最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 横浜ランチ: 夢吟坊みなとみらい店 | トップページ | 千石ランチ: 東京やきとり亭六義園店 »

11/5: 2011楽器フェア

2年に一度の2011楽器フェアに行ってきました。

Photo_12

楽器フェアでは、やはり、これに合わせて発表される新製品が見所でしょうが、ヤマハのようなちゃんとした楽器の新製品とかは、ここでなくても店舗で普通に見ることできるからどうでもいいやと思ったりもするので、こういうときでないと見ることができないとか気が付くことができない楽器に心惹かれるんですよね (^_^;

と言うわけで、今回のお目当ての一つが、これですよ~、もしかしたらあるんじゃないかとギターメインのイシバシ楽器のブースを覗いてみたところ・・・

Vibrato1
Vibrato2

イシバシ楽器のブースの端っこに、ちょこっと置いてありました。
Vibrato A1Vibrato A1Sがありますが、A1Sの方を吹いてみました。だって、こっちのほうがパッドが赤くてかっこいいような気がするから・・・

まず、持ってみた感触は、とにかく軽くて肩凝らなくて良い、と・・・ (^_^;
普通のサックスらしい音がします。
キーを押した際の感覚はちょっと違う感じもあります。パッドが軽いので、軽く押せるということと、押したときにちょっと埋まるような感じがあるところですが(普通のサックスのパッドよりも柔らかめということでしょう)、さほど気になることはありませんね。
タイの工場で作られているので、入荷予定が全く立たないそうです。でも、工場は水害に遭っていないそうで、生産はできるらしいのですが、作ったものを出荷できないとかいう話でした。
楽天では予約できなくなっているようですが、いつ届くかわからなくてよければ渋谷WEST店で予約受け付けるそうです(^_^;

次の新製品は・・・これです、Viorafon
イシバシ楽器のブースの隣のブース。

Violafon1

端的に言えば、ビオラとエレキギターの合体と言う、ある意味安直な発想ですが、おもしろい楽器です。

チューニングはギターと同じ6弦で、ネックにはフレットが打ってありますが、ヴィオラのように弦の高さは弓で弾きやすいように段差がついていて、ギターと違って、ほぼ水平に構えて、弓を垂直に動かす感じです。弾いてみた感じでは、低音弦の響きがとても心地良いということと、高い弦は弾きづらい感じがあるということでしょうか。チューニングがギターと同じなので、ギタリストが弾くには入りやすい楽器だと思います。

Violafon2

ステージでのデモ演奏もしていました。ちょっと不可思議な空間系サウンドをやるのに向いている感じ。
158,000円だそうです。楽器の音色とか製造コストとか考えると、妥当なお値段(高いとは思えない価格)だと思います。

そして、これがお目当てのガレージエスのブースです。アドルフ・サックス社の製造したサックス。ベルギーや武蔵野音大の楽器博物館では見たことがあったのですが、現物を試奏できるチャンスなんて滅多に無いので、今回の一番の目的でした。

Photo_13

写真右側の銀色のテナーを吹かせてもらいました。80~100年前の楽器らしく(正確な年代特定ができていないそうです)、ネックは新しく作られているということもあって、想像以上に吹きやすかったです。右手のサイドのキーが無かったりして、今のサックスとは違うと言う感じもありますが、基本的な部分は大きく変わっていない感じを受けました。
アルトの方は、かなり抵抗感が強いらしく、普通の人にはなかなか吹けないと言う話でした。アルトのマウスピース持っていなかったので試奏できませんでした(^_^;

AKAIブースでは恒例(?)の宮崎隆睦によるデモ演奏、黒山の人だかりです(^_^;
EWIと言えば宮崎隆睦ですからね~、私も「EWI MASTER BOOK CD付 教則完全ガイド」持ってます(^_^;

Photo_14

他にもコルグブースの一環なんですが、PRSギター(コルグが輸入元だというのは知りませんでしたが(^_^;のブースがハーバーラウンジにあって、そこでは徳武弘文・徳武孝音の親子がステージに居ましたが、本番前のリハだったみたい。徳武弘文は、やはりベンチャーズコピーの名手という印象強いんですが(実際にベンチャーズのライブで二回見てるんですけど)、ここではアコースティックでカントリー系をやる予定だったのかな、時間が無いので見ていません。

日本エレクトロハーモニクスのブースはいくつかに分かれていて、MinistarShred Neckの展示が一番おもしろかったところです(^_^; Shred Neck、何か暇つぶしに持ち歩くには便利という感じが(^_^;

モリダイラ楽器で一番変わったものは、Eigenharpでしょうか。隣に展示してあるMini MoogやEtherwaveテルミンなんかが地味にみえるくらい怪しげなデバイスで、キーもソフト的に分割制御したりできるのですが、Macが無ければ単なるスイッチ群です(^_^; ブレスコントローラーも付いているのが心惹かれるところかもしれません。

Photo_15

アウトレットモールで、C.C.シャイニーケースのテナーサックス用、9,000円だったので、ちょい傷だったけど買いました。これは予定外の出費です。
今使っているソフトケースがやっぱりイマイチかなと思っていたところだったので、ちと迷ったあげく、一巡してきても売れ残っていたら買おうと思ったら、売れ残っていたので・・・(^_^;

|

« 横浜ランチ: 夢吟坊みなとみらい店 | トップページ | 千石ランチ: 東京やきとり亭六義園店 »