最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »

Jens Lidemann YAMAHA

How to Play Trumpet the James Morrison Wayのところで、ちょっと触れた、「Jens Lindemannが紹介するヤマハのトランペット製造工程のビデオ」ですが、YouTubeにありました、メモメモ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊現代にはガッカリだ(笑)

車内吊り広告見ていたら、なんとなく気になることが書いてあったので、つい買ってしまった「週刊現代9月3日号」

その気になることとは・・・

東北に名店あり~みちのく めん紀行

う~む、蕎麦屋のことが載っているかも、と思って買ってしまうあたり、私の不徳の致すところでございます。

まあ、確かに載っていましたよ、一番最初に、わんこそば「東家本店」。でも、写真は店構えだけで、わんこそばの写真は右下にちっちゃく・・・・続く、冷麺、じゃじゃ麺などは料理の写真がメインなのに・・・なんか蕎麦の扱いがおざなりな感じ。

まあ、しかたありませんね、Dancyuとかおとなの週末じゃなくて、週刊現代なんですから。買ってしまった私の方に問題が・・・

ついでに、目次を見ていると、もう一つ、わたしの関心を引く記事がありました。

門外不出!「得する裏技」教えます
デパ地下の「秘密」

池袋のデパ地下を愛する私としましては、こんな気になるタイトルはありません。

しかし、「得する裏技」にはほんとにガッカリ。閉店後に入ると6割引で弁当が買えるとか言うくだらん話です。会社帰りやレッスン帰りにデパ地下に行くとそのタイミングになってしまうことがよくあるので、私としては常識です、何をいまさら・・・どちらかというと、そこで日持ちを考えたりして、安くても買わない行動を取る方が消費者としては適切だったりしますよね。

さらに追い打ちを掛ける、締めの言葉が「夕食の用意が面倒な夜、デパ地下に足を向けてみる価値はある。」こんなことを書いて平気なのは、あまりデパ地下に行ったことが無い独身の男性記者でしょうね。デパートの閉店時間というのは、新宿エリアは午後8時、池袋エリアは午後9時です。この時間に夕食用のお総菜を買って家に帰ってそれから夕食を食べる家庭なんてありえない話でしょう・・・

とは言え、埋め草の記事に文句付けてる方が大人げないか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/8/22: 大沢食堂: カレーチャーハン

飲みながら、激辛カレーの話をしていたら、極辛にチャレンジできそうな友人が目の前に居たので、彼に極辛チャレンジさせて、他の人は脇で見ている激辛探検隊を組織することにしたところ、参加希望者が多く、店のキャパを考えて、ちょっと心配になったので、事前に相談しておこうと思って、大沢食堂へ出かけて来ました。

今回は事前に情報を得ていたので、カウンター席に座り、カレーチャーハンと一口極辛を注文しました。そもそも、事前情報得すぎて、極辛お願いしますと言う勇気が出ません(^_^;

と言うわけで、カレーチャーハン、スープ付きと一口極辛。
R0013044

一口極辛のみのアップ。
R0013045

さて、一口極辛は評判通り、簡単にクリアできました。カレーチャーハンは中辛のみですが、この辛さがほどよいバランス感覚で、味わいながら食べられるので、激辛派まではいかないが普通に辛いものも食べてみたいと言う方には十分オススメできる一品ですね。

私が行った時間帯は夕方早かったので、先客一人でしたが、しばらくして5人連れの客がやってきました。この人たちは極辛チャレンジ組・・・と言っても、男三人は軟弱もので中辛とか頼んでましたが、女性二人の内の一人が極辛にチャレンジしていました、激辛業界でも女性が強いのか・・・(^_^;

その後入ってきた常連さんたちは普通に肉豆腐定食をオーダーしてたりしてます。

さて、食べ終わって、帰り際に、大沢さんとお話しましたが、やはり席が15席しかないので7,8人一気に来られるとそれなりに迷惑っぽい感じでした。11時開店なので、開店直後を狙って行くことにして、現地集合、着いた人からさっさと食べて出る、と言う感じでさくさくと進めてこようかと思っています。

で・・・極辛チャレンジ、私もやろうか、ちと迷っています、と言うのも、元チャンプは、おかみさんと違って、「大丈夫だよ、みんな食べてるよ」と言ってくれましたので、そう言われると礼儀としてはチャレンジせざるをえないような・・・自信は全然無いけどなあ・・・(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pBone

ポケットトランペットを買いに行ったついでに、ジョイブラスで展示してあったプラスチック製のトロンボーンpBoneを吹いてみました。色は青でした、あ、写真撮ってくるの忘れたけど・・・こんな感じです。

なんと、マウスピースも同色のものが付属しています。スライドの内側だけ金属を使用しているそうですが、全体の重量は750g、トランペット(普通、1kg弱)よりも軽い。

このトロンボーン、Jiggs Whighamと言う有名なトロンボーン奏者の名前が付いて、Jiggs pBoneとしてアメリカでは販売されています。なんと、Conn-Selmerが販売しているので、日本ではノナカが総発売元です。

Jiggs WhighamとMichael Deaseが演奏している動画がYouTubeにありますが、なかなか、ちゃんとトロンボーンしてます。

ここでJiggsが吹いているのは黄色ですが、イギリスでは赤が人気が高いそうです。"red - back by popular demand!"と書いてあります。青もけっこうインパクトありますが、黄色の方が明るく人目を引きそうな気もします。でも照明の具合によっては金ラッカーみたいに見えるとつまらないので、やはり赤がいいでしょうか?それとも、トロンボーンらしく、心を和ませる色として緑か・・・お値段も手頃なので、一本買ってみたいところです。希望小売価格17,325円だそうですが、実売13,000円台のようなので、大人買いで四色揃える人も出てくるかもしれませんね。

昔、プラスチック製のサックスがあって、チャーリー・パーカーがそれで録音した音源も残っているそうですが、さすがにプラスチック製のトランペットはピストン部分が難しいでしょうか。

8/28追記: 赤を予約してしまいました(^_^;

9/22追記: pBoneの売れ行き
10/4追記: pBone出荷~~~
10/6追記: pBone到着
10/10追記: 10/8: 駒野逸美(そるとぴーなつ)・・・pBoneにサインをもらう(^_^;

10/6追記: パイパーズを読んで、p.s. プラスチックのフルートがあるのを知りましたが、これは冗談で買ってみるには気合いが要るお値段でした・・・買うとしたらライトオレンジですね・・・(^_^;

10/10追記: プラスチックのサックスというか、カーボン製のサックス、発売されるんですね・・・「うわさのポリカボ・サックスを触ってきた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポケットトランペットを買いました

シアズ改めジョイブラスのwebサイトを見ていたら、Carol Brassのポケットトランペット、ラージベル仕様のブラックニッケル仕上げがあるそうなので、買う気まんまんで見に行って、買ってきてしまいました。
Carolbrassr0013042

以前、Maxtoneのポケットトランペットを持っていたことは書きましたが、品質的にはイマイチなものだったので、Bach買った後に吹きたくなることもなかったので、手放すことにして、ヤフオク経由で有効活用していただくことになりました。

ここ一年くらい、またポケットトランペットが欲しくなって、でも、MaxtoneやKaerntnerは買う気がしないし、Taylor Pocket Rocketは憧れですが、そこまでお金かける気もしないということで・・・Carol Brassは台湾の新興ブランドですが、評判もいいし、価格的にもお手頃ということで、以前から関心はあったのですが、ブラックニッケル仕上げというルックス、これが決定打に(^_^;

ポケットトランペットとしてはいい音色ですし、普通のトランペットと吹奏感も大きく違わないのは良いところです。あとは、カラーコーディネーションとして、KellyのJet Blackのマウスピースが欲しくなっています(笑)

そう言えば、何でJoyBrassに名前変えたのか聞いてみました。店に来る人、みんな聞いてるみたいですが(笑)。そもそも、トロンボーンのShiresのブランドを国内に普及させるために、そういう名前の店にしたのだそうです。お店は、お隣の眞田貿易の直営店ですから、眞田貿易が扱う他の輸入ブランドのものも扱っています。だんだんと店が有名になったので、海外の方がShiresの検索をすると、シアズのwebサイトがひっかかって、「Shiresではミュートも作っているのか」とかいろんな勘違い問い合わせがShiresの方に直接舞い込んだりし始めたので・・・と言う説明でした。でも、シアズ楽器として有名になっているわけですから、こちらもなかなか新しい店名になじみません、ついつい「元シアズのなんだっけ」とか言ってしまうんですけど、と店員さんに正直に言ってしまいました(笑)。ちなみに、店舗一階においてある看板はいまだにシアズ楽器のままでしたけど・・・あれは、まあ、海外の方が検索してもひっかからないからいいのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなギターは嫌だ: ダブルネックギター

やはり、Jimmy Pageの写真を見て、ロックギタリストならこれだぜ・・・と思ってしまうのが、ダブルネックギターですよね。

12弦と6弦のダブルネックが基本ですが、6弦同士のダブルネックもあります。6弦同士の場合には、一本をオープンチューニング、もう一本をノーマルチューニングにすることが多いようです。あと、ロングスケールとショートスケールのダブルネックにすれば、ローフレットポジションはショートスケール、ハイフレットポジションはロングスケールを弾くと、指が短くて太い人にも弾きやすいかなあと思いますが、わざわざそんな目的でダブルネック使いたがる人がどれだけいるか分かりません。

ダブルネックの難点は、とにかく重いことでしょう。YesのSteve Howeや、RushのAlex Lifesonなどは、演奏できる姿勢でギターを固定したスタンドを使っています。一般名詞として何というのか知りませんが、商品としてはGracie Guitar StandとかMbrace Guitar Standなどがあります。こういうスタンドを使えば、わざわざ重いダブルネックを持つ必要もない・・・ということは、日本人と比べて体力がありそうな欧米人ギタリストでも、ダブルネックは重くていやだと思う人がいるということですよね。あと、この手のスタンドを使えば、アコースティックとエレクトリックなど、ギターの組み合わせの自由度も増すと言う利点もあるかもしれません。

とは言え、世の中には体力自慢のギタリストやベーシストもいるということかもしれませんが、YesのChris Squireのトリプルネックベース(笑)とか、Cheap TrickのRick Nielsenの5本ネックギターとかもあります。Chris Squireは体がでかいので、普通のベースがギター程度の大きさにしか見えないので、トリプルネックのベースを持っていても意外に見た目の異常さが感じられなかったりします。Rick Nielsenの5本ネックは、腕の長さが届く限界を考えて設計したもののようで、曲の中で効果的に使い分けているようには見えませんでしたが、武道館で実際に見た時にはバカウケしてしまいました (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなギターは嫌だ: Gibson Les Paul

ロックを聴き始めた当初、あこがれのギターと言えばGibson Les Paul。やはり、Jimmy Pageのようにストラップ長くして持ってみたい一本なのですが・・・

しかし、実際に使ってみると、けっこう重いと言うのが、体力の無い人間には一番つらいところです(笑)

あと、シングルカッタウェイの切り口がボディ裏側までスパッとカットされているので、手の小さい人間にとっては、角が当たってけっこう勝手が悪かったりします。このあたりは、Aria Pro 2のレスポール型のモデルなどは、裏側は丸く削ってあって、さすが日本で作られた日本人向けのギターだなあと。

それから、フレット間隔。昔はストラトがロングスケール、レスポールがショートスケールと言っていたような記憶があるが、最近はもっと短いものをショートスケールと呼んで、レスポールはミディアムスケールと言うことが多いみたいですね。手が小さい人間としては、ロングスケールはヘッド側に近いネックでのストレッチフォームが難しいので、ショートスケールの方が弾きやすいと言うことはあるのですが・・・単に手が小さいだけで無く指も太いので、ショートスケールの場合はボディ側のハイフレットポジションでフレット間隔が短すぎて押さえにくい感じもあります。このあたり、やはり長くて細い指の人がうらやましいと思うところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/14: そるとぴーなつ

さて、夕刻は、そるとぴーなつに。今日はOut Of Times・・・って、江古田的にはadd9のマスターがやってるバンド。普通は、ストーンズコピーバンドとして有名なBeggarsのギターの人がやってるバンドという方がわかりやすいでしょう。ロックオヤジの私としては、背伸びして聞きに行っているジャズのライブよりは、等身大で聞けるライブかも、と思って行ってみた。

で、実は、メンバー全員が江古田在住だそうで・・・新加入の女性ドラマーも、おっさんたち相手にしっかりがんばっておりました。ほとんどおっさんたちという聴衆の中に、一人だけ若い女の子が居て不思議だったのですが、そのドラマーの子のお友達だったようです。

一番、うけたのは、ミックジャガー役の人が入った、悪魔を哀れむ歌とか・・・やはり、ストーンズナンバーはフロントが入ると映えるなあと思いました。ほんとに顔も振り付けもミックジャガーそっくりで感心しました。ちなみに「彼はしらふでやってます」と解説が入ってましたが・・・(^_^;

2セットの合間の休憩時間に、add9のマスターは「米研ぎに行かなきゃ・・・」とお店へ。なんと、このライブが終わった後、店を開くという・・・とても働き者のマスターです(^_^;

普段はジャズをやっている店で、年に三回だけ、このブルースバンドの公演があって、ストーンズファンの方々で埋まるようで、この土日に続けてそるとぴーなつに行った普通の客は私だけだったようです(^_^;

Out of Timesのmixiコミュニティあります。現時点でメンバー16人です(^_^;
add9のmixiコミュニティもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »