最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 千石ランチ: すしの二葉 | トップページ | 10/29若林美佐トリオ(そるとぴーなつ) »

千石ランチ: 日緬居酒屋 俵

9月頃に新規開店して、日緬居酒屋と言う看板が出ているので、なんのことかと思ったら、ミャンマー料理でした。元は居酒屋だったのですが、店名はそのままでミャンマー料理の居酒屋になってしまったようです (^_^;

Photo_5


Photo_3

チェッターヒンのセット。600円です、千石ランチの中では、安い方ですね。

チェウーヒンという卵カレーのメニューもあるので、ミャンマー語を解読して、チェッが鶏、ターが肉?、ヒンがカレーみたいです。ウーが卵。と言うことで、お店の人に聞いてみたら当たっていました。ちょっとミャンマー通になった気分。

ライスは日本米を使っています。ライスに対してカレーの量は少なめです。そのかわり、ふりかけと称して佃煮みたいなものが付いてきます(^_^;
カレーの味はそんなに辛くはありません。この日のスープには、ニンニクが利いてシャンツァイとか使ったエスニック風味のものです。前回はニンニクはそんなに利いていなかったような気もします。

金属製のレンゲがチープで東南アジアっぽさを強調するポイントでしょうか。口当たりがイマイチ悪いんですよね、このレンゲ。

Photo_4

600円でデザートのヨーグルトも付きます。なかなかのお得感。

いちおう、1000円のランチ、ミャンマーではお祝い事の時に食べますってのもあるので、一度はチャレンジしてみたいと思っています。でも、日緬居酒屋ってくらいですから、夜飲みに行ってみるべきでしょうか。

|

« 千石ランチ: すしの二葉 | トップページ | 10/29若林美佐トリオ(そるとぴーなつ) »