最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年4月29日 - 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月27日 - 2012年6月2日 »

5/4: テッド・ワゴナー氏 BACHを語る2012

5/4に、渋谷のノナカで開催された、「バック製作責任者 テッド・ワゴナー氏 BACHを語る2012 in 東京」に行ってきました。

新製品のArtisanマウスピースの話をするのかと思ったら、「BACHを語る」と言うとおり、もともとはトランペット奏者であった創業者Vincent Bachがアメリカに渡ってマウスピースを作り始め、Vincent Bach社を創業し、引退にあたってSelmer社に売却することになり、Selmer社は工場をエルクハートに移し・・・と言うような話から、現在のエルクハート工場でのトランペットの製造工程に関する話がほとんどでした。

2006年のストライキ以前は、ピースワークと言って、一個作業するといくら、と言う歩合制で管理されていたため、職人によって仕上がりがまちまちであったため、2006年以降はピースワークを止めて品質が安定するようになったと説明していました。テッド自身が40年以上働いているわけですし、講演に使われた写真を見ながら、「彼は40年、彼女は15年、彼は35年・・・」と言うように長期勤続の職人が多いことも説明し、「今は中国産でStradの設計をコピーしたものがとても多いが、見た目は区別がつかなくても、吹いていれば違いはすぐ分かる」とBachの設計のみならず、製造もしっかりしていると説明していました。

最後にちょろっと、Artisanマウスピースは初期のマウスピースを参考に作ったと言う話をして終わり、みたいな・・・

Artisan マウスピースは、1C,1 1./2C, 3C, 5C, 7Cしかないので、もっと小さいのを作る予定は無いのかと会場から質問が出ていましたが、当面はこれだけだそうです。これまでのマウスピースの売れ行きを鑑みて、このあたりに絞ったような話をしていましたが、もう一つ、Artisanはトランペットの時から、マイケル・サックスがアドバイザーなので、小さいマウスピースを使いたがるジャズ奏者は想定外ということもありそうです。マイケル・サックスはクリーブランドオーケストラの首席トランペッターです。つまり、シカゴ響とNY響をヤマハに取られてしまったので、アメリカのオーケストラ奏者に対する巻き返しのための製品を作るプロジェクトがArtisanシリーズであると考えた方が良いのでは無いかと。

ところで、Artisanマウスピース、出荷は一ヶ月後くらいからと言っていましたが、理由は・・・マウスピースそのものの精算は順調に行われているが、「ハンドクラフトの特製レザー・マウスピースポーチ(ヴィンセント・バックが愛用していたものをモデルに復元)」が付くことになっていて、その製造が遅れているのだそうです。余計なものつけずに、マウスピースだけ売れよ、と思ったのは私だけでしょうか(^_^;

|

また尿管結石

以前、尿管結石に関して、

次からは病院行かなくてもいいなあって思ったんですよね、お金がもったいないって(笑)
と書いたせいか、連休も終わりかけた5/5(土)に突如、尿管結石になりまして・・・(^_^;

起きてから、徐々に痛みが強くなり始めて、当初は風呂に入るなどして病院へ行かずにゴマカシを試みたのですが、だんだん痛みも強くなり、吐き気もしてきて、仕方が無いので病院に電話して・・・午後一で診てもらうことに・・・
500mlの水のペットボトルにお湯を入れて(温度は、沸騰したお湯半分に水道水半分で、40~50度のつもり)、簡易湯たんぽにして、痛むところにあてながら歩いて病院に行きました。この簡易湯たんぽ、なかなか便利です(^_^;

入院させられるといやだな~と思っていたのですが、休日診療だったので内科の先生しかいなかったため、診察受けた後で痛み止めの座薬と点滴受けて、痛み止めの飲み薬などの処方箋もらって帰りました。

痛みを感じないと、なんら通常の状態と変わりが無いわけで、自転車で薬局行って薬もらったり、そのままラーメン屋に行ってラーメン食ってみたり・・・

薬は毎食後って書いてあったけど、深夜に痛み出したのでたぶん、ロキソニン(鎮痛剤)の効き目は6時間くらいしか保たない模様。で、仕方が無いのでロキソニンだけもう一回飲んで、簡易湯たんぽを背中にあてて何とか寝たところ・・・起きたら痛みがうそのように消えていました。

以前書いたように、理論上は、簡易湯たんぽによって拡張した尿管内を、寝ている間に石が流れてくれたということではないかと考える次第ですが、ペットボトルによる簡易湯たんぽによる、結石の新たな民間治療法を開拓できたような気もする私です (^_^;

次回のためにロキソニンの余りは大事に保存しておこうと思います(笑)

|

4/18:イエス(渋谷公会堂)

4/18:イエス(渋谷公会堂)

久しぶりのイエス来日ということなので、ここまでのあらすじ(笑)

ジョン・アンダーソンが体調崩して、ツアー・キャンセル。

その後、バンドは、カナダでイエスのコピーバンドやってたベノワ・デビッドを代役のボーカルに起用してツアーしたら大成功。勢いにのり、そのまま、ベノワをボーカルとして起用してイエスとしてのツアーを続行。このツアーではキーボードはリック・ウェイクマンの息子のオリバー・ウェイクマン。私もロンドン公演を見に行きました。なかなか会場ウケも良くて、イエスってボーカル代わってもOKみたいだなあと思った次第。

そして、ベノワは正式メンバーになり、キーボードにジェフ・ダウンズが戻ってきて、新譜Fly From Hereを作り、新譜のツアーに出た・・・ところ、今度はベノワが喉を痛めたのが昨年末。

と言うわけで、この4月からのワールドツアーでは、新たにジョン・デヴィソンを新ボーカルとして起用・・・この時点で、ChrisはBenoitに関して、he has officially left Yes と言ってます。

それに対して、その後のBenoitの声明文では・・・

I subsequently learnt, from a band member's interview(上のURLのインタビューのことでしょうね), that I had officially left Yes and that my departure was permanent.
なんて書いてあって・・・当面の代役を立てるだけと思ってたら、クビになってたって分かったって・・・かわいそうです。

もはやボーカルは使い捨てのパートと化してしまったのか・・・そもそも、YouTubeでコピーバンド見てボーカルを探すという点では、イエスってインターネットを活用してメンバー集めしている最先端のロックバンドと言えるのでは無いでしょうか。

この裏で、ジョン・アンダーソンとリック・ウェイクマンが二人でヨーロッパツアーをやっていたりして、わけわからんのですが(笑)・・・

リック・ウェイクマンは、ヨーロッパ程度ならともかく、ワールドツアーはやる気が無いらしいので、イエスとしてもメンバーに加えるわけにいかないし、お互いに協議離婚みたいなものだろうと思うのですが(少なくとも息子のオリバーがツアー参加したりしているわけですし)

他方、ジョン・アンダーソンは体調は戻ったらしいので、ワールドツアーやれそうなんですけど、イエスは既に別の枠組で動き始めてしまって戻れないと言うのがほんとうのところではないかと思われますけど、表向きはイエスに戻る気は無いと発言して体面を保っているというところでしょうか。

さてさて、そういう変遷とさまざまな事情はともかく、来日公演の内容自体はとても充実していて、昔からのメンバー4人はお年の割には(既に60越えてますからね~)皆さん元気に演奏しまくっていたし、新ボーカルのジョンも線細めと言う前評判の割には、新譜からのFly From Hereを含め、しっかり歌いきって、会場全体がとても盛り上がって、見に行って良かったなあと思いました。

Fly From Here / Yes

|

4/15:宮澤雄一(池袋インディペンデンス)

4/15:宮澤雄一(池袋インディペンデンス)

宮澤雄一Quintet
宮澤雄一(tp)
辻野進輔(as)
二見勇気(p)
清水昭好(wb)
沢村一平(ds)


この日は、「じゅんじゅん(平山順子)聴きに来るでしょ?」と、そるぴーのマスターに念を押されたものの・・・裏切って、宮澤雄一クインテットを聴きにインディペンデンスへ。一方、インディペンデンスのマスターには「日曜に来たの初めてだよね?」と言われる (^_^;

なぜかタイミングが合わず、平山順子のライブも一度も見たことがないのだけど、宮澤雄一のリーダーライブも一度も見たことがない。どちらを優先すべきか考えた場合、「平山順子はまた近いうちにそるとぴーなつでやるだろうが、宮澤雄一は次にいつどこでやるかよくわからない」と言う理由で、宮澤雄一を選択してしまうあたり、判断基準がなっとらんでしょうか(笑)しかも、この日の平山順子トリオのベースの金森もといは三週連続そるとぴーなつ出演なので、それをすべて見るというのもマニアックなポイントではあったのですが・・・ま、二回見たからいいよね、とか(^_^;

だって、これまで宮澤雄一を見たのは、安カ川大樹クインテットでの飛び入り、高澤綾クインテットでの飛び入り、牧原正洋DUOでの飛び入りの三回だけなんですよ(^_^;


宮澤雄一とアルトサックスの辻野進輔とは長いつきあいらしく、息の合ったコンビネーションプレイ。ドラムの沢村はまだ学生と言っていたような記憶がありますが、なかなかうまくて感心しました。

観客の中の若者と話してみたら、宮澤雄一から教えてもらっていた長野出身で、今は代官山音楽院でリペアのコースを取っているそうです。卒業したら島村楽器のリペアマンですかね。

初めて宮澤雄一のフル演奏を見て満足しました。なかなかいいクインテットだったので、またやってもらいたいものです。

それから・・・次回のそるとぴーなつでの平山順子カルテットは7/8(日)だそうです。今度こそ見に行きますよ、マスター・・・

|

4/15:Saxophone Quartet athena 1st Recital(トッパンホール)

4/15:Saxophone Quartet athena 1st Recital(トッパンホール)
サックスの先生の参加しているクラシックサックスのカルテット。トッパンホールは、Otto Voci以来。

今回は早めに行って、ついでに印刷博物館を見学する。一回の電子書籍の展示は、私の場合、歴史ではなくほとんど実体験しているものばかりなので、あまりおもしろみを感じませんでしたが・・・と言うか、今さら並べて見せられると、Zaurus文庫とか、LIBRIeとか、何であんなものに金つぎ込んでしまったんだ~と悲しくなったりする私です。でもLIBRIeの電子貸本スタイルは私は気に入っていたんですけどね。地下の展示はなかなか歴史を感じさせるものが多く、マジメに見ているとそれなりに時間かかってしまいそうでしたが、本番が始まりそうなので軽く流してしまいました。マニアックな博物館なので、ほんとは時間とって体験とかやってみるべきところだろうと思います。

と言うわけで、Saxophone Quartet athena 1st Recital。なんというか、圧倒される感じでしたね~。以前、アンナノナカホールで見た時にはもう少し笑いもあったりしたんですが、初のリサイタルと言うことで、高度なテクニックに裏付けられた正統派のクラシックサクソフォーンカルテットであることを聴衆に明示しなければ気が済まないみたいな感じとでもいいましょうか、一切の手抜きもなく完璧に仕上げて見せたというような印象。私のような軟弱な観客には、ちょっと気を抜けるような選曲も混じっていた方がありがたいようなところもあるわけですが(笑)、こういう圧倒的に押し切られるのも嫌いじゃ無いです(^_^; 堪能させていただきました。

|

4/14:橋爪亮督・佐藤浩一(そるとぴーなつ)

4/14:橋爪亮督・佐藤浩一(そるとぴーなつ)
橋爪亮督(tenor sax) 佐藤浩一(piano)

この日は元々は行く予定では無かったのですが・・・と言いながら行ってるそるぴーのライブが月に2,3回はあるんですよね。最近のそるぴーの充実したスケジュールには困ったものです(^_^;

女性ファンも多い2人、そるとぴーなつとしては珍しく女性客率が高かったですかね。

美しく、しっとりと歌い上げるテナー橋爪、そのわりには、MCで「レコ発ライブにCDを持っていかなかったことがある」などと笑いを取っていました。佐藤浩一もいつものようにジャズピアノなのかなんというのかよくわからない不思議なピアノで、おもしろいデュオでした。このデュオ見たのは二回目、前回見たのは1/21だったようです。

|

4/13:守谷美由貴カルテット(そるとぴーなつ)

4/13:守谷美由貴カルテット(そるとぴーなつ)

守谷美由貴カルテット

守谷美由貴(alto sax) 石田衛(piano) 大塚義将(bass) 今泉総之輔(drums)

待望のそるとぴーなつでの守谷美由貴カルテット、行ってきました、13日の金曜日。特にジェイソンが出てくるわけでも無く、いつものように2セット順調に進みましたよ、当たり前ですか。

守谷美由貴カルテットは何回か見ているわけですが、この日のベースの人は初めて見る人です。で、この日の話題の一つが、そのベースの大塚義将がたまに見せる速弾きソロ。ドラムの今泉総之輔もブログでほめてましたが、速弾き以外のプレイもなかなか良くて、この人が出るライブをまた見に行きたいと思わせるものがありました。

ところで、ピアノの石田衛、以前から書こうと思っていて忘れていたことが一つ。この人、ジャズピアノ界で一番姿勢が良いのでは無いかと(^_^;

次回のそるぴーでの守谷美由貴カルテットは、6/17(日)だそうです。この日は、昼間、興味があるライブもあるので、二連荘の予定。

|

カーブドソプラノ始めました(お手入れ編)

エルクハートのカーブドソプラノ(ブラックニッケル)には、最初から、管体に挿す形のスワブが付いているようです。これはキャップ兼用なので、管体に挿してそのままケースに収納するわけです。

たぶん、これのカーブドソプラノサックス用です。

H.W パッドセイバー アルトサックス用

H.W パッドセイバー アルトサックス用
価格:4,250円(税込、送料別)


でも、これは、THE中古楽器屋のサックスお手入れ解説

管内に水分を溜め込んでしまい、楽器の中は常に湿度が高い状態に!さらに数ヶ月経つと《ファサファサ》部分がほつれてきて楽器やケースが糸くずだらけ。タンポを痛める原因になってしまいます。
と書いてあったのを記憶していたので、使わないで済ませる方が良さそうだと思い、スワブも買うことにしました。

迷わず選んだのが、これ。

これは、ソプラノサックスでもスワブを抜けます(^_^;

これまでのスワブでは、途中まで突っ込んだら、無理して引き抜こうとすると詰まってしまうので、今度はホーン側に抜くと言うのが基本でした。これはスワブ自体が厚みを持っているからです。このヤマハの新しいスワブは、薄い吸水布なので、最後まで通しても詰まることがありません。

|

4/10:上杉優Group(大塚ドンファン)

4/10:上杉優Group(大塚ドンファン)

上杉 優:Tb.Vo 駒野逸美:Tb 魚返明未:P 小林航太郎:B 大井澄東:D

駒野逸美は4/20にそるとぴーなつでやるのだけど、トロンボーン二管と言うのが気になっていて・・・
しかも上杉優は多治見のmiz推奨なので、前から気になっていたものの、昨年は宮脇裕子のランドスケープで見ることができるかと思っていたら体調不良で欠場という話だったので・・・
と言うわけで、見に行ってしまいました。

トロンボーン二管体制なので、上杉優が歌っていてもトロンボーンが鳴っていると言うことで、トロンボーン好きにはなかなか良いですね。
ピアノの人、名前、読めません、「おがえり あみ」らしいけど・・・男の人でした(^_^; 本名なんですかね、こういう名前の方が逆に印象に残っていいかもしれませんが・・・いや、演奏も良かったですよ。
ベースとドラムは、よく見かける人たちですし・・・

アンコールでは、客席からトロンボーン2管が加わり、トロンボーン4管体制で・・・あの、ドンファンのそれほど広いとは言えないスペースで、トロンボーン4管を見ることができるとは思っていなかったので、ありがたい余録。

終わってから、pBoneに上杉優のサインをもらいました(^_^;

|

« 2012年4月29日 - 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月27日 - 2012年6月2日 »