最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« "Ba-lue Bolivar Ba-lues-are"はどう発音すべきか | トップページ | 1/8:The Asian Boppers(そるとぴーなつ) »

1/7:第34回フルートフェスティバル(すみだトリフォニーホール)

知り合いが出ると言うので、第34回フルートフェスティバルに行ってきました。

ハコは錦糸町のすみだトリフォニーホールです。

トリフォニーホールに向かう途中、何か写真撮っている人たちが居たので、何だろうと思ったら、錦糸町からほぼ真北にスカイツリーが立っているので、その写真を撮っているところでした(^_^;

さて、フルートフェスティバルですが、何というか、とてもすさまじいイベントで、ステージの上に並ぶフルートの数にひたすら圧倒されるというイベントでした(笑)

オープニングがプロアマ交えての250人近いフルートオーケストラで、ステージ上だけでおさまりきらず、パイプオルガンの段にも7人くらい並ぶと言う状態で・・・

ステージ奥の方にはコントラバスフルートとかダブルコントラバスフルートとかも立ってるし・・・よく考えてみたら、そんなに無理して低音までフルートでやらなくても良さそうな気もしますが、そこをフルートでやってしまうのも確かにおもしろいところですよね。今回はとにかく全部フルート、右を見ても左を見てもフルート、そういう状態になっているのが売りでしょう。例外として、コントラバス一人。

こんなにたくさん居ると、知り合いの顔なんか分かるわけ無い・・・はずだったのですが、なぜか、私の目の前で吹いていました。自由席だったので、最近目が悪くなったから前の方に行くかと思って前の方に座ったのですが、右前方で正解だったとは (^_^;

その後もプロのみの演奏など堪能しましたが、途中、後の方からいびきが聞こえるのには参りました・・・ジュニアの参加もあるのでご家族の方々が来場されていたのでしょうけど・・・工藤重典の流麗なソロの時には静かにしておいてほしかったなあ、と(^_^;

そして、今にして思うとステージ上のフルートの値段合計がどれくらいになるのかも気になるところでしょうか、だって、一本50万平均で200本としても1億円ですから・・・

最初から最後まで、フルートだけの演奏でなかなかおもしろかったので、来年もまた見に行きたいところです。来年は2013年1月14日(月・祝)五反田ゆうぽうとホールだそうです。

|

« "Ba-lue Bolivar Ba-lues-are"はどう発音すべきか | トップページ | 1/8:The Asian Boppers(そるとぴーなつ) »