最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 千石ランチ: Ce Qualcuno | トップページ | 横浜ランチ: 夢吟坊みなとみらい店 »

11/3: トランペットの発表会

普段は見に行く方のことばかり書いているのですが、一応、自分で演奏する方もライブのカテゴリーでいいのかなとか思ったりして・・・

第16回WIND AUTUMN CONCERT 2011
トランペット・トロンボーン発表会

2011年11月3日(木・祝)
第一部 開場/10:30 開演/10:45
会場/行徳文化ホールI&I
主催/島村楽器株式会社

初めての発表会なので緊張するかと思ったりしたものの、実は前の週から仕事が忙しくて全然練習する時間がなくて、そのまま発表会に臨むのみならず、仕事が終わっていなかったので、自分が吹く番が終わったらすぐ帰る(第一部終わったところで出演者全体写真撮影とかあるんですけどね)と言う始末で・・・吹き逃げって言うのかな(^_^;

どちらかというと仕事のことしか考えていられなかったのと、クラシックの現代曲なので曲を知っている聴衆が居ないだろうから、間違ってもそういう曲だと思うに違いないと勝手に信じていたのが幸いしてか、特に目立った音外しもなく、自分としては無難にクリアできた感じ。伴奏のピアノの先生にも音合わせの時よりずっとよかったと言ってもらえましたが、その音合わせ(10日くらい前)の後、ろくに練習できてないんです(^_^;

とは言え、実は秘密兵器もあって(笑)、オーダーしていたMKクルークが土曜日に到着して、吹いてみたら実にスムーズに吹けるようになってました(軽くHi B♭まで鳴る)。そういうわけで、普通は本番前に楽器変更なんかするものではないとは思いますし、音域的にはあまり関係無いんですが、吹きやすさは安心感につながるので、MKクルーク装着して本番に臨みました。あと、注意したのは、本番前に音出ししすぎないことで、Koppraschの4番を軽く通したあと、全然関係無いI Remember Cliffordなんか吹いてみたりしたけど、演奏する曲は全く吹かずに終わりにしました。

そう言えば、演奏中に困ったことが一つありました。初めてのホール演奏だったので、自分の音の響き具合がよくわからないんですよね。どの程度の音で客席に届いているのか皆目見当が付かないので、妥当な力の入れ具合が全く分からずじまい。そこが一番心残りというところです。

|

« 千石ランチ: Ce Qualcuno | トップページ | 横浜ランチ: 夢吟坊みなとみらい店 »