最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 2011年12月25日 - 2011年12月31日 | トップページ | 2012年1月8日 - 2012年1月14日 »

新春お好み囲碁対局

箱根駅伝は録画していなかったんですが、NHK恒例の新春お好み囲碁対局は録画していました。

[タレント→プロ→タレント→アマ高段者→]の順で回る連碁、プロとアマ高段者はまともな手を打つに決まっているので、見所はタレントがどれだけまともに打つか、あるいは乱れるかと言うところなんですよね。

五手ずつ交代で打つので・・・

白の方が有利そうだということに気が付きました。プロまたはアマ高段者の白番の最後の手で対応が難しい手を打つと、次の手番がタレントの黒番なので、ミスや緩着を誘いやすいはずです。

元AKB48の戸島花が囲碁ドルだそうで・・・序盤の下辺の黒の時には少しハラハラしましたが、中盤は左辺に食い込んでうまく打ったというか加藤夏希が受けそこなったというか・・・それなりに無難な打ち回しをしていて、加藤夏希との腕の差があったような気がしますね。囲碁ドル名乗る腕の価値ありと思いました。

他方、辰巳琢郎vs北山陽一に関しても、やや北山の方が弱かったか・・・というわけで、総合的にはタレントは白番の方が弱い感じ。これも手順的には白番が有利そうなことを勘案して、こういうバランス配分なのかもしれません。

結果的には、辰巳琢郎が最初から最後まで局面を引っ張ったと言っても良さそうです。

序盤、下辺の黒を窮屈な立ち回りにしたのは辰巳の棋風による手抜きの打ち回しのせいですが(二線、三線に打ちたくないというのはいいとは思いますけど(^_^;)、なぜかそれを丸く収めたのが戸島(と加藤との棋力の差かもしれませんが)。

中盤、右上隅では北山がポイントを稼いだので、それぞれいいところはありましたね。

終盤、下辺で一騒動起きそうになったのも辰巳の受け損ないから始まります。でも、ぎりぎりで踏みとどまるところがえらいというか、その気迫に北山が押され気味になってしまった感はありますね。タレントに期待されるのは適切な打ち回しよりは局面を大きく展開させる波乱の演出、そう考えれば期待に添っている結果を出しているのは辰巳vs北山の対局部分のような・・・

とは言え、戸島の比較的安定した打ち回しを鑑みると、今後のNHKの囲碁番組にも戸島花の起用を期待したいところかもしれませんねぇ・・・(^_^;

|

7spot

7spotが始まると言うので、会員登録だけはしておいたのですが、12月は風邪気味だったこともあり、全然使っていなかったのですが、12/1からAKB48の壁紙ダウンロードしているのは知っていました。もっとも、5,6人しか顔と名前が一致しない、普通のおじさんなので、そんな壁紙には全く興味はありませんでした。とは言え、12/22に7spotからメールが来て、「本日の壁紙は板野友美」とか書いてあったので、「と言うことは、23が大島優子、24が前田敦子、25が12人全員かあ」と思ったので、23日から三日間、確認のために家の近所のセブン・イレブンに行ってみたら、ほんとにその通りだったので意外性はありませんでした(・・・何を求めていたのか自分でもよくわかりませんが)。

で、実際に使ってみて思ったんですけど、私自身はあまりセブン・イレブンに・・・というか、コンビニに長居する習慣が無いので、無線LANが使える利点ってあまり無いような気もします。と言うか、要するに「手早く必要なものだけ買って帰る」一連の時間の中に、無線LANに接続したいと思うタイミングが今のところありません(^_^;
iPhone見ながら家に帰る途中で、セブンイレブンの反対側の道を歩いていても、7spotに接続されてしまうこともありますけど(^_^;

ただ、西武百貨店(池袋)でも使えるというのがほうがありがたい感じです。リブロの中でも接続できるのは確認しました。WiMAXがつながらないエリアなので、Foursquareでチェックインするのに便利とかいう程度の話ではあるんですが・・・

それから、会社に行く途中の巣鴨駅南のセブン・イレブンには7spot入っていなかったので、会社周辺はダメかと思っていたら、会社の最寄りのセブン・イレブンやデニーズには入っているようです。デニーズはありがたいかもしれませんね。

|

CF-Y2

田舎の正月、リビングでテレビ見ながら仕事・・・って、なかなかiPadではできないので・・・古いノートPC(CF-Y2)を使おうかと思って持って帰ったのはいいんですが、古いSolarisを入れていたので、一度Windowsに戻そうかとリカバリーDVDで戻してみたら、Windows起動時にブルースクリーンが出るので、仕方なく何もせずに東京に持ち帰りとなってしまいました。

東京で何度かやってみたけど、やはりブルースクリーンが出る・・・んですが、すぐにリセットかかってしまって、何が悪いのか全然分かりません。仕方が無いので、iPhoneのビデオで撮影してみたんですがiPhone上でその瞬間に停めるのが難しかったので、DropBox経由で一度PCに持ってきて、TMPGEnc Video Mastering Works 5で該当箇所を眺めてみたら、DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUALと表示されていて、一番下の方にはNDIS.sysがエラーを吐いているようだったので、ネットワーク関係のハードがおかしいと推定。BIOSで有線LANと無線LANをそれぞれOFFにしてから起動するとOK、その後、有線LANをONにしてもOK、無線LANをONにするとNGだったので、無線LANのハードウェアが壊れているということなんでしょう・・・そんなもんが壊れるとは・・・

ノートPCなので無線LANで使いたいわけなんですけど・・・USB経由で無線LAN使うことになりそうです。

|

最近のWOWOWのiEPGデータがドイヒーと思う

昨年の10月以降のWOWOWチャンネル再編に伴う変更だと思うのですが、気が付いたのは12月になってから、という間抜けな話もあるんですが・・・・

BD/HDDレコーダーで、HDDに録画して、見終わったらBDに保存してます。まあ、普通、ですよね。

それがですね・・・CSIシリーズとか、だいたい一話45分なんですけど、最近録画したものは一話60分になっているんですよね。ドラマ本体部分は45分なんですが、それが終わってから次の番組が始まるまでの間に流れる番組宣伝の部分が余分に15分も録画されてるわけです。気が付かずにBDに保存した分は、要するに以前より録画時間は3割増しになって、その分、BD-R一枚に録画できる話数が減って・・・と言うことになっていました。なんか、すげ~くやしいような気がするのはせこいでしょうか?(^_^;

12月からはHDD録画したものを見終わったら、HDDレコーダー上で番組部分消去を毎回やってます。BDに移すときに忘れるといけないので、見終わったら部分消去。

で、HDDレコーダーの編集機能、かなりかったるいので、困ってます。まあ、編集機能がダメダメなのはWOWOWのせいではなく、Panasonicのせいですが(^_^;

ともかく、45分番組三話の部分消去すると、HDD上でも45分番組一話分の空きが増えるわけで、部分消去を豆にやらざるをえないところに追い込まれてます。

でも、なんか納得いかないんですよね、CM入らないのがWOWOWのいいところなのに、番宣部分をiEPGに入れる必要性って何?

# 世界一ドイヒーな番組の影響受けてドイヒーなんて使ってしまった・・・

|

箱根駅伝

田舎に帰ると暇で・・・

12/31: 紅白
1/1: 実業団駅伝
1/2: 箱根駅伝(往路)
1/3: 箱根駅伝(復路)

が定番コースになってしまいます。

紅白、長過ぎちゃって、最近は見たくないんですが、田舎はチャンネル数が少ないので、裏番組もろくなものがありません。最近はBSデジタルもあるので、多少は選択肢は増えているはずなのですが・・・

まあ、それはともかく、正月三が日は駅伝三昧です。

とは言え、実業団駅伝は、毎回、アフリカ人選手を入れているチームが勝つので、我が家では不評です。日本人だけの編成でこのところ優勝から遠ざかっている旭化成の地元の県という特殊事情もありますけど。

と言うわけで、本題の箱根駅伝。これまで、田舎では復路しかテレビ放映されていなかったので、BSデジタルで夜中にダイジェスト放送をするのを見たりすることが多かった往路。しかし、今井→柏原と続く、5区ごぼう抜きの魅力にようやく地元の放送局も気が付いたようで、昨年から往路も12時から放映するようになりました、要するに4区から5区にたすきが渡されるところから芦ノ湖まで・・・ほんとに5区だけ中継するんですが、これも柏原のおかげで田舎での箱根駅伝の放映枠が増えたと言うことになります。(でも、柏原卒業で、来年からはどうなるのかな、第三の山の神の出現を期待します。やはり福島出身が上り坂には強いのかなあ・・・)

東洋大は会社の近所なのでなんとなく親近感もあります。でも、今年の東洋大は全体的に圧倒的に強くて、柏原がごぼう抜きすることもなく、大差で往路も復路も走り続けたので、絵的には2位争いとかシード権争いとかの方がおもしろかったりする展開でしたかね。来年は駒澤大も楽しみな感じですかね。そして、卒業した選手たちの方も何人かは実業団駅伝に出て1/1に見覚えのある顔が走ることになるのも楽しみですね。

いくつか駅伝そのもの以外で今回おもしろかったのは、スマートフォン向けのサービスとして日テレのWebサイトでやっていた、Googleマップ上に運営管理車の位置を表示するサービスですかね。テレビ映像見ている以上に全体の位置関係を把握しやすくておもしろかったですね。

今回は、たまたま、田舎から戻る飛行機の便が復路の放映時間と重なっていたので、途中経過は空港のテレビで見たり、ケータイのワンセグで見たり、地下鉄ではiPhoneで調べたりしながら、家に帰り着いて、最後の30分くらいだけ自宅のテレビで見るという、こちらも様々なメディアをバトンタッチしながら見てしまいました。便利な世の中です。

|

12/18:佐藤達哉 LIVE(そるとぴーなつ)

12/18:佐藤達哉 LIVE(そるとぴーなつ)

佐藤達哉高内春彦

前日、マスターから執拗に誘われたので、当初は見に行くつもりは無かったのですが、ついつい、出かけてしまいました。

もっとも佐藤達哉は私も前から気になっていて、一度は見てみたかったんですけどね。

なんというか、さすがにベテランプレイヤーらしい、余裕のあるセッションで、気負わず、リラックスした雰囲気の中で、やることはきっちりやりつつ、MCはいろいろ落としどころがあったりして・・・素直に楽しめました。それから、けっこう、サブトーン多用して渋く決めていたのもポイントですかねぇ。ジャズって、テナーは渋く決める、アルトは豪快に攻めるというのがいい感じですかね。

ちなみに、佐藤達哉もカドソンを使っていて、カドソンのサイトに載っているのは私も以前からチェック済でした (^_^;

私がサックスのライブ聞いているなかでのカドソン率はかなり高い・・・のは、単に守谷美由貴を見ている回数が多いだけではなく、村田浩と一緒にやってる岡田嘉満もカドソン使っていると言うこともありますね。今、「サックス買うならどこのがいい?」と友達に聞かれたら素直にカドソンと答えてしまいそうです (^_^;

|

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

昨年は、ちょっとそるぴー通いしすぎたかなと反省しつつ、心機一転、今年も1/6からそるぴーに通う予定です。なんのこっちゃ。

と言うわけで、今月行く予定および気になっているライブは、こんなところです。

1/6: 駒野逸美(そるとぴーなつ)
1/7: 第34回フルートフェスティバルin東京(すみだトリフォニーホール)
1/8: The Asian Boppers(そるとぴーなつ)
1/10: 市原ひかりGroup(池袋Apple Jump)
1/13: Room56(そるとぴーなつ)
1/14: 小松悠人カルテット(池袋インディペンデンス)
1/20: 守谷美由貴カルテット(東中野セロニアス)
1/21: 橋爪亮督+佐藤浩一(そるとぴーなつ)
1/25: California Guitar Trio with Tony Levin(ビルボードライブ東京)
1/26: 伶楽舎雅楽コンサート(四谷区民ホール)
1/28: 野本晴美トリオ(そるとぴーなつ)
1/28: 守谷美由貴トリオ(池袋インディペンデンス)
1/29: たこ焼き-若林美佐(池袋P's Bar)

全部行くと13回か・・・異常ですね、半分くらいにしておきたいとは思うのですが、既にチケットを買ってあるもの(太字)もあるので、どうなることやら・・・

|

« 2011年12月25日 - 2011年12月31日 | トップページ | 2012年1月8日 - 2012年1月14日 »