最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« iPadをiOS5にしたら・・・(^_^; | トップページ | 第34回日本フルートフェスティヴァルin東京 »

10/17: 金管五重奏(天窓.switch)

初めての場所、天窓.switch。恵比寿駅から、スカイウォーク(例のやたら長い、動く歩道を4本くらい通り抜けるやつ)を出て、左折してガーデンプレイスの先まで、けっこう歩かされます(^_^;

この店のスケジュールを見た感じでは、主に女性ボーカルものの、ポップス系のライブをやる店っぽいですね。10/21(金)には、

Rie Live 「Rie 歌うだけなのさ ~喜ド哀楽をアナタとSTART~」
Rie(from September)[Vo.]/大ちゃん[Ac.Gt]/ハルちゃん[Cajon,Perc.]/なすじん[Piano]/まじん_たかうち[Silent Bass]
という、なすじん君関係のライブもありますけどSOLD OUTですって・・・すごいですね。おかげで見に行けません。

さて、そういう女性ボーカルもののライブが多そうなこのお店で、この日に見に行ったのは、これです。このお店のライブとしては、ちょっと毛色が変わっているのではないでしょうか。

金管五重奏 LIVE!! vol.2 華麗なるブラスサウンド!~輝く金管五重奏の調べ
砂子澤勲(Tp)/吉田綾子(Tp)/大平眞理子(Hrn)/古明地慶子(Trb)/本橋隼人(Tuba)

トランペットの砂子澤勲、私の最初のトランペットの先生なので、この日の目的意識は「久しぶりに先生に会いに行く」です(^_^;

金管五重奏というとWikipediaには

この「金管五重奏」は、クラシック音楽に関連した書きかけ項目です。
と書いてあったりするわけです。私も「どクラシック」なものが多いかと思っていたのですが、この日の曲目では一曲目がバッハと言う以外は、「どクラシック」な曲は無く、どちらかというと金管五重奏でこんな曲もできるんだよ、と言うノリだったので、私にとっては「こっち側」の選曲でとても楽しめました。

ただ、問題は客側のノリのイメージで(笑)・・・やはり曲が終わってからでないと手をたたいてはいけない雰囲気が感じられて、砂子澤先生の「チュニジアの夜」における華麗なるソロプレイの直後で手をたたく勇気がありませんでしたが、かなりいいノリの演奏でした。たぶん、多くの観客の予想をいい意味で裏切るおもしろい内容だったと思います。5人のメンバー中4人がディズニーシーのブラスバンドのメンバーでもあると言う背景もあり、しっかりした技術に裏付けられたエンターテインメントを堪能できました。

1st
♪フーガの技法より 第1番
♪ホラ・スタッカート
♪紅の豚メドレー
♪浜辺の歌
♪スイングしなけりゃ意味がない
2nd
♪ブラス・マシーン
♪チュニジアの夜
♪マカレナの乙女
♪ファンキー・エレファント・パレード
♪マンテカ
アンコール
♪ロンドンデリーの歌
♪トリッチ・トラッチ・ポルカメンバー

ぜひともvol.3、4・・・と続けていただきたい企画です。また、クラシックファン以外の人にも幅広く金管の魅力を知ってもらういい企画だと思います。

で、こういうのもあるみたいですね、知らなかった・・・この日は見に行けないや・・・残念。

公演:シーサイドブラス ライブ
日時:2011年10月22日(土)①20:00~②21:30~
場所:コルトレーン(千葉市稲毛区稲毛東3丁目19-5 mfビル5階)
交通:JR総武線「稲毛駅」から徒歩3分
料金:¥2,000(2ステージで)
問合:STQホームページ
出演:奥村英樹(トランペット)
   砂子澤勲(トランペット)
   堀 実苗(ホルン)
   笠川由之(トロンボーン)
   仲辻征史(テューバ)
曲目:未定  
♪金管五重奏による楽しいライブです

|

« iPadをiOS5にしたら・・・(^_^; | トップページ | 第34回日本フルートフェスティヴァルin東京 »