最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 4/10:上杉優Group(大塚ドンファン) | トップページ | 4/13:守谷美由貴カルテット(そるとぴーなつ) »

カーブドソプラノ始めました(お手入れ編)

エルクハートのカーブドソプラノ(ブラックニッケル)には、最初から、管体に挿す形のスワブが付いているようです。これはキャップ兼用なので、管体に挿してそのままケースに収納するわけです。

たぶん、これのカーブドソプラノサックス用です。

H.W パッドセイバー アルトサックス用

H.W パッドセイバー アルトサックス用
価格:4,250円(税込、送料別)


でも、これは、THE中古楽器屋のサックスお手入れ解説

管内に水分を溜め込んでしまい、楽器の中は常に湿度が高い状態に!さらに数ヶ月経つと《ファサファサ》部分がほつれてきて楽器やケースが糸くずだらけ。タンポを痛める原因になってしまいます。
と書いてあったのを記憶していたので、使わないで済ませる方が良さそうだと思い、スワブも買うことにしました。

迷わず選んだのが、これ。

これは、ソプラノサックスでもスワブを抜けます(^_^;

これまでのスワブでは、途中まで突っ込んだら、無理して引き抜こうとすると詰まってしまうので、今度はホーン側に抜くと言うのが基本でした。これはスワブ自体が厚みを持っているからです。このヤマハの新しいスワブは、薄い吸水布なので、最後まで通しても詰まることがありません。

|

« 4/10:上杉優Group(大塚ドンファン) | トップページ | 4/13:守谷美由貴カルテット(そるとぴーなつ) »