最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年4月15日 - 2012年4月21日 | トップページ | 2012年4月29日 - 2012年5月5日 »

4/26:そるとぴーなつ

正確にはライブじゃないんだけど、4/26(木)、トランペットのレッスンの帰りに、雨が降っていたので、かばんかえ折りたたみ傘を出すのもめんどくさいから、そるとぴーなつで一杯やっていこうと思って入ってみたら、

4月29日(日,祝)18:00~20:30(2セット)

松岡俊輔 TRIO LIVE

<出演>
松岡 俊輔(bass)
長嶺絵梨(piano) 本田珠也(drums)

のベースとピアノの2人が練習していました。そう言えば、松岡俊輔、江古田在住とか言っていたっけ。
練習なので、ミュージックチャージは要らないと言うことで、なんか、とってもお得な感じだったかも・・・練習と言っても響いてくる音は心地良く、おかげで、一杯だけじゃなくて、二杯飲んでしまったのは想定外でしたが (^_^;

そういうわけで、連休始めの日曜日、お出かけの予定の無い方は、ぜひ、そるとぴーなつへ松岡俊輔 TRIO LIVE見に行きましょう。こんなにマジメにやってる若者たちと、ベテランドラマーの組み合わせなので、オススメ間違いなし。

で、帰りがけに、江古田バディでのライブを終えた

辰巳哲也Quintet+1

辰巳哲也(tp) 三塚知貴(tb) 宮嶋みぎわ(p) 寺尾陽介(b) 勘座光(ds) Guest from NYC

の方々が飲みに来たりして(これもおもしろそうだとは思ったのですが、レッスン時間と重なっていたので見に行けなかった)、雨のバー営業日にしては珍しく、この日のそるとぴーなつは賑わっておりました。

で、結局、雨は止んでなかったので、かばんから折りたたみ傘を出すしかありませんでしたが・・・

|

3/11:纐纈雅代カルテット(そるとぴーなつ)

3/11:纐纈雅代カルテット(そるとぴーなつ)
纐纈雅代(alto sax) 井上 銘(guitar) 若井俊也(bass) 柵木雄斗(drums)

相変わらずカラスの結婚式とか不思議な曲名の曲をやったりしていて、妙に引きこまれてしまう纐纈雅代のサックスの世界を楽しんできました。

纐纈雅代はだいたい三ヶ月に一回くらいのローテーションでそるとぴーなつに来るみたいですが、若井・柵木コンビは、そるとぴーなつでは他のトリオやカルテットでもよく見る売れっ子コンビ。井上銘は自分のカルテットでアルバムも出している若手では名の通ったギタリスト。

フリーにやや寄っているけれども、完全なフリーまで行ってないあたりに留まってくれていると言う感じなんですかね~、そのおかげで、私としてはついて行ける範疇なのだろうと思っているのですが・・・

でも、一度は、秘宝感を見に行かないといかんかなとは思ってます、ついて行けるんだろうか・・・(^_^;

次回のそるとぴーなつでの纐纈雅代カルテットは、6/3(日)、楽しみにしています。

|

3/4:原川誠司カルテット(そるとぴーなつ)

3/4:原川誠司カルテット(そるとぴーなつ)

原川誠司(alto sax) 宮川 純(piano) 高道晴久(bass) 田村陽介(drums)

Asian Soul Boppersのライブで二回見ている原川誠司、満を持しての(?)そるとぴーなつでのリーダーライブと言うことで、楽しみにしていました。

MCで一番笑ったのは「きゃりーぱみゅぱみゅを旨く発声できない」話でしたが、それ以外にもメンバー紹介で宮川純を「Jと呼ばれてます」と言ったところ、本人はそう呼ばれるのがいやだということが判明したり・・・(^_^;

演奏の方は期待通り気持ちよく、次回も楽しみです。マスターが気に入っているのでたぶん二ヶ月後くらいだろうと思ったら、5/4(金)にやる予定です。ぜひ行かねば、と・・・

さてさて、ようやく3月の話になったけど・・・先は長いなあ・・・

|

2/29:村田浩&THE BOP BAND(赤坂B Flat)

2/29:村田浩&THE BOP BAND(赤坂B Flat)
村田浩(tp), 岡田嘉満(ts), 紅野智彦(p), 矢野伸行(b), 宮岡慶太(ds)

12月は風邪を引いていて見に行けなかったので、4ヶ月ぶり。

MCで、日本のジャズトランペッターで二番目の「ちゃんじー(爺ちゃん)」と言っていました(^_^; 一番の年寄りは、日野皓正と中川喜弘で、70歳。村田浩は一つ下だそうで・・・そういうわけで、若い頃はJoy SpringをCDに入れるのはまだ早いと思っていたんだそうですが、今回のCDでは録音しておかないと録音しないままになってしまうかも、と思ったと言う話でした・・・(^_^;

そうは言っても、演奏自体は当然ながらしっかりしてます、長生きして、皆さんでちゃんじートランペッターの座を争い続けていただきたいものですね(^_^;

とはいえ、バンドの方は、この日から、ピアノが入れ替わってメンバーの平均年齢は若返ったそうです。

そう言えば、テナーの岡田嘉満がラッカーのテナーを吹いていて、いつもよりも妙に色気のある音を出していたので、聞いてみたら、いつものアンティークサテンのやつを修理中なのだそうで。同じカドソンとは言えラッカーを使ってみたら、艶っぽい音になっちゃって、と言ってました。次回からはいつもの渋い音色に戻っていることでしょう。

|

2/28:守谷美由貴トリオ(池袋インディペンデンス)

2/28:守谷美由貴トリオ(池袋インディペンデンス)
元々は、この日は佐賀の友人が上京してきたので、神田で飲んで終わる予定だったのですが、多治見のmizが見に行くと言ってきたので、2ndセットから見に行くことに・・・

予定通り、1stが終わった頃合いにたどり着いてみると、満席状態でしたが、1stだけで帰る人が居たので、無事に座れました。

そう言えば、この日の演奏の一曲がYouTubeに上がってるんですが、私は見た記憶が無いので、酔っ払いすぎて記憶が飛んでいると言うことはないはずなので、たぶん1stセットの演奏なのだと思い込むことにしましたが、2ndセットだったら記憶が飛んでいるってことになるなあ・・・(^_^;

|

2/26:若林美佐トリオ(そるとぴーなつ)

2/26:若林美佐トリオ(そるとぴーなつ)
若林美佐(bass)
佐津間純(guitar) 宮岡慶太(drums)

そるぴー三連戦の三日目。このトリオの前回をたまたま見に行ったら良かったのだけど、そるぴー三連戦は無いよなあと思って、当初は行く予定にしていなかったのですが、結局、行ってしまいましたよ(^_^;

ドラムは、村田浩&THE BOP BANDでも見ている宮岡慶太。元々、ギターとベースのDUOでやっていたそうですが、ドラムをくわえようと言うことで声かけられて、この編成になったのだそうで。

安定したリズムセクションの上で優しく美しいギターの音色を堪能しました。こういう、スタンダードジャズを気持ちよく演奏するギタートリオというのは、逆に今時新鮮な感じもします、まあ、地味と言えば地味かもしれませんが、一度味わうとくせになる感じとでも言いましょうか・・・

|

2/25:佐藤浩一トリオ(そるとぴーなつ)

2/25:佐藤浩一トリオ(そるとぴーなつ)

佐藤浩一(piano)
萬 恭隆(bass) 則武 諒(drums)

そるぴー三連戦の二日目。大阪と名古屋からのメンバーを迎えた佐藤浩一トリオと言うことで、この組み合わせの演奏を東京で見ることができるのはレアな体験のようです (^_^;

この日の演奏でも佐藤浩一の異才ぶりというか、いわゆるジャズピアノで普通に想像するようなイメージとは異なる演奏を堪能できました。リズム隊の二人とのコンビネーションも良かったし、あっという間に2セット終わってしまったと言う感じでした。

|

2/24:守谷美由貴カルテット(そるとぴーなつ)

守谷美由貴カルテット
守谷美由貴 as、石田衛 pf、池尻洋史 b、今泉総之輔 ds

ベルギーから帰国後、しばらくライブに行かなかったのですが、この日から、そるぴー三連戦の初日です。最近、いかにしてそるぴー三連戦を避けるかが悩みの種となるくらいですよ。

バレンタインデーのブログに、チョコレート欲しいと書いてあったので、ブリュッセル空港で手土産に買っておいたチョコレートを持って行きました(笑)

オリジナル曲を中心とするこのカルテット構成のパワーは毎度たいしたもんで、こちらも堪能させていただきました、はい。カウンターに座っていて、なぜかビデオ係になってしまったのですが・・・iPodで撮るって言うので見ていたら、1stセットの途中で止まったので、再スタートさせただけですけど。iPod~iPad2までは、ファイルサイズ4GBの壁があるようで、だいたい49分くらいで連続録画が止まってしまうようですね。新しいiPadでは、ハイビジョン動画になったこともあり、その制約はなくなっていますが。

次回のそるぴーでの守谷美由貴カルテットは4/13(金)、13日の金曜日。あ、もう終わってますね、その話はまたの機会に・・・しかし、いったんため込んでしまうとなかなか現在に追いつかないなあ・・・

|

« 2012年4月15日 - 2012年4月21日 | トップページ | 2012年4月29日 - 2012年5月5日 »