最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年12月11日 - 2011年12月17日 | トップページ | 2011年12月25日 - 2011年12月31日 »

3ヶ月トピック英会話-歌って発音マスター~魅惑のスタンダードジャズ

NHK教育でやっていた「3ヶ月トピック英会話-歌って発音マスター~魅惑のスタンダードジャズ」・・・そう言えば35年くらい昔の話だけど、中学英語は簡単すぎてつまらなかったので、家では「テレビでフランス語」を見ていたのを思い出してしまいましたが、フランス語は身に付かず、番組の中で毎回出てくるシャンソンに心惹かれて、シャルル・アズナブールとかエディット・ピアフとかイブ・モンタンとかジョルジュ・ムスタキとかお気に入りだったりしたものだけど、この番組も似たような落ちになりそうな・・・と思いつつ、録画しておいたけど、結局、今頃まとめて見たりしているわけですね・・・

で、毎回、青木カレンが出てくるのはまあ良い。なんとなく、以前、代々木NARUで生で見た方がきれいだったような気がするのは気のせいでしょうか、そう言えばビルボードライブ東京でも見たことがあったような・・・(^_^;

あと、伴奏でピアノの若井優也が毎回出てくるのは私にとっては貴重な感じ。弟の俊也(bass)の方しか生で見たこと無いので(^_^;

森末慎二が英語の発音を指導されて、最後に歌うと言うのは、どうでもいい感じもするんですが、「1989年:第5回日本ジャズヴォーカル賞奨励賞を受賞(ジャズワールド紙主催)」とWikipediaに書いてあるように、ほんとにジャズ愛好家であるようですね。

で、ふと気が付いたのですが、こういう英語教育番組を作る前提として「ジャズボーカルって英語で歌うもの」という常識(?)があるわけですよね。

このあたりはクラシックに近いところかもしれません。オペラはイタリア語とかドイツ語とかで歌うもの、みたいな、ね・・・

日本人が作曲したオペラ「源氏物語」が英語で歌い上げるものだったりして驚いたこともありましたが(日生劇場に見に行ったのですが、その前に楊静のライブを見に行ったら、これにも出ると言うので予備知識無しで見に行ってしまったという素人観客だったもので・・・)、まあ、三木さんの場合には「日本の文化を海外に」と言う目標が先にあったようなので英語で歌うのは必然のような気もします。ある意味、脱ガラパゴスと言いますか・・・先日お亡くなりになったそうで、ご冥福をお祈りします。

さて、ロックの場合は、あんなものは日本語にできないだろう論争があったりして、ゴダイゴは英語の歌詞で曲を作って日本語の歌詞にしたり、サザンオールスターズが日本語を英語みたいに歌う逆のアプローチをやってみたり、70年代にはそういう紆余曲折あったけど、今では日本語で歌うのが普通になっちゃいましたよね。さびだけ変な英語を使う小室哲哉的アプローチ(?)も未だに残っているようですけど・・・

ラップも、出てきた当時は、あんなものは日本語にできないって言っていたもんですが、いつの間にやら日本語ラップが普通になってるわけで・・・

日本語でジャズ歌うのが普通にならないと日本のジャズマーケットって拡大しないかもしれませんね。でも、日本語でシャンソン歌ってもあまりマーケット拡大してないような気もするし、微妙なところでしょうか?(^_^;

|

Salesforceのイベントに申し込んだら・・・

先日は、Cloudforce 2011 Japanにご来場頂きまして誠にありがとうございます。
と言うメールが全く知らない会社から来ました。その会社の製品紹介セミナーの案内メールです。

Cloudforceの中で、Herokuのセッションがあるみたいなので申し込んでみたんだけど、体調が悪くて結局行けなかったのですが、行ったかどうかのチェックはしてないのかな、Salesforce。メールアドレス集められればOKなのかも・・・

それはともかく、確かにSalesforceパートナーからのメールも受け取ると言うチェック項目は付けたままにしておいたような記憶はあるのですが、全く知らない会社から直接メールが来るとは知りませんでした。Salesforceパートナーが何社あるのか知りませんが、その全社にメールアドレスが渡っているってことですかね・・・普通はその会社からの案内をSalesforce経由で出すもので、メールアドレスそのものはSalesforceから外には出ないものかと思っていたのですが・・・

|

11/27: 吉野ヶ里

いや~、吉野ヶ里、初めて行きましたが、なんて広いところなんでしょうね。これだけの土地にこれだけのものを復元して観光地にしているのはすごい・・・けど、それまで佐賀のこのあたりにはたいした観光名所が無かったから張り切りすぎちゃったのかもしれませんが(^_^;

R0013660
こんな感じで櫓とか家とかたくさん作ってあるし・・・

R0013657
ひとつひとつ覗いて回るとけっこう大変です。入り口が低くて、毎回腰をかがめないといけないし・・・でも、中に入ると意外に快適な空間がひろがっていたりして。中には人形がおいてあったりして、いろいろ作り込んであります。

R0013656
弥生時代の兵士になってみました・・・

|

11/27: 仁比山神社(佐賀県・神崎市)

三瀬で蕎麦を食べて、吉野ヶ里に行く途中、仁比山神社に寄りました。

R0013647

R0013648

紅葉の名所だそうです。時期的にもちょうど見頃な感じでした。

ここは神社のすぐ近くに駐車場があるのですが、あまり広くないので、満杯になっており、それにもかかわらず、表通りから入り込む通りの交通整理は全く行われていないため、神社そばの駐車場(検索してみたところ、仁比山公園内駐車場というらしい)を目指して車の列ができており、結局停めることができずにUターンして、表通りに沿ってしばらく神埼市内側に寄ったところの道路脇に駐車することになりました(^_^;

|

11/27: 佐賀市駅近辺の恵比寿様

佐賀市内には恵比寿様がたくさんいらっしゃるのだそうです。早朝、ホテルを出て佐賀城址近辺まで散歩したところ、街角などにほんとにいろいろな恵比寿様がみつかりました。

R0013614_2


R0013616_2


R0013617_2


R0013619_2


R0013630_2


R0013634_2


|

« 2011年12月11日 - 2011年12月17日 | トップページ | 2011年12月25日 - 2011年12月31日 »