキヨタカ君とか言ってたので、やっぱバランス的には「きんちゃん」か・・・ほんとにいいトランペッターですね。原川誠司もほんとにいい演奏していて、最近はあちこちで引っ張りだこだそうです。

ピアノもソロを短音フレーズでは無くコード展開で攻める切り口が斬新な感じを受けました。なんていうか、ジャズって、音の厚みという部分では、けっこう薄いじゃないですか(善し悪しの問題では無く、事実として)。ロックとかではキーボードが分厚く入るみたいなのがないから。その点、ひとひねりあったかな、と。今は桜台に住んでいるけど関西出身なので、関西でのライブもまだ多いそうです。

ドラム、そるぴー常連おじさんたちが「アートブレイキーみたいにたたけるやつは最近は少ないんだ」とすごく喜んでいました。このおじさんたちは、コンテンポラリーなジャズにはあまり興味が無くて、古いタイプのジャズをやるときだけきて、お年の割にはすごく盛り上がるという常連さんたちみたいで、古い年代の音作りにはうるさいようです。

今回もスケジュール聞きつけてしまいました。このバンドのそるとぴーなつでの次回の公演は2012年1月8日(日)だそうです。

|

« 10/10: 竹内正実テルミンレッスン | トップページ | そろそろネタ切れ・・・かな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2123/52963061

この記事へのトラックバック一覧です: 10/10: THE ASIAN SOUL BOPPERS(そるとぴーなつ):

« 10/10: 竹内正実テルミンレッスン | トップページ | そろそろネタ切れ・・・かな »