最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

« 2012年4月8日 - 2012年4月14日 | トップページ | 2012年4月22日 - 2012年4月28日 »

2/2:安カ川大樹セクステット(赤坂B Flat)

2/2:安カ川大樹セクステット(赤坂B Flat)
安ヵ川大樹(b), 西口明宏(ts), 市原ひかり(tp), 駒野逸美(tb), 堀秀彰(p), 橋本学(ds).

予約して行ったので、席はトロンボーンのスライドが伸びてきたら届きそうなところです。いや、実際には届かないけど・・・

この豪華三管フロント、個人的には大のオススメなので、もう少し見に来る人が増えるといいなあと思い、今回は、昔トロンボーンを吹いていたという友人を一人誘って行きました。彼も駒野逸美ファンになったので、またそるぴーのライブなどに誘ってみようと思っています。

次回の安カ川大樹セクステットは4/28(土)なので、そるとぴーなつとダブっているので、行けない(笑)んですが、5/22(火)はインディペンデンスの守谷美由貴トリオと重なっているので、やっぱり行けないかも・・・

|

1/28:野本晴美トリオ(そるとぴーなつ)

1/28:野本晴美トリオ(そるとぴーなつ)
<出演>
野本晴美(piano)
織原良次(fretless bass) 今泉総之輔(drums)

と言うわけで、ベースとドラムは、それぞれ、いろんな組み合わせで何度も見たことがあるけど、ピアノは初めて見る私です。

そるぴーマスターの一押しピアノトリオ・・・の一つ(笑)。いや、ほんと、マスターの一押し、たくさんあるんですが・・・一押しかどうかを見分ける客観的な判断基準は、そるぴーで二ヶ月に一回やるかどうかですかね。基本は三ヶ月に一回なんですが、特に一押しは二ヶ月に一回ブッキングしちゃうようです。

この日は前のテーブル席の左側(つまり、ピアノのすぐ側)で聴いてきました。ピアノも堪能しましたが、ピアノ・トリオ構成の時は、総之輔のドラムも前に設置されているので、音の圧力はなかなかすごい迫力です。

次回のそるぴーでのこのトリオは5月27日(日曜)です。間隔が、四ヶ月になっているのは、3月には野本晴美DUOをやっているからなので・・・(^_^;

|

けっこう使える公衆無線LAN-part 2

江古田のラーメン屋、一心軒では、Wi2 Premiumにつながります・・・が、これは、一心軒にWi2のアクセスポイントがあるからではないようです。Wi2のマップ情報で見たところ、一心軒の2階にあるアウトテイクにアクセスポイントがあるようです。

この、アウトテイクにあるWi2や、マクドナルドのmobilepointは、江古田駅のホームからもつながります。とは言え、ホームからこれらの店の建物が見えるあたり限定です。上りのホームからつながっているときに、通過電車が通ったら、接続が切れることもある程度の電波の強さですが・・・(^_^;

千石駅にあるドラッグパパスでは7spotが入りますが、これは二階のデニーズのものです。7spotの場合は、必ず接続先の店のサイトにつながるので、どの店のWiFiを拾っているのか確認できます。江古田駅南口のセブン・イレブンの隣の居酒屋まんま家でも、隣のセブン・イレブンの7potを使えます。

こんな感じで、設置店舗から漏れているWiFiにつながるポイントを探すのもおもしろいなあと思っているところです。

|

もし僕のパパがロックスターだったら~コネと七光と醜聞と

「もし僕のパパがロックスターだったら~コネと七光と醜聞と」と言うタイトルだけだったら、実は、それほど興味を引かなかったかもしれないのだけど、著者名が「ゾーイ・ストリート・ハウ」だったので、スティーブ・ハウとの関係があるのか気になって、手に取ってみた次第。確かに関係があった・・・・スティーブ・ハウの息子、ディラン・ハウの奥さんであった(^_^;

イエスの来日公演のある今週、タイミングとしては不思議なものですな


ミュージシャンをやっている、ロックスターの子供たちは、 「ところで、パパ、元気?」と言われることが多いらしい。

夫のディラン・ハウのライブで、悪気なくこう尋ねる多くのファンを目にしてきたからだ。彼らはディランをとくに好きではないけれど、プログレッシブ・ロックのスーパーグループ、イエスの名ギタリストで父親のスティーヴ・ハウのファンなのだ。

イギリスよりもアメリカのファンに多いそうです、このタイプ。でも、日本のマニアにも多いかもしれないけど、たぶん、子供たちの方が日本に来て演奏する機会が、親よりも圧倒的に少ないだろうから、顕在化しにくいだろう(^_^;

スティーブ・ハウに、「ところで、息子さん、元気?」と誰か聞いてみてください・・・

|

けっこう使える公衆無線LAN

前に書いたように、BIC WiMAXのホームルーターを導入したわけですが・・・

WiMAXの契約で、UQと直接の場合には、使える公衆無線LANのエリアがUQ WiFiと、Wi2のwifi_squareだけなので、比較的利用範囲が限定されています。しかし、ビックカメラやヨドバシカメラの契約では、Wi2のアクセスポイントが使えるので、けっこう利用できる範囲が広いわけです。

しかも、7spotはセブン・イレブンだけでなく、池袋西武百貨店やリブロでも使えます。今後はローソンもWiFiやるそうなので、今まで作っていなかったPontaも登録してしまいました。

と言うわけで、最近の駅前等では、WiMAXルーターの電源を入れる前にWiFi接続を確認するようになってしまいました(^_^;

で、Wi2の接続、普通に使うと、無線LANに接続した後で、ブラウザ経由でログインしなければならないので、ちょっと手間がかかるんですが、利用する端末のMACアドレスを登録しておくと、パスワード入力する手間が省けるんですね。

そこで、MACアドレスを登録しようとしたところ、

他ログインIDの方が、既にかんたん認証(MACアドレス認証)の対象として登録されています。
と言われて、登録できません。

以前書いたように、既存契約にWiMAXホームルーターを追加するよりも、既存契約を解除して新規にWiMAXホームルーターを購入する方が安いわけです。そこで、既存契約を解約した際に、附属のWi2の契約も自動的に解約されてしまっていたわけですが、なぜかそこで登録していたMACアドレスだけは削除されていなかったようです。

そこで、Webのサポートフォームから問い合わせをしたところ、3/30(金)の夜に問い合わせをして、4/3(火)のお昼に

MACアドレス登録ができない件につきまして、私共にて新規IDにてMACアドレスをご登録頂ける状態とさせて頂きましたのでご連絡させて頂きます。

と言う連絡が来て、無事にMACアドレスを登録できるようになりました。解約して即、再契約するユーザーは想定されていないということなんでしょうかね。解約アカウントは即時停止するけど、解約アカウントのデータ自体は月末に月次処理でクリアすると考えると、、月末も近いときに問い合わせしたので、サポートは実は何もしなかったのではないかと勘ぐったりしているところです (^_^;

そういうわけで、外出時のWiMAX利用率が下がってきたようです。

|

LifeTouch購入

長年、ATOKを使い続けていると、いつの間にか「ジャストシステム製品登録数30製品以上」に該当するようになってしまい、あまり買わないのにプラチナ会員とか呼ばれてしまって、頻繁にジャストマイショップからメールが来るようになってしまいました。はっきり言って、ちょっとメールの数、多すぎるような気もするけど・・・・(ほぼ毎日のように来るんですよね)

しかし、しか~し・・・

【82%OFF】NEC社製国産Androidタブレット「LifeTouch(ライフタッチ)」
ご優待価格 8,979円

と言われますとね・・・iPhone/iPadしか使ったことが無いので、そのうちいつかはAndroid端末も、と言う物欲にかられて、即座に注文・・・バカですね、足下見られてますね・・・・

1,000ポイントも充当して、7,979円にて購入できました。NEC製なのに、秋葉原で売ってる怪しげな中華製タブレットより安いんですから、ま、いいんじゃない?と自分に言い分けする次第。

値段が値段ですから、あまり文句言っても仕方無いところですけど、今のところの印象はこんな感じ。


  • タブレット自体は感圧式なので、iPhone/iPadに慣れていると、ちょっと操作しづらい・・・スタイラスが附属しているのは、そのあたりを考慮してのことか

  • 液晶は視野角が狭いので、電車の中で脇からメールをのぞき込まれると言うことはなさそう

  • 充電が附属のACアダプタ経由でしかできないのは、ちと不便、何のためにUSBポートが付いているのだ・・・

  • Gmail Appは、アーカイブと削除が分かれているのでありがたい(iPhone/iPadはデフォルトでGmailアカウントに対応しているのに、ゴミ箱ボタンをアーカイブか削除のいずれかにしか指定できないので意外に不便)

と言うわけで、当面、Gmail処理用端末として活用してみようかなあと考えているところです。

|

1/25:California Guitar Trio+Tony Levin(ビルボード東京)

そもそも、私はロックオヤジであるにもかかわらず、久々のロック系のライブに行きました。

以前、リック・ウェイクマンが来日したときにビルボート東京の会員になって以来、自動引き落としで年会費を毎年落とされている割には、あまり行ってなかったりするわけで・・・そろそろ会員やめようかなと思う頃合いに、なぜか見に行きたいものがちゃんとスケジュールされてくるとは、おそるべし。

と言うわけで、会員予約で指定席にしたので真ん中あたりのテーブル席。開場時間に来ることができれば、自由席の方がステージ寄りに行けるので良いのですが、平日、あまり早い時間から行けるかどうか分からない場合には指定席の方が安心感はあります。

緊張感のある曲と、力を抜いて聴ける曲をバランス良く配して、21世紀のずんどこ節もやったりして、相変わらず楽しいステージでした。

Boemian Rhapsodyはsing along timeだったのですが、日本人はあまり大声では歌わないので・・・でしたが(^_^;
ま、自分としては、意外に歌詞をよく覚えていたな、と思ったりしました。

Blockhead Walk Don't Run Melrose Avenue Punta Patr Turn Of The Tide Cathedral Peak Prelude Circulation Passacaglia Misirlou Echoes Chacarera Improv Andromeda Eve Bohemian Rhapsody

-Encore-
Zundoko-Bushi

|

« 2012年4月8日 - 2012年4月14日 | トップページ | 2012年4月22日 - 2012年4月28日 »