最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年9月11日 - 2011年9月17日 | トップページ | 2011年9月25日 - 2011年10月1日 »

女○○

女○○・・・と言うタイトルが妥当なのかどうかよくわからないけど、他に思いつかなかったので・・・

昔の二時間ドラマには「女○○」が多いような気がする。「○○」には職業が入る。特に高学歴を要し、昔は女性がその職に就くことが珍しいと思われていた職業である。BSデジタルで大量に再放送されるようになったので気が付いた。ついでに言えば、BSデジタルで二時間ドラマの再放送が増えたのは、総務省から通販番組の割合を減らすように指導が入った後の現象なので、制作コストを掛けずに放送プログラムを埋めるためには二時間ドラマの再放送が手頃だったと言うことなのでは無いかと思われる。

月曜ミステリー劇場
- 女検事霞夕子
鷲尾いさ子の主演作が多いが、その後半では女が取れて「検事霞夕子」になった記憶がある。たぶん、1990年代後半だろうと思われる。

火曜サスペンス劇場
- 女監察医室生亜季子
Wikipediaによると

「女監察医・室生亜季子(放送作品回数)・(タイトル)」となっていたが、第25作目からは“女”が取れて、「監察医・室生亜季子(放送作品回数)・(タイトル)」とのタイトルになった。
と言うことで、25作目は1999年放映。

土曜ワイド劇場
- 女弁護士朝吹里矢子
やはり女性が弁護士というのは珍しいと言うことで、「女弁護士」と付けていたのに、女が取れたのは2000年の放映。霞夕子も朝吹里矢子も夏樹静子原作である。
- 女事件記者・冴子の危険な殺人取材
これも2001/03/31放映までは「おんな事件記者」、2001/11/24放映から「事件記者」となっている。
- 鉄道おんな捜査官
2002/10/05放映まで。2003/09/27放映から「おんな」が取れた。

「看護婦→看護師」が正式名称になったのが2002年と言うように、世紀の変わり目あたりが一つのターニングポイントのようである。その社会背景について考察できる能力は無いので、単なる事実の指摘にとどめておくことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーブドソプラノサックスについて

カーブドソプラノを欲しいと思っている話はちょっと書きましたが、カーブドソプラノサックスはサックスの中ではマイナーな存在で、あまり知られていないような気もします。

既に書いたように素人さんにはサックスに見えづらい、普通のソプラノサックス、しかし、ソプラノサックスはセルマー、ヤナギサワ、ヤマハの三大ブランドからケルントナー(笑)に至るまで、数多くのブランドが存在しています。他方、カーブドソプラノは、セルマーとヤマハは作っていないし、IOですら相手にしてくれません(笑)

歴史的には、C.G.ConnやBuscherと言う、アメリカの昔の有名ブランドがカーブドソプラノを製造していたのですが、これらのアメリカのメーカーは、第二次世界大戦後の日本からのヤマハとヤナギサワの低価格良質サックス攻勢に敗れ去って、いまは自社ではいい楽器を作れなくなってしまいました。そして21世紀の今、中国からの低価格低品質サックス攻勢は日本にも押し寄せてきているわけで、ケルントナーはカーブドソプラノを3万5千円くらいで売ってますけど・・・う~ん・・・

そういう中で、ヤナギサワが作っていなかったら、イロモノ楽器として終わってしまいそうです。カーブドソプラノ製造しつづけてくれてありがとう、ヤナギサワ。

と言うわけで、カーブドソプラノを買う場合の第一候補はヤナギサワ。ヤナギサワの製品では他の機種では901/902と言う、ヤマハで言えば62シリーズくらいの価格帯の製品があって、その上が991/992と言う、ヤマハで言えば875/82シリーズみたいな価格帯の製品があるわけですが・・・カーブドソプラノに限っては、SC-991から上しか存在しません。

そして、最上位にSC-9937と言うシルバーソニックの100万円前後の製品もあります。こんな価格帯の楽器を本気で作っているんだから、けっしてイロモノ楽器とは言わせないぜと言うヤナギサワの心意気がうれしいじゃありませんか、簡単には買えないけどさ・・・(^_^;

このシルバーソニックの製品は見た目がすごくかっこいいんですよね、一目でほれこんでしまいそう。が、初心者には鳴らしづらいところもあります。サックスを習い始めた頃、シマムラミュージックサロン池袋の管楽器展示会で、SC-991とSC-9937と吹き比べてみたんですが・・・私が吹くと圧倒的にSC-991の方が良い音がしました。でもね、先生が吹くとSC-9937の方が深いいい音色で鳴るんですよ(^_^; 理屈としては、ブロンズの方が響きやすい材質なので適当に吹いてもそれなりに鳴ったということでしょう。シルバーは余分な振動を抑えるのでしっかり吹ける人が吹いてはじめて深い響きの良い音色が得られるわけです。楽器と釣り合いの取れる奏者にならねばいかんのだなあと思った次第です。
と言うわけで、まずはSC-991と思っていたものの、未だに購入に至っていません。

その後、キャノンボールもカーブドソプラノを作っていることを発見。新大久保のクロサワウインドが一番在庫が豊富なようであった。ブラックサテン仕上げとかブラックニッケル仕上げとか、黒いサックスと言えば、まずはキャノンボールと言うイメージがありますし、ジャズ系ならキャノンボール有力候補かなあと思ったり。

で、最近、私が好きなプレイヤーはカドソンを吹いているので・・・カドソンのカーブドソプラノもいいかなあと思い始めたりしていて・・・仕上げが、ゴールドサテン、シルバーサテン、アンティークブロンズの三種類あるが、私のカドソンのイメージはアンティークブロンズかなあ・・・ウインドブロスにはゴールドラッカー仕上げの在庫があるみたい。

シャトーと言うブランドはよく知らなかったけど、ベトナムで生産しているそうです。今年の島村楽器の夏の管楽器フェアで、ヤナギサワSC-991の隣にブラックニッケル仕上げのシャトーが並べてあったので吹いてみました。その個体は、下のドのキーが硬すぎるとか、パームキーの音が鳴りづらい感じで、私には合いませんでしたが、20万切る値段でブラックニッケル仕上げ、黒いカーブドソプラノが欲しいけどキャノンボールには手が届かない人は検討する余地がある価格帯。ベトナムで生産しているって聞くと、中国本土よりはマジメに作ってそうな気がするのは偏見でしょうか・・・(^_^;
ちなみに、島村楽器のオリジナルブランドFestiを製造しているのもシャトーと同じベトナムの工場だそうです。

マルカート、これは先日の江古田サックス祭で展示されていたのですが、10万円くらいの値段の割にはまっとうに鳴ってまして、価格と音色のバランスから言って、カーブドソプラノに手を出す際には手頃な製品だと思います。特に持ち替えで使う場合には、そんなにコストかけたくなかったりするので、この価格でこの音色はお買い得感。赤い仕上げがあるのもおもしろいところです(^_^;

このあたりまでが、普通に買えるカーブドソプラノですが、最近気になっているのがエルクハート。時々、ヤフオクに台湾製無印カーブドソプラノを出品しているんですが、これがブラックニッケル仕上げで、エルクハート調整ならけっこういいのではないかと・・・
趣味で台湾製テナーに特殊調整加工をしていかにアメセルの音に近づけるかということに取り組んできて、それが商売になっているというおもしろい個人工房で、エルクハートブランドのテナーサックスは、サウンド風雅でも扱っています。

ヤフオクと言えば、時々、C.G.ConnやBuscherのカーブドソプラノが出品されていたりして、それもおもしろそうではあるんですが(^_^;

さて、私の選択はどこへ落ち着く事やら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pBoneの売れ行き

なんか、たまたまトランペットステーションでトランペットケースを見ていたら、「この商品を買った人は、こんな商品にも興味をもっています。」にたまたま出てきたpBone。【第2弾☆ご予約受付中!!】になっていて、値段が上がってますね、前回は13,000円だったので、3,000円upの16,000円ですか。次の入荷は12月予定。

3,000円も上がるんだったら、前回4色大人買いしておくんだったとかバカなことを考えたりしてますが、いくらプラスチックとは言え、大きさは普通のトロンボーンと同じなんだから、そんなものが4つも部屋にあったら邪魔だろうし、せっかくiPadで読んだ「人生がときめく片づけの魔法」の効果も消えてしまいそうなので、一本でいいんです、足るを知るべき・・・(^_^;

でも、8末~9頭にかけて、楽天で売り上げ1位ってことは、皆さん、どんだけpBone予約したんでしょう、やはり4色大人買い当たり前~の世界なんでしょうか??(^_^;

pBone関連記事
pBone

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本語の乱れ?

こ、この看板は・・・と思わず写真を撮ってしまいました、ブログネタ切れしたときに使おうと思って・・・

R0013111

場所は、池袋のリブロのあたりです。でも、ちょっとみつけにくいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリューゲルホルン

家具屋でフリューゲルホルンを買った話は以前書いたのだけど、2008年4月ってことは、既に3年以上経っているのだなあ・・・
結局、e-Brassのフリューゲルホルン用も買いました。トロンボーン用とも言う・・・ってことは、pBoneにも使えるではないか、それに、バリトンホルンのマウスピースはトロンボーン用のものと同じだし、これはいつかはトロンボーン買う運命だったに違いない・・・

それはさておき、このフリューゲルホルン、ノーブランドなのですが、どうもJマイケルと同じ工場で作られているのではないかと思っています。形状はYAMAHA YFH-731コピーモデルらしい。で、mixiのフリューゲルホルンのコミュニティで、「YFH-731のリードパイプを使うと音が良くなる」と言う話が出てきたので、私もYFH-731のリードパイプを購入してみた次第です。2600円+消費税で2730円。
確かに音色ががらっと変わります。
比較すると、これまでのものが音がぼんやりしていて、YAMAHAにすると音がグッと締まる感じでしょうか。それまでの音色に慣れていたので、締まった音がいいのかどうか判断が付かず、トランペットのレッスンの際にフリューゲルホルン持って行って、「今日はフリューゲルホルンでコップラッシュやるんですか」と驚かれましたが(^_^; 先生にも吹いてもらったりした結果
- ヤマハのリードパイプの方が音色は良い
- いままでのリードパイプの方が楽器との一体感はある
と言う評価となりました。後者に関しては、ヤマハのリードパイプの方が差し込む際にちょっときつい感じがあるせいかもしれません。最近はヤマハのリードパイプで吹いていたので、だんだんなじんできたような気もします。

と言うわけで、「Jマイケルのフリューゲルホルンを買って、YAMAHAのリードパイプを使う」のがフリューゲルホルンのコストパフォーマンスの良い購入方法だと言うことになっておりますが (^_^;

ちなみに、このYFH-731のコピーモデル、ピストンがちょっと重い感じなので、コピーモデルだから設計が甘いのかと思っていました。が、中川喜弘が自分の使っているYFH-731に関して、

難を言えば、ヤマハの初期のもので、丈夫過ぎてバルブが“やや重”

とコメントしているところを見ると、そのあたりも忠実にコピーしたということかと逆に驚いたりして(^_^;

それから、これは、値段と音色を比べれば、手頃な選択肢という程度の話ですから・・・以前、銀座ヤマハでYFH-8310Zを試奏させてもらったら、ピストンもすごく軽いし、音色も段違いに良くて、もしかして私の持ってるものってゴミ?みたいな気もしましたので、懐に余裕のある方はそういう立派な楽器を買う方がいいのは言うまでもありません (^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンドレン vs バンドーレン

今回は、ほんとにどうでもいい小ネタです (^_^;

最近はノナカのサイトでバンドーレンと表記しているので、バンドーレンが日本での正式な表記と考えて良いでしょうが、バンドレンと書く人も多いですよね、昔からサックスやってる人が中心でしょうか。これ、棒引きの有無以外の違いもちょっとありますね。

Vandolenと言う綴りをパッと見た感じでは、ラテン系言語の単語らしく見えます。ラテン系言語の特徴として、後から二つ目の母音にアクセントが来るので、バンドーレンとドにアクセントを置いて読むのが自然な気がします。

他方、バンドレンと書く人たちは、発音もバにアクセントがあるケースが多いようです。ンドレン、これ最初に聞いたときには、すごく違和感ありました(^_^; そこで、これは英語読みなのかと思ったりもしたのですが、発音解説のサイトによると英語でもバンドーレンとドーにアクセントを置くようです。と言うことは、英語読みでも無く、日本語読みということになりますかね、ンドレン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/18: 渡辺薫(そるとぴーなつ)

今月残りは自転車で見に行けるこのあたりに行こう・・・と思っているところです

9/22(木) 守谷美由貴@大塚ドンファン(まずは駅前の岩舟で軽く一杯やる)
9/24(土) 纐纈雅代@セロニアス(まずはで一杯やる)
9/25(日) 吉橋厚@高円寺アフターアワーズ(まずは・・・どこの蕎麦屋に行くかまだ決めていない)

なので、以前書いたように、このままではほんとうにそるぴーに次に行くのは10月になってしまう・・・と言うわけで、普段ボーカルものはあまり聞きに行かない私ですが、日曜日だし客少ないだろうから、マスターをからかいに行ってみるか、ということで出かけて来ました・・・ (^_^;

渡辺薫ライヴ

<出演>
渡辺薫(vo.pf)
大渕昭(pf)、岩崎まこと(b)、中島道博(ds)

初めて見る人たちなので、どんな音楽やるのかも知らずに行ってしまいましたが、いつもビールを二本飲んで2,500円なので、普通に飲みに行くより安いくらいだからいいんですよ(^_^;

ステージで特筆すべき事は、狭い店内にグランドピアノが2台になってました・・・追加の一台はこれだと思いますけど・・・(^_^;

で、ジャズのスタンダードの曲もやりましたが、ビートルズとかジョニ・ミッチェルとかも・・・でも、オリジナルの曲が一番良かった印象。MCにメンバーや常連客からツッコミが入るというのはPink Bongo以外では初めて見ました(^_^; が、曲の方はPink Bongoとは全然違って、穏やかな感じですよ、全体的には2nd setの方が良かったような印象でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウッドストーンのリードの謎

え~、フォレストーン、レジェールと人工リードの話ばかり書いてきましたが、今回はケーンのリードの話です、珍しく(^_^;

私の場合、Selmer S90-170マウスピース/BGリガチャーとレジェールのシグネチャーと言うのがクラシック向けのセッティングになってしまいましたが、マウスピースとリガチャーは自分で選んでいません。ヤフオクで落札したYTS-62IIに付いてきたのでそのまま使ってます(^_^;

他方、クラシック以外向けのセッティングと言うことで、Gottsuの煤を使っているわけですが、これもヤフオクで落札しました(^_^; だって、もう煤売ってないし、Gottsuならヤフオクで買っても品質には問題なさそうな気がしたので・・・

リードも何種類か試したのですが、最終的にウッドストーンの2 1/2で落ち着いています。

と言うわけで、ウッドストーンのリードの謎。と言っても、それほど複雑な話ではありません。なぜかケーン製であるにもかかわらず、ウッドストーンのリードは選ばなくて済む感じなのです。一箱買ってきた中に外れ無し。これが謎なんです。

私個人が買っただけならサンプル数が少ないのでたまたま偏りが出ただけだろうと考えても良いのですが、小林香織が表紙の「The Sax 5月号」の「リード大全集」、この中では

矢野沙織
現在使用しているリード: ウッドストーン 3 1/2
1箱中のリード使用比率: 割と何でも使います。10枚中10枚いつでもです。
である。もちろん、選ぶ人も居ますけど・・・
勝田一樹
現在使用しているリード: ウッドストーンの3 1/2
1箱中のリード使用比率: 本番用: 2~3枚、練習用:残り全部

少なくとも、ケーンを使っていてフランスで製造している点では、バンドーレンなどと大きく異なるわけではないと思うのですが・・・そういう意味では、検品工程に違いがあるのかもしれないなあと想像しているところです。つまり、天然素材を使うので、3を作ろうと思って削った結果が必ずしも3になるとは限らないので、できあがったものが柔らかめであれば2 1/2に、硬めであれば3 1/3に振り分けるということをやっているのだろうと考えているのですが、その際の検品精度が高いということなのではないかと・・・

リード選びが面倒だと言う素人にはとてもありがたいケーン製リードなので、重宝してます(^_^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

レジェールのリード

レジェールのリード、スタンダードを使い始めたのは一年前くらいですかね。新大久保のクロサワウィンドに行って、サックスケースとか、キャノンボールのサックスとか眺めた後で(この矢野沙織選定品ってほんとに矢野沙織吹いたんですかとかアホなことを聞いてみたりして・・・後で調べたら、クロサワのサイトに選定時の写真載ってました)、で、結局、レジェールのリードだけ買ったんです、アルト用。当時はバンドーレンの3を使っていて、3ではちょっと柔らかいかも、でも3 1/2ではちょっと硬いかもという気がしていたので、普通に対応するとしたら3 1/2をちょっと削ってみるということになるんでしょうが、レジェールは1/4刻みだというのを聞いていたので関心を持っていたから。店員が言うには、バンドーレンと同じだって言うので、3 1/4を買ってみたんですが、どうも硬い、硬すぎる感じ。

その後、銀座山野楽器に行ったときに店員に聞いたら、「対応表がありまして・・・」と出してきた対応表を見ると、アルトでは1/2硬めになっているではありませんか。つまり、バンドーレンの3と同じ硬さのレジェールは2 1/2ということになるわけです。ですから、レジェールの2 3/4を買えば、バンドーレンの3と3 1/2の間の硬さになるはずなんですね。

と言うわけで、この時は結果的にクロサワウィンドの店員の言うことを信じた私が悪かった、なかなかおもしろい女の子だったので、ついつい信じてしまいましたよ (^_^; レジェール3 1/4は、バンドーレンでは3 1/2と4の間に対応しているようなので、そりゃ硬いと感じるに決まってますね。

なお、その後、その対応表はレジェールのパッケージに入っていることに気が付きました(^_^; リードになんの説明書きがついてるんだろうとは思ったけど読まなかった・・・すまんこって・・・

と言うわけで、2 3/4はかなりOKな感じ。練習してみて違和感なかったので、そのままレッスンに持って行って、レッスン途中で先生に「今日はこんなリード使ってるんですよ、へっへっへ~」と言ったら、全然気が付かなかったんでいいんじゃない、と言われて、そのまま使い続けることにした次第。

その後、テナーを手に入れたので、テナー用にも2 3/4を購入。ただし、テナーの場合はバンドーレンの2 1/2と3の間くらいが欲しいと思っていたので、今回は購入前にちゃんと対応表を確認、テナーに関してはバンドーレンと同じ番号が対応していたので、2 3/4になりました。

そういうわけで、レジェールを選択した第一の理由は、1/4刻みでピッタシと感じる硬さのものに出会えたことですね。長持ちするとか手入れ不要とか言う利便性は考えずに、硬さだけで選択してみたものの、リードの取り扱いが気楽というのも確かに人工リードの良い点です。

そして、今年に入って、レジェールのシグネチャー登場、当然2 3/4を購入、スタンダードよりも深い音色で鳴ってくれて、先生にも音色が良くなったと言われました。でも高いんですけどね。

先生も人工リードのことは聞いていたものの、身近で実際に常用しだしたのは私が初めてだそうです。その後、「こないだ、サックス仲間と話してたらレジェールの話が出てきてねぇ」と言われて、その場に私が居たらいろいろ語ったに違いないと思ったとか言われましたが、私はレジェールの回し者ではないっ・・・(^_^;

今週のレッスンでも、途中で「そう言えばね~、バリトン用のレジェール吹いてみたけど意外に良かったよ」と先生に言われました。でも、バリトン用にはスタンダードしかないのが残念なところで、本番用にシグネチャー出るといいですよね、という話に。でも、The SaxとかSax & Brass Magazineとかのプロのサックスプレイヤーのアンケートを見ると、持ち替え用のバリトンのリードに手間とコストをかけたくないのでレジェール使っていると言う人は何人かいましたね、主にジャズ系。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月11日 - 2011年9月17日 | トップページ | 2011年9月25日 - 2011年10月1日 »