最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月9日 - 2011年10月15日 »

続: au機種変更検討中

auのテザリング機能付きおサイフケータイ機能付きスマートフォンへの移行について引き続き検討したいんですけどね・・・

まずは契約内容の復習から。
- SSシンプル: 980円
- IS NET: 315円
- ISフラット: 5460円
- WiMAX: 525円

この中で、WiMAXは使わなかった月には課金されないという説明であった。これが逆に腑に落ちないところですかね。

携帯電話、定額使い放題廃止も…通信量増で
携帯各社は、携帯電話回線がパンクする事態を防ぐため、携帯電話回線を使わないで高速でインターネット接続できる公衆無線LANの活用を急いでいる。以下略(2011年10月3日12時04分 読売新聞)

と言う話であれば、auとしては、WiMAXを使うようにユーザーを誘導すべきじゃないんですかね。
WiMAX使う割合が多くてWIN HIGH SPEEDを利用する割合が少ないユーザーに対してのインセンティブが全く無いどころか、WiMAX使わない方が月々の支払いは少なくて済むのは、やはりどこかおかしいのでは無いかと思う次第。

とか考えている内に、そもそも、パケット料金単価が高すぎると言う話に。iPhoneで月額10万とか20万とかいうパケット代が表示されていたので、スマートフォン向けパケット料金単価を100分の一~200分の一くらいにすれば定額不要だろうと言う気もする。

「1%のヘビーユーザーが全通信量の3分の1を使っている」(ドコモ・山田隆持社長)状況
と上記の記事の中に書いてあるわけだから、逆に言えば払いすぎているユーザーも多いと考えたくなる。

ISフラットの中身をWIN HIGH SPEEDとWiMAXに分け、WiMAXを2,000円~3000円くらいのUQより安い価格のフラットにして、WIN HIGH SPEED利用分を従量課金(あるいはダブルフラット)にすれば、ユーザーはWiMAX利用にシフトすると思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢一郎入院に関して一言(笑)

ノンポリのブログで小沢一郎入院に関して書いてみるのもいかがなものかという気もしたのですが・・・

小沢一郎入院で、病名が尿管結石と発表されていますが・・・そんなんで一週間も入院必要なわけないだろ、と言うのが、以前、激辛探検隊の際に書いたように痛みに強い私の見解ですよ(^_^;

って言うか、私、尿管結石で二回入院していますから。二回目のときにいろいろ調べた結果、次からは病院行かなくてもいいなあって思ったんですよね、お金がもったいないって(笑)

だって、入院しててもやることないし、自然に排出されるのを待つだけなんですから・・・

以下、二年前のmixi日記を引用。
---
[病]石が出たにおいて「シャワー浴びてからトイレに行った」と書いたのは、実はそれなりの考えがあってのことであった。と言うのも、水曜日に発症したときに、痛みに耐性のある私は、まずシャワーを浴びてから、病院に出かけたのである。その際に、シャワーを痛みのある場所にかけると痛みがおさまることに気がついていた。だが、シャワーが離れるとまた痛み出すので、いつまでもシャワーあててるわけにもいかないし、ごまかさずに素直に病院に行こうと思ったのである。

入院して暇な間に考えた。痛みがあると筋肉が収縮するので、尿管が狭くなり、排出しにくくなるのではないか。患部を暖めると痛みが取れるのは、尿管が拡がるからではないかと。で、シャワーの後で石が出た次第。

これは何か情報があるのではないかと、昨晩から検索してみたところ、慈恵医大病院のサイトに書いてあった

結石の痛みは激しくつらいもので、救急車で病院を訪れる方もいます。これは結石が尿路をこすって起こるものではなく結石が尿の通り道を急に塞ぎ尿の渋滞が起こるためのものです。

つまり、結石の痛みは、尿の渋滞の結果なので、暖めて尿管が拡がって尿が排出されやすくなると痛みは安らぐという理屈である。また、入院したときに腎臓も腫れ上がっていると言われたのだが、それも要するに尿が排出されないので腎臓が膨れあがると解釈できる。朝、発症したのも、当然、夜の間に尿が溜まって圧迫するからで、理屈は合う。このあたりは比較的単純な機械のようなもんですねぇ。しかし、この病院(注:入院した病院)の先生は、石がこするから痛いんだと言っていたなあ、去年。


さらに同じ慈恵医大病院のサイトに書いてある。

ご自宅にいらっしゃるときにはお風呂にお湯をためて入ると絶大な効果があり、多くの方は30分ほどで痛みが楽になります。外出の際にはホカロンを坐薬とともに持ち歩き痛みの箇所をホカロンで暖めましょう。

と言うわけで、患部を暖めるのは、慈恵医大病院お墨付きの対処法であったらしい(^_^;
30分ほどで楽になるのは、溜まった尿が膀胱に降りるので、当面、痛みがなくなるという理屈であろう。

さらに、慈恵医大病院としては、結石程度では救急治療にも値しないらしい(笑)

尿路結石を経験された場合、おかかりの先生から痛み止めの座薬を
処方してもらい冷蔵庫に保存しておくことが肝心です

しかし、ここ(注: 私が入院した病院)は入院させるわけだから、座薬の処方はしてくれないような気がするなあ・・・他の病院で座薬の処方箋出してもらう方がいいかなあ・・・

と言うわけで、二度の入院での印象はそれほど悪くはないのだが、入院せずに治癒できる方法があるのであれば、入院せずに済ませるに越したことはないので、おそらく三度目の入院は無いだろう(^_^;
---

最初に書いたように、入院している間、何するかって、自然に排出されるのを待っているだけなんです。痛み出したらその場で痛み止め処置してくれる点はメリットあるかもしれないっていう程度ですかね。

特に大きな持病が無かった人でも、突然痛み出して入院すると言うシナリオには適した病気だなあと思うものの、一週間も入院するほどの病気でも無いと言うか、入院したから治療できる病気というわけでも無い感じですよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

激辛道/バカ辛伝説

激辛探検隊が月例イベントになりつつあるので、第三次激辛探検隊の目的地を選択するために、参考資料を購入しました(^_^;



「激辛道」
この本のポイントは、辛さの目安を「CoCo壱番屋」の「10辛」を5として1~10までの相対評価を行っていることで、理由も明解で、多くの人が利用可能な全国チェーンを基準として評価すれば、辛さを実感できる読者が多いだろうということですね。そういう意味では、辛さ7以上のレベルのところを中心にピックアップ。

10辛: SHANTi(原宿店) 200ボーガ。池袋店、渋谷店もある模様。
9辛: 丸仲・・・激辛中華料理らしい(^_^; 最近のブログ記事などがみつからないので、行く場合は要電話確認かな
9辛: Chocolatte 激辛カレーがあるメイドカフェと言うことで興味津々であったが、残念ながら閉店した模様。
8辛: マジックスパイス(下北沢)アクエリアス
8辛: 蓮月(三宿)・・・検索結果によると池尻大橋に移転、同じ料理があるかどうか不明
8辛: 大沢食堂 カレーライス(極辛)・・・第一次激辛探検隊
7辛: カーナピーナ・・・裏メニュー情報が無かったらしく、ホットで評価されている。第二次激辛探検隊
7辛: ぶるだっく
7辛: 刀削麺荘(代官山店)・・・中国西安料理と刀削麺・火鍋 『XI´AN』に店名変更した模様、代官山店は無くなっている。神田西口店には「刀削麺荘」時代に行ったことがあるが激辛であった記憶は無い(^_^;
7辛: エチオピア(本店) 70倍カレー
7辛: 蒙古タンメン中本(本店) 北極ラーメン・・・ここは支店が多い。確か新宿店に一度入ったことがあるはずだが、味が記憶に無いのでそれほど辛くないものを頼んだのかも・・・

2006年の本なので、5年経つと飲食店も移転・店名変更・閉店といろいろありますな・・・

しかし、カーナピーナのホットが7辛と言うことであれば、第二次激辛探検隊のメンバーは最低でもホットをクリアしているので、7辛評価の店は全員が軽くクリアできる可能性が強いということ?とは言え、評価には個人差があるからそうそう単純に決めつけるわけにもいくまい・・・

「バカ辛伝説」
こちらは2008年の本なので、ちょっと新しい。「激辛道」に比べると、バカ辛度の評価が甘い(点が高い)印象。と言うのも、カーナピーナのベリーホットがバカ辛度10だからである。スペシャルホットの立場が無い・・・
さて、バカ辛度8以上をピックアップしてみる。

バカ辛度10:
蒙古タンメン中本/北極ラーメン
赤ちり亭/ハバネロチキン・・・これ、ずいぶん前に田町店で食べたはずなのですが、手袋して食べた記憶はありますが、味の方の記憶がありません(^_^;
やぐら亭/宇宙一辛い味噌ラーメンほたる
SHANTi/マンダラスペシャル100ボーガ
サフラン/世界一辛いカレー
カーナピーナ/エッグカレーベリーホット・・・第二次激辛探検隊
かれー麺実之和/赤いカレー麺激辛
エル・アルボル/ハバネロの肉詰め
シュクリア/チキンカレー1500倍
スタンドテン/チキンカレー150倍

バカ辛度9:
SAPANA水道橋店/チキンキーマカリー100倍

バカ辛度8:
支那そば屋こうや/極辣麺
ラホール外神田店/唐揚げのせカレー100辛・・・ここは昔から秋葉原にある店で、昔は極辛までしかなかったが最近は100辛までできたらしい。知らなかった。30年前に、よく極辛を食べていた。
パンチマハル/チキン15辛
スープカレー心/骨付きチキンカレー100倍
からかうあ: カレー特辛+フレッシュチリ
エチオピア:野菜カリー70倍
うどん処 硯家本店/四川麻辣醤麺
味噌一三鷹店/爆発
インドール/インドールカレー100倍
介一家/燃えよドラゴン!死亡遊戯
麺家うえだ/MAGUMAらーめん大王

この中では閉店した店は無い模様。さてさて、選択肢がたくさんあることは分かりましたが、両方に名前が挙がっているSHANTi、エチオピア、蒙古タンメン中本あたりから攻めるのが常道でしょうかねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東儀秀樹の音楽談義

なんか池袋コミュニティカレッジから封書が届いたなあと思ったら、「東儀秀樹の音楽談義」セミナーに空席ありますってお知らせでした。

私、去年、初めて参加してみたのですが、去年のテーマは『洋の東西』と『日本の今昔』みたいな話だったようなテキトーな記憶あります。で、去年で10年やったから、もう終わりとか言っていたような気もするけど・・・

去年は篳篥のレッスンを受けていたのでついで、という感じもあったし、もともと篳篥に関心をもったのは東儀秀樹のおかげなので・・・

去年、会場行ってみて驚いたのは、女性比率が異様に高いことでしたが、遺憾ながらわりと高齢の方が多いような気もしましたが気のせいでしょうか・・・東儀秀樹も若そうに見えるけど、私よりは年寄りだし、そんなもんですかね・・・

ちなみに、去年の講演の感想、mixi日記から拾い出してみたら、この程度しか書いていませんでした・・・(^_^;
---
池袋コミュニティカレッジで、「東儀秀樹の音楽談義」を見に行った。
話は、それなりにおもしろいし、源氏物語に出てくる雅楽の話なんかはかなり良い話であった。

で、いちおう、演奏も、と言うことで、演奏始まったら、えらく鳴りが悪い。おかしいなあ、私の安物篳篥の方がもっと鳴るよなあと思っていたら、演奏終わって解説があった(^_^; 休憩中の篳篥展示用に演奏用じゃない舌(リード)を置いていたのをそのまま使ってしまったのだそうで、次の曲で舌を替えたら、全然音色が違うでやんの(^_^;

やっぱ、弘法筆を選ぶんだよね
---

けっこう知っている話も多かったので、書くことが無かった感ありありのテキトーなコメントだなと、昔の自分は赤の他人モードで眺めてしまいました・・・

さて、今年はマジメに雅楽についてお話するみたいなタイトルなので、チケットの売れ行きが悪いんでしょうか・・・でも、マジメにやろうとしても、東儀秀樹ですからね、あのボケ味をかませながら、おもしろい話で楽しませてくれるのは確実だと思うし、また聞きに行ってみようかな、どうしようかな・・・

ちなみに、池袋コミュニティカレッジでとても気になる講座は、やはり『魔女入門』。女性限定ですしね・・・以前、潜入記事を読んだりしましたが・(^_^;
やはり、他にもいろいろと関心を持たれる方々がいらっしゃるようで・・・本物の魔女の手ほどきが受けられる『魔女入門』なんて記事もありますね。

全米魔女協会なんてほんとにあるのかなあと思ったんですが、これですかね?
American Council of Witches
founded in 1973, and convened and disbanded in 1974って書いてあるから、今はもう無いみたいなんですが・・・

などなどといろいろと妄想をかき立ててくれるだけでもすばらしい講座です(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/2: 陳記厨房

そう言えば、激辛探検隊ではなく、ちょい辛探検シリーズ。

新江古田駅すぐ近くの陳記厨房

R0013249

前を通りかかって、看板を見ると「マーボー豆腐(辛さは普通から激辛まで調整できます)」と書いてあるのに気が付いた。いや、何回か入ったことはあって、担々麺もうまいし、値段は安いし、わりとお得な店だなあとは思っていたのだけど、この激辛には気が付いていませんでした。

ちゃんとメニューにも書いてあります。

R0013243

で、お店のおねえさんに、
「この激辛ってどれくらい辛いんですか?」
「食べたことないよ」
「じゃあ、食べてみるしか無いですね、お願いします。」
「だいじょうぶ?」
「だいじょうぶでしょう」
と言うわけで厨房に向けてオーダーしてます
「マーボー豆腐、超激辛でお願いしま~す」
え、激辛に超までついちゃったけど、ほんとにだいじょうぶなのかな、その一瞬、ちょっと焦りましたが(^_^;

R0013244

はい、お待たせしました、これがマーボー豆腐定食(超激辛)です(^_^;
スープ、サラダ、ザーサイに杏仁豆腐までついて、ご飯はおかわりし放題でおひつに入って出てきます。これで、650円。学生さんには超オススメのお値段です。

R0013246

アップにしてみました。麻婆豆腐にそれほど詳しいわけではありませんが、色が濃いのと、唐辛子がそのまま入っているので確かに見た目も辛そうです。おそるおそる箸を付けてみると、確かに辛いです。むちゃくちゃ驚くほどではありませんが、ちょっと汗が出てくる程度には辛いです。カーナピーナのホットくらいはあるかもしれません。普通においしかったです。でも、また頼むかどうかは微妙。ここは担々麺も旨いので・・・それに、ここは夜はお疲れさまセット(980円で生ビール、つまみ二皿)がとてもお得。激辛目当てよりも普通に安くおいしく楽しめる店ですから。

「陳記厨房 新江古田店」って書いてあるから、他にも店があるのかと聞いてみたら、大泉学園あたりに店を出す予定があるらしい。特撮ものの王道である「世界征服は練馬から」を狙っている中華屋なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/22: アンサンブル・オット・ヴォーチ リサイタルの紹介

The SAX に<ひとみ先生のLet’s try together >を連載している原ひとみ先生率いる・・・という表現が適切かどうかよくわかりませんが、アンサンブル・オット・ヴォーチのリサイタルを紹介します。

アンサンブル・オット・ヴォーチ リサイタル
~8人の女性が奏でるサクソフォーンアンサンブルの響き~
2011年11月22日(火)
18:30 開場 19:00 開演
於:トッパンホール
料金: 全席自由当日4,000円、前売り3,500円(一般) 2,500円(学生)
カンタータ第140番「目覚めよ、とわれらに呼ばわる」より第1曲/バッハ
ブラジル風バッハ第1番/ロボス
タンゴ・バレエ/ピアソラ
委嘱作品/清水靖晃
組曲形式による性格的小品/デュボワ

原ひとみ先生と言えば、私の初めてのサックスの師匠であります。もっとも、あちらがそう認識しているかどうかは別問題なのですが(笑)。

私のmixi日記によると、2008年11月08日の話のようです。以下、引用します(^_^;
---
木曜日のレッスンの際に、島村楽器の管楽器フェスタ2008のチラシをもらったので、会場はどこよ、と思って見てみると、なんと南船橋、私にとっては遙か彼方の未踏の地である。
http://www.shimamura.co.jp/event/wind-exhibition_08-2/list-mina.html

どうしようかと思ったが、午前中のマンションの管理組合の総会に出た後でそのまま出かけてみた。江古田駅から南船橋駅まで1時間半くらいかかったんだけど・・・競馬場の脇の広大な敷地にららぽーとというショッピングモールがあって、その先に島村楽器が入っているビビットスクエアがある。この間、駅の改札出てからずっと歩いて行ったんだけど、だいたい15分くらいかかったよ(笑)

競馬場の脇の空き地を使ってでっかいものを作ったって感じで、島村楽器の店舗も確かに広い。新宿店より広いだろう。スペースが広いので、店舗にミュージックサロンが併設されている。とは言え、管楽器自体は、ホルン、トロンボーン、トランペット、コルネット、フリューゲルホルン、クラリネット、フルート、ソプラノサックス、アルトサックスという感じ。特にアルト・サックスの展示が多かったが、全体的な規模としては圧倒されるほどのものは無かった。トランペットだけなら、渋谷のトランペットステーションに行く方が多い(^_^;)

と言うわけで、コンサートが始まるまでの暇つぶしにギターの方も見てみたが、こちらもあまり心惹かれるものは無かった。ただ、C.F.S.(Circle Fretted System)にはかねてより関心があったので、Cool Zのテレキャスモデルを弾かせてもらった。値段が7万弱の割にはいい感じ。C.F.S.は見た目もそんなに分からないし、弾いてみても違和感は無い。これでチューニングが合うんだから、いいかも・・・ちなみに、なぜテレキャスにしてみたかと言うと、このタイプは持ってないからである(^_^;)

とかなんとかやってるうちに、椅子がセットされたので一番前に座りました

原ひとみサクソフォン・コンサートのセットリスト。
1. リュエフ/シャンソンとパスピエ
2. R.プラネル/ロマンティック組曲より 4. センチメンタルなワルツ
3. 折田栄子/中国地方の子守唄
4. ミヨー/スカラムーシュ
5. ルディ・ビードフ/ワルツ エリカ
やはりクラシックのプレイヤーはいい音出すね~・・・解説によると、1が初心者向きの曲だそうです、当面の私の目標か(^_^;)

と言うわけで、演奏堪能したので、ついでにセミナー聴講してしまいました・・・こちらも一番前の席に座ってメモとりましてん。

良い音色の出し方に関しての話に終始していましたが、なかなかおもしろかった。
管楽器の基本は変わらないなというのがおおざっぱな感想ですが。

体の役割はポンプとドーム。
ポンプ: 要するに息の通り方の話。腹式呼吸と、マヨネーズのボトルの話。マヨネーズ使うときにはボトルの下の方をつまむ。マヨネーズボトルの中蓋には星形の穴が空いているが、あれが無いと出過ぎる・・・と言うのがアンブシュアの話。
ドーム: 音の響かせ方の話。のどを無理に広げようとするのではなく、舌を下の前歯に付けるとのどが広がる感じになる。

ビブラートは上下に音をゆらすのか?と言う質問には、下がって戻る感じ、と答えていました。

お昼食べる時間がなかったので、終わってから広島風お好み焼きを食べたら、いまだにおなかいっぱいですよ、とほほほ
---
ここの「木曜日のレッスン」というのはトランペットのレッスンで、この時点ではサックスのレッスンは受けていませんでした。この時点では、原先生がどれくらいエライ人かは理解してないのですが(今も理解できてるかあやしいですが)、こうやって読み返してみると、私にしてはマジメにメモしていたレッスン内容は、最近のThe SAXの<ひとみ先生のLet’s try together >にも繰り返し書かれていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The SAX 2011年 11月号


The SAX (ザ・サックス) 2011年 11月号

今回はリガチャー特集の二回目、テナーサックス編です。いや~、相変わらず、濃いわ・・・こんだけ吹き比べるのにどんだけ時間かけてるのか知りませんが(^_^; とても参考になる・・・というか、今のリガチャーで満足しているはずなのに、他のリガチャーを試してみたくなる・・・魔の特集です(笑)

ところで、順締め/逆締めじゃなく、上締め/下締めに呼称を変えようと言うのはそんなに重要なことかなあ。私はどうでもいいような気もするのですが・・・(^_^; どうでもいいなら、変えてもいいのか・・・(^_^;

そして、アトリエMOMOのリガチャー作成工程とかも載ってるし・・・で、どうしろと?リガチャー自作しろって?無理です(^_^; でも、こういう話もおもしろいし、一個一個手作りで一日以上かけて作ってあの値段かと思うと、確かに安いかも・・・もしかして、そう思わせるのがポイントなのかな(^_^;

私は特集見て買うかどうかを決めているんですが、連載も読んでみるとおもしろいものが多いんですよね。

平原まこと(最近は平原綾香のとーちゃんと言う方が分かりやすい人が増えてしまった(^_^; のQ&Aの回答もいい味出してるし・・・

須川展也が汗かきだと分かったり・・・これ、私のサックスの先生もチェックしてましたよ、レッスンの時に「須川さんて汗かきだったんですね~、初めて知りました~」とか話しました(^_^;

EWIタイアップ記事では、カラフルが楽器フェアで四人でEWIアンサンブルやるという話も載っていて、楽器フェアけっこう期待してしまいます。11月6日(日)のシンセサミットの中ですかね。

と言うわけで、いろいろ小さい記事まで読んでいると毎号買っても良さそうな気もしてきますが、どうしようかなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/6: pBone到着

ほんとは昨日到着予定だったのだけど、仕事の都合とTower Station見に行く都合で一日遅れでpBONE到着。段ボール箱に入っている段階でも、既に「軽い!」って感じ。
R0013260pbone_2


こんなでかいもん、写真撮るのにどうしよう~って思ったんだけど(ポケットトランペットの時のような撮影ボックス
を使えないので)、新品のシーツの上に置いて撮ってみようと思い立ったんだけど・・・あまり良くなかったですね、新品のシーツの折り目が・・・アイロンかけてからやればよかったのだろうか・・・・

R0013262
箱開ける。中身スカスカ・・・

R0013263
ソフトケース・・・っていうか、特にクッションなんか入っていない、ただのビニール袋、1万円くらいのギターについてるソフトケースと同じレベル。Jiggs pBoneとロゴが入っています。
正式な綴りは、pBONEとかPBONEとかでなくて、pBoneですね、iPhoneみたい?pBONEって書いてたのを全部修正しておこう・・・(^_^;

R0013264
ケース片方に、ベルとマウスピースを収納。

R0013265
もう片方にスライドが収納されています。

Pbone
ジョイント部を差し込んでできあがり。

スライドにはロックが付いているのですが、「ジョイント部はロック機能が付いておりません。組み立て後、落下する恐れがありますのでご注意ください。」って説明書に書いてあります。・・・おお、これか、これで、YouTubeのJiggsのデモの時に崩壊していたのか、と納得した次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャイニーケースエアロ

トランペット用のシャイニーケースエアロを買いました。

ほんとうは、テナーサックス用のケースを買おうと思って、第二次激辛探検隊終了後に渋谷のウインドブロスに行ってみたんです。でも、テナーサックス用のケースは一個しかころがってなかったので何も買わずに、トランペットステーションを覗いてみて、自転車に乗って持ち運ぶなら今使っているRITTERのソフトケースよりはシャイニーケースエアロの方がいいかなと思ってしまったので・・・

以前のシャイニーケースは、ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、シルバー、グリーン、オレンジ、ピンク、パープル、ライム、ライトブルー、ラベンダー、イエロー、ゴールドと色の選択肢が多くてどれにしたらいいのかよくわからないくらいでした。エアロになってからは、パステルイエロー、パステルグリーン、パステルブルー、パステルピンク、チェリーレッドの5色なので、おっさん的にはパステルグリーンかパステルブルーくらいしか選択肢が無いので、あまり悩むこと無くパステルブルーにしました。現時点ではトランペットステーションでは「在庫無し」になってますが、それは私が買ったからでしょう・・・(^_^;

コンパクトだし、軽いし、その割には丈夫そうだし、今のところは問題なさそうです。

レッスンに持って行ったら、今までのブラウンのソフトケースとはイメージがガラッと変わったので、すぐに事務のおねえさんにも先生にも新しいケースを買ったことを悟られてしまいました。さわやかな色合いって・・・そりゃ、ブラウンと比べたら圧倒的にさわやかですわな・・・で、先生が言うには、エアロ使っている受講者は私が初めてだそうで・・・以前のシャイニーケースよりもコンパクトな割には留め具も改良もされているようで良いのでは無いかと言ってました。

難点は縦置きを拒否していることくらいでしょうか。普通に置くときには横置きの方が安定しているからいいのは分かるんですけど、電車に乗って座るときとか、肩紐を手に持って縦に置きたいことってあるんですけどね。東急ハンズあたりで脚を買って取り付ければいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/2: 守谷美由貴カルテット(そるとぴーなつ)

そるとぴーなつで守谷美由貴のレギュラーカルテット、これは見に行かねばならないなあと思っていたところに、妹のピアノの発表会が重なってしまって、まずは銀座ヤマハに。

早めに銀座ヤマハに行ってみたら、15:00からカラフルのイン・ストア・コンサートがあるらしいですよ(^_^;
その前に、4Fに行ってテナーサックスのケースみたりして14:30頃に1Fに戻ってみたら椅子席は既に埋まっていたので、2Fの椅子に座って待つことに。ここからはステージは見えないのだけど、音は聞こえるし、のんびり座っていられるほうがいいから(笑)

新譜からの曲を中心に約30分の演奏、途中では「次の曲はダンスも入ります』とか言ってたけど、まあ、楽器持ったまま体動かす程度の話でしたが、気になったので二階から背伸びして見てしまったりして・・・オリジナル曲のクラリネットラブだったかな、なかなかいい曲だと思いますね。新譜の方はJ-POPのヒット曲集めましたって内容ですが、The SAXの前号の記事中では、EWI使ってPerfumeのチョコレイトディスコを収録と書いてあったのですが、AKB48のヘビーローテーションにさしかわったとThe SAXの今月号に書いてありました。PerfumeよりAKB48の方が売れるという営業的な判断でしょうか(^_^;

さて、ピアノの発表会は16:00からでしたが、始めのうちはなかなかスリリングな演奏が続きまして、あれ、この曲ってこんなんだったっけ、クラシックでもアドリブあるのかな、と思ったら・・・いや、単に演奏つかえただけです、みたいな・・・どうもプログラムの順番は後になるほど安心して聴けるようになっているらしく、妹は後半の方だったのでこの中では上手い方らしい・・・それはいいことではあるけれど、おかげで発表会が終わったのは18:30くらい。後半は落ち着いて聴けました。特にラストの子はうまいなと思ったら、音大生だと言うので、検索してみたら、現役芸大生みたいです。音大生もピンキリだけど、芸大は当然ながらピンですからねぇ、そのピアノ専攻、そりゃ上手くなければおかしいだろ、と言うふうに考えてしまいますが、そう考える世間に応えて余るくらいの立派な演奏でした、きっと数年後には有名な演奏家になるんでしょうね・・・そういうのも出る発表会なんだ、知らなかった・・・でも、始めのうちはほんとにスリリングで・・・人生いろいろですね(笑)

と言うわけで、19:30くらいにそるぴー到着。1stセットが終わった休憩時間を狙ったかのように・・・(^_^; で、2ndセット。

守谷美由貴 as 石田衛 pf 池尻洋史 b 今泉総之輔 ds

なんというか、これがレギュラーカルテットの持つ意味かとあらためて感じさせる、パワフルな演奏で堪能しました。今まで見た守谷美由貴のライブで一番いいできだった(って、そんなにたくさん見てるわけじゃないんですけどね)。そるぴー常連さんの話によると、ドラムの今泉総之輔がガス欠で到着が遅れたとかでリハ無しだったらしいんですが、このレベルの人たちになるとそんなことはどうでもよくて、お互いにやることキチッと出し合ってしまえばすごい結果がでちゃうもんなんですねぇ。
「次の曲でラストですが、Tuck Box」とか言った瞬間に客全員で大拍手しているあたり、客の方もコアな守谷美由貴の常連ファンが集まってることがよくわかりましたが、ほんとに盛り上がったいいライブでした (^_^;

そう言えば、最近、今泉総之輔のブログ愛読してます、オススメです、なんと言っても、趣味基礎練、ドラムバカです、毎日熱くプレイしている感じがよく伝わってきます。今月末はそるぴー二連続出演とか、11月15日(火)はそるぴーでテナーサックスとのデュオをやるそうです。デュオだとますますヒートアップしそうでおもしろそうです。ブログ読んでるだけで、こんな熱いヤツが加わるセッションでつまんないことはありえないって思える、ジャズファンなら・・・いや、そうでなくても、誰もが要チェックのブログです!

さて、お勘定、ビール二杯飲んで2,500円、ほんとにお得です(昨晩のBoozy Muzeの半額(^_^;

今週もそるぴー行く予定です。

10月7日(金)は、前回、Bonanzaでいいプレイしていた高橋佳輝(bass)が気になるポイント。でもな~、こういう理由で見に行くときりが無いんで、ぐっと我慢して行かないかも・・・悩みどころですが、今週はサックスのレッスン休みなので行くべきかな、やっぱ・・・(^_^;

10月8日(土)は、駒野逸美(trombone) 若井俊也(bass) 柵木雄斗(drums)
pBONEが届いたら駒野逸美のサインをもらおうかと思ってたりして・・・(笑)
リズム隊は守谷美由貴で何度も見ている顔だし・・・でも、ようやく読めるようになったよ、マセキって(^_^; ところで、何やってるんですかね、このひと・・・(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月の気になるライブ(^_^;

今月、ちょっと気になっているライブは、この二つです。どちらも、花より団子的な関心ですが・・・(^_^;

10月22日(土)東中野セロニアス
日本酒の会
¥4,000
参加者は4合サイズの日本酒持参
司会,進行:小島のり子(fl)
高橋 聡(p)
鈴木 克人(b)

10月23日(日)池袋P's Bar
13:00~16:45 参加費:2,500円(たこ焼き等食べ放題付)
第10回たこ焼きカーニバル兼ジャムセッション
ホスト:若林美佐(b兼たこ焼き焼き師)、中野阿貴(pf)、石川祐子(per)

いろんな企画があるもんですねぇ・・・(^_^;

でも、とりあえず、10月は見に行きたいものが多いので、どうしたものやら・・・

p.s. ・・・しかも10/22には自分主催の蕎麦屋宴会が進行し始めてしまった・・・ハシゴ酒?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pBone出荷~~~

本日当店よりお送りさせて頂きましたのでご連絡させて頂きました。
と言うメールが来ましたが、その一時間前にクロネコヤマトから
お荷物のお届けについてお知らせします。
と言うメールが来ていたのですが・・・(^_^; しかし、明日は午前中は会議予定があるし、夜は池袋Somethin'にTower Stationを見に行く予定なので、受け取れないじゃ~ん・・・仕方が無いので泣く泣く、木曜午前受け取りにしました。pBone到着レポートは他の方よろしく~・・・(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/1: 宮脇裕子ランドスケープアンサンブル

大久保 Boozy Muze 
《Yuko Miyawaki's Land Scape Ensemble》
宮脇裕子 tp 守谷美由貴 as 上杉優 tb 福井亜実 pf 江川綾 eb 三科律子 ds

Boozy Muze、家から自転車で行こうかと思ったけど、初めての場所なので駐輪場所があるかどうかも気になるので、電車で出かけた。大久保駅の北口からはあっという間に着く・・・はずが、地図をうろ覚えで出かけたので曲がらずに通り過ぎてしまい、あらためて地図を見たら交差点渡って左折しなければならなかった(^_^;
中に入ると、とても立派な内装、たまに人に着いていって入るね~ちゃんのいる店みたいな感じで、一瞬、どないしようみたいな感じになったりして・・・でも、よく考えたら、演奏するのはみんなね~ちゃん達だから、そういう意味では合っているのか??(^_^;

実は三管フロントを期待して行ってみたら、今回は上杉優欠場で、みなさん顔見知りの人たちであった。

2ndセットで飛び入りでボーカルのmichikoとテナーサックスのUkoが参加して、三管体制に。

しかし、この名前だけの人たち、え、どこのUkoさんに、どこのmichikoさんなんですか、と言うわけで、突然、
「がんばれニッポン」が控えめにした五輪熱
なんかを思い出してしまったりしたのだけど(笑)

面識もなければ肉体関係もない赤の他人に対して、やっぱりいきなりの名前呼びはできないからだ。私は、彼女の名前が出る度に《「こゆき」と名乗ってるあの般若みたいな笑い方のタレント》と、何度でもそういうふうに言い直す。

でも、sax ukoとかmichiko jazzとかで検索すればちゃんと特定できました・・・私が知らなかっただけで・・・まあ、相変わらずジャズのことはよく分かっていない私である (^_^;

2ndセットでは、他にも、福井亜実のピアノソロがなかなか終わらないなあと思っていたら、守谷美由貴も不思議そうにしていたので、何か打ち合わせミスかなあと思ったら、そこからHappy Birthdayと言うことで、なるほど、そういう仕掛けか、と思ったり・・・

最近は知っている曲も増えて安心して聴けます・・・って、Song Of Flowerとか父母が浜とかが知ってる曲に入ってるのはあまり普通では無いかもしれませんが・・・そういう意味では、アンコールにClose To Youをやったのが意外だったでしょうか。

帰り、武蔵境での人身事故の影響で電車が遅れております・・・自転車で来れば良かったと大きく後悔したものの、意外に待たずに電車来ました、良かった、良かった。でも、JR東中野駅の大江戸線乗り換え口ふさがれていて遠回りでちょっと不便な感じになっちゃいましたね。駅の改良工事中ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

又: テルミンのレッスン

前回「続々:テルミンのレッスン」に書いたように、「家路」をやっていたのですが、それは7月で終わり、8月からは「星に願いを」(When You Wish upon a Star)です。クラシックからディズニーかよっ・・・と言う気もしますが・・・しかも、前回は家路クリアしたら好きな曲やっていいと言われていたような気もしますが・・・

それはさておき、この曲は、オクターブ飛ぶ音程、そして基準となるポジションが移動するところ、この二つがこの曲のレッスン上の大きなポイントです。

譜面は・・・なぜか手元のトランペットの曲集のものがそのまま使える・・・と言うことは、トランペットで吹くと原曲よりも長二度下を吹くことになるわけですが・・・

トランペットとかサックスの曲集は、移調されていることが多くて、原曲と実音が異なるものが多いみたいで、理由はたぶん二つありますね。出しやすい音域に移調するケースと、易しい運指に移調するケースで。たぶん、今回の理由は後者だろうと思います。

最近は自宅でスケール練習もしてますけど、使用している譜面はコプラッシュだったりして・・・トランペットの譜面の有効活用を図っております (^_^;

テルミンって、移動ドの概念が分かりやすい楽器のような・・・(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/30:大沢食堂のホルモン定食

大沢食堂でカレー以外のメニューを食べてみるシリーズ第二弾です(^_^;
第一弾の肉豆腐定食はこちら

意外にも辛いカレーが好きだという会社の同僚が、一度行きたいと言うので、またまた大沢食堂に出かけて、第一次激辛探検隊からの懸案事項であった大沢食堂のホルモン定食を食べてみました(^_^;

前回、肉豆腐定食を食べたときにはそれほど混んでいなかったのですが、この日はとても混んでいて、ごはんがなくなる事態が発生し、15分くらいかかると言われて、カレーラーメンにしようかとも思ったのですが、待ちました。

R0013233

肉豆腐定食の反省を踏まえ、今回は半ライス。辣油使ったピリ辛味付け。これも普通においしいです。極辛カレー食べ飽きたらトライしてみてください・・・って飽きるほど極辛カレー食べる人もいるのかな・・・

同僚は中辛。若い頃は激辛チャレンジしていたけど、年を取ったので無理はしないそうです。でも、食べ終えて、辛さに納得、いつか極辛にチャレンジしてみたいそうです(^_^;

先客の男三人組、二人が極辛を頼んだのに釣られて、三人目の若い衆も極辛挑戦していました。どうなるかなあと思っていたのですが、「今日は午後は仕事しなくていいですよねぇ」とか言いながらも若い衆も完食しておりました。三人で「胃の場所が分かる」とか、「汗が止まらない」とか言い合ってました、気持ちは分かる(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続々: テルミンのレッスン

続: テルミンのレッスンから一年後、それは5月の連休近い4月のある日、池袋コミュニティカレッジから電話がかかってきました。

「テルミンの講座に空きが出たのですが、どうされますか?」

以前は受講申し込みなどは現地に行かないとできなかったのですが、最近はインターネットから受講の申し込みができるようになっただけでなく、キャンセル待ちもできるようになったので、3月にキャンセル待ち申し込んでおいたんですね。思い起こせば、最初に竹内先生の講座を受講してから早2年、「どうされますか」と言われて他に選択肢があるのだろうか・・・(^_^;

と言うわけで、この5月から受講中です。

グループレッスンで、月曜の18:10~20:10、一人当たり15分のレッスンで、あとは他の人が演奏するのを見てます。すげ~うまい(音がピタッと合う)人もいれば、ときどき音程が不安定になってれれれと思ってしまうこともあるのだけど、当然ですが、私が一番へたくそですから~・・・

第一回目: 5/16
とりあえず、グーでドレミから。まあ、できるということで、手を広げるやり方に挑戦・・・って、ここまでは去年の島村楽器の体験レッスンでも同じことやったんだったなあ・・・
第二回目: 5/30
手を広げるやり方でドレミファソラシドがまあまあできるということで、蛙の歌が聞こえてくるよ♪
第三回目: 6/6
蛙の歌二回目♪
第四回目: 6/13
ドヴォルザークの家路一回目♪
第五回目: 6/20
ドヴォルザークの家路二回目♪
譜面が無かったのだけど、トランペットの教本に譜面が載っていたのを思い出したので持って行った。長二度下を弾けばいいのかと思っていたら、長二度上を弾くことになってしまった。C譜をトランペットで吹くときと同じなので大きな問題は無いけど。なんでトランペット譜の実音が低いのか考えてみたが、一番高い音が実音でE、トランペットだとF#になってしまうので、教本のこのページの部分ではまだ初心者向けなので出てこない高すぎる音だから低く移調してあるのだろうという結論。

本来は二週に一回くらいのはずが、先生が4月は体調が悪くてレッスンお休みだったので、四週連続のハードスケジュール、来週休みでその次は三週連続と言う変則的にレッスンが集中してしまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

au機種変更検討中

auから、WiMAXとテザリングとおサイフケータイに対応したスマートホンが発表されました。
おう、これで、[解約済iPhone 3GS]と[WiMAXルーター]と[おサイフケータイ]の三台を一つにまとめることができるではないかあと思ったのですが・・・

しかし、料金が全然よくわからんのですね、auのサイトを何度読み返しても・・・仕方が無いので、近所のauショップに行って話を聞いてきました。で、まず分かったことは

現在、ケータイ料金を払いすぎている(^_^;

でした。確かに、通話もメールも最近はあまり使っていないし、今後も使用頻度が増える見込みはなさそうなので(一番多用しているのはおサイフケータイ機能だったりして)、まずは契約変更しました。10月からの料金コース変更なので、11月からは安くなる予定。

さて、実際にスマートホンを使うことにすると、払わねばならない料金としては
- SSシンプル: 980円
- IS NET: 315円
- ISフラット: 5460円
- WiMAX: 525円
合計7,280円

これに端末代金の24ヶ月払いと月々割の差し引きで2,000円くらいかかると仮定して、月に9,000円~10,000円払うってことになりそうです・・・う~む、思ったより高いなあ

と言うか、今の払いすぎているケータイ料金が3,207円で、WiMAXが3,880円なので、合計通信費は7,087円。これが3,000円近く増えることに・・・その分、三台を一つにまとめられるし、WiMAXがつながらないところでもWIN HIGH SPEEDでつながるわけですから、利便性は向上するわけですが・・・いやはや、どうしたものやら。

それとIS11FとIS11Kのどちらにするかという問題もありますね。11月までいろいろ悩むことにします(^_^;

心配なのは、おサイフケータイの移行ですね。これがめんどくさそうだと思って、今のケータイを約4年使い続けている状況なので、ちゃんと移行できるのかなあ(^_^;

KDDIの株価を左右した「iPhone 5がauからほんとに出るかどうか」問題もありますけど、どのみちiPhoneにはおサイフケータイは望めませんし。解約済iPhone 3GSの機能で、未だに使い続けている、私にとって重要な機能は、メールチェックとFoursquareくらいのものなので、これはガランドロイドケータイでも十分。あとはiPadもあるから、解約済iPhone 3GSはそろそろ引退できるかもしれません。それから・・・土曜ワイド劇場のアプリケーションがAndroid用しか無いみたいなので、そろそろAndroid端末一台欲しいんですよう・・・(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月9日 - 2011年10月15日 »