最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 小埜涼子/Undine | トップページ | キース・ティペット来日公演・・・ »

Bach Artisan Mouthpiece購入

5/4: テッド・ワゴナー氏 BACHを語る2012」の後、発売されてからも、仕事が忙しかったりで、なかなか実物を拝む暇がなかったということもあり、興味はあったものの、手を出していなかったBach Artisan Mouthpiece。

トランペットステーションの通販
で買おうかと思ったこともあったのですが、1C売り切れ状態が続いていたので、注文できず、その後、1Cが入荷したのはチェックしたんですが、発表会が近いこともあって、新しいマウスピースを試すよりも、おとなしく練習に励むことにしようと思って・・・でも、仕事が忙しかったりで、あまり練習もできずに本番に臨んでしまって、その割にはできが良かったので、それはそれで、めでたし、めでたし。

以前、「トランペット・マウスピース遍歴」を書いたときから、YAMAHA 18B4NCを使い続けてきたのですが・・・実は発表会用の曲を練習しているときに、Bach 1Cの方がコントロールしやすいことに気が付いたので、練習時にはずっとBach 1Cだったのです。で、本番前日に音色の問題で18B4NCにしようかと気の迷いが生じ、最終的に1Cで本番に臨んだ・・・つもりだったのですが、後で見たら18B4NCを使っていました。金管プレイヤーにしては、マウスピースにこだわりがあるのかないのか、いい加減な私です。

さて、たまたま、仕事の用事でお茶の水に行くことになった帰りに、つい、ふらっと下倉楽器に寄ってみたら、Artisanの1Cがあったので、とうとう買ってしまいました。どのみち、楽器に付けてもすぐには善し悪しが分からないことが多いので、興味があればしばらく吹き込んでみてから、判断することにしてるんですが・・

なぜか、こやつは、楽器に付けて吹いて、すぐに、「よし、これで行こう」と言う気がしてきました。18B4NCとBach 1Cの間くらいに位置づけられそうな感触で、音色とコントロールのバランスが良い感じ。しかも息の入り具合もスムーズなような・・・

1年半ぶりにマウスピース主役交代です。

でも、先生に言わせると、Artisan Mouthpieceは、Artisan Trumpetと合わせるのが一番なのだそうです。試してみたいけど、Artisan Trumpetまで購入する羽目になるとたいへんだなあ・・・

|

« 小埜涼子/Undine | トップページ | キース・ティペット来日公演・・・ »