最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

7月に見に行ったライブのまとめ

昔書きかけていたのを今さらそのまま出してみたりして・・・
ろくに覚えていないので、マメなそるぴーマスターブログへのリンク作っただけだったりする

出演者情報しか載っていないジャズ倶楽部のスケジュール表が多い中、各演奏者の解説コメントを付けて告知し、終了後の感想を記すことを忘れないそるぴーマスター、その地味な活動を皆さん、高く評価してください(そるぴーに行ったら二杯以上飲みましょう-笑)

---
7月は・・・振り返ってみると、そるとぴーなつ以外に行っていないではないか・・・(^_^;

7/5(木):熊谷ヤスマサ(そるとぴーなつ)
熊谷ヤスマサ(piano) 安カ川大樹(bass) 今泉総之輔(drums)
詳細はマスターのブログにお任せするとして(^_^;
安カ川大樹は、赤坂B Flatで見ることが多くて、そるとぴーなつでは初めてなので、普段はピアノトリオは余り見ない私にしては珍しく、見に行った次第。B Flatで見るよりも、ベースの音が良く響いて良かった(^_^;

7/8(日):平山順子(そるとぴーなつ)

“塩豆3” 平山順子(alto sax)  佐久間優子(piano) 金森もとい(bass)

詳細はマスターのブログにお任せするとして(^_^;

この日の平山順子のできがかなり良くて、その結果、持ってきたCDが売り切れになってました。いい演奏するとCD売れるもんなんですねぇ・・・

7/13(金):駒野逸美(そるとぴーなつ)

駒野逸美(trombone) 若井俊也(bass) 柵木雄斗(drums)

詳細はマスターのブログにお任せするとして(^_^;

7/21(土):守谷美由貴(そるとぴーなつ)

守谷美由貴(alto sax)  大塚義将(bass) 柵木雄斗(drums)

詳細はマスターのブログにお任せするとして(^_^;

7/27(金):吉野ミユキ(そるとぴーなつ)

吉野ミユキ(alto sax) 続木 徹(piano) 矢野伸行(bass)

詳細はマスターのブログにお任せするとして(^_^;

7/28(土):松本茜(そるとぴーなつ)

松本 茜(piano) 高妻健太郎(alto sax)

詳細はマスターのブログにお任せするとして(^_^;

7/29(日):若林美佐TRIO(そるとぴーなつ)

若林美佐(bass) 佐津間純(guitar) 宮岡慶太(drums)

詳細はマスターのブログにお任せするとして(^_^;

|

5月見に行ったライブのまとめ

5月に見に行ったライブから書いてなかったのですが、既に記憶の彼方ということもあり、覚えていることだけ書いてみることに(^_^;


5/4(金): 原川誠司(そるとぴーなつ)

原川誠司(alto sax) 田窪寛之(piano) 高道晴久(bass) 田村陽介(drums)
マスターのブログで代替しておこう(^_^;

5/11(金):深沢晴奈 外山安樹子(そるとぴーなつ)

深沢晴奈(fl) 外山安樹子(p)
深沢晴奈がアメリカに行く直前のライブと言うことでしたが、この日は雨は降らなかったような気がします。アメリカでは10月末にハリケーンがニューヨークに行ったようですが、深沢晴奈のせいかどうか分かりません。

5/14(月):Room 56(そるとぴーなつ)

小林 岳五郎(piano,key,sampler, human beat box) 高澤 綾(trumpet,effect) 乾 修一郎(guitar,effect,vocoder) 山本 裕之(bass) 山内 陽一朗(drums) 
ゲスト:Hiro-a-key(vocal) 浦 宏徳(alto sax) サラ・レクター(vocal)
月曜にそるとぴーなつでライブをやるのは珍しいわけですが、聞くところによると、レコ発ライブをこの日に新宿タワーレコードでやる予定だったが、新宿タワーレコードが改装したらライブやるスペースがなくなったので、代わりにそるとぴーなつでライブをやることになったのだそうで・・・
マスターはお客さん入るか心配していたようですが、レコ発ライブとして、レコーディング・メンバー全員揃っただけのことはあり、賑わっていました。ちなみにRoom 56の56はゴローなのだそうで・・・


5/22(火)安カ川大樹セクステット(赤坂B Flat)

安カ川大樹b 西口明宏ts 市原ひかりtp 駒野逸美tb 堀秀彰p 橋本学
フロント3管も一流どころだし、ピアノトリオも一流どころなので、必聴のセクステットだと思うのだけど、意外に客が入ってないのが不思議。毎度、一番前で見てます(^_^;
ds

5/26(土)ブランドン・ライドナワー(ノナカ・アンナホール)

前半はマスタークラスと言うことで、音大生のソロと金管五重奏の指導。
後半と5/27にピアノ伴奏する工藤奈帆美が通訳。
後半は、カナディアン・ブラスの若きトランペッターということで、実に力強い生き生きとしたトランペットを聴かせてくれました。久しぶりにこういうトランペットもいいなあと思わされました。工藤奈帆美のピアノも、トランペットとバランス取れた力強い演奏で好感。演奏時間は思ったより長かったですね。
家に帰ってから、iTunesでTrumpet Invasionをダウンロード購入。

後日談ですが、このマスタークラスの金管五重奏曲が気に入ったので自分でも吹いてみたくなりました。が、曲名をメモっていなかったので「有名な曲だろうから、先生にイントロだけ吹いて聴かせれば分かるだろう」と思ったんですが・・・最近、ようやく思い出して「こんな感じの曲です」って聞いてみたら、「エヴァルドの金管五重奏曲のどれか」と言われたので、ナクソスライブラリーで聞いてみたら、3番だと分かりました(^_^;


5/26(土)渡辺 匡彦(そるとぴーなつ)

渡辺 匡彦(vibraphone)  八木隆幸(piano) 大表秀具(bass) 公手徹太郎(drums)
詳細はマスターのブログで代替しておこう(^_^;
ブランドン・ライドナワーのマスタークラスが思ったより長くなったので、1stセットに間に合わなかったので、迷ったものの、渋いおっさんのジャズもたまには味わいたくなって、2ndセットだけ。

5/27(日)星空コンサート(新宿コズミックスポーツセンター プラネタリウム)

テルミンの先生のコンサート。こんなところにプラネタリウムがあるとは知りませんでした。しかし、暗くなって心地良くて、ついつい居眠りしそうになったところ、近所からいびきが聞こえてきて・・・(^_^; プラネタリウムの椅子って背もたれが横になるので演奏を見るには向かない椅子だと思いました。

5/27(日)ブランドン・ライドナワー

自転車で早稲田まで行って、そこから杉並公会堂まで行ったので、えらく疲れたので、まずは蕎麦屋でまったりと・・・杉並公会堂のある荻窪近辺で有名な蕎麦屋と言えば本むら庵、久しぶりに寄ってみました。マイ箸持っていたらポイントカードがあるらしい(^_^;
さて、コンサートは二部構成になっていて、第一部が工藤奈帆美のピアノ独奏、第二部が工藤奈帆美のピアノ伴奏でブランドンライドナワーでした。実は第二部のプログラムの多くが前日に聞いたものと同じでしたがこっちのホールの方が音は良いと思います(^_^;

5/28(月)平山順子(東中野セロニアス)

平山 順子(as) 佐藤 えりか(b) 角脇 真(p) 大井 澄東(ds)
佐藤えりかは産休に入るそうで(9月出産予定)、このメンバーでの演奏はしばらく予定がないらしい。このライブもなかなかいい演奏でした。

|

4/18:イエス(渋谷公会堂)

4/18:イエス(渋谷公会堂)

久しぶりのイエス来日ということなので、ここまでのあらすじ(笑)

ジョン・アンダーソンが体調崩して、ツアー・キャンセル。

その後、バンドは、カナダでイエスのコピーバンドやってたベノワ・デビッドを代役のボーカルに起用してツアーしたら大成功。勢いにのり、そのまま、ベノワをボーカルとして起用してイエスとしてのツアーを続行。このツアーではキーボードはリック・ウェイクマンの息子のオリバー・ウェイクマン。私もロンドン公演を見に行きました。なかなか会場ウケも良くて、イエスってボーカル代わってもOKみたいだなあと思った次第。

そして、ベノワは正式メンバーになり、キーボードにジェフ・ダウンズが戻ってきて、新譜Fly From Hereを作り、新譜のツアーに出た・・・ところ、今度はベノワが喉を痛めたのが昨年末。

と言うわけで、この4月からのワールドツアーでは、新たにジョン・デヴィソンを新ボーカルとして起用・・・この時点で、ChrisはBenoitに関して、he has officially left Yes と言ってます。

それに対して、その後のBenoitの声明文では・・・

I subsequently learnt, from a band member's interview(上のURLのインタビューのことでしょうね), that I had officially left Yes and that my departure was permanent.
なんて書いてあって・・・当面の代役を立てるだけと思ってたら、クビになってたって分かったって・・・かわいそうです。

もはやボーカルは使い捨てのパートと化してしまったのか・・・そもそも、YouTubeでコピーバンド見てボーカルを探すという点では、イエスってインターネットを活用してメンバー集めしている最先端のロックバンドと言えるのでは無いでしょうか。

この裏で、ジョン・アンダーソンとリック・ウェイクマンが二人でヨーロッパツアーをやっていたりして、わけわからんのですが(笑)・・・

リック・ウェイクマンは、ヨーロッパ程度ならともかく、ワールドツアーはやる気が無いらしいので、イエスとしてもメンバーに加えるわけにいかないし、お互いに協議離婚みたいなものだろうと思うのですが(少なくとも息子のオリバーがツアー参加したりしているわけですし)

他方、ジョン・アンダーソンは体調は戻ったらしいので、ワールドツアーやれそうなんですけど、イエスは既に別の枠組で動き始めてしまって戻れないと言うのがほんとうのところではないかと思われますけど、表向きはイエスに戻る気は無いと発言して体面を保っているというところでしょうか。

さてさて、そういう変遷とさまざまな事情はともかく、来日公演の内容自体はとても充実していて、昔からのメンバー4人はお年の割には(既に60越えてますからね~)皆さん元気に演奏しまくっていたし、新ボーカルのジョンも線細めと言う前評判の割には、新譜からのFly From Hereを含め、しっかり歌いきって、会場全体がとても盛り上がって、見に行って良かったなあと思いました。

Fly From Here / Yes

|

4/15:宮澤雄一(池袋インディペンデンス)

4/15:宮澤雄一(池袋インディペンデンス)

宮澤雄一Quintet
宮澤雄一(tp)
辻野進輔(as)
二見勇気(p)
清水昭好(wb)
沢村一平(ds)


この日は、「じゅんじゅん(平山順子)聴きに来るでしょ?」と、そるぴーのマスターに念を押されたものの・・・裏切って、宮澤雄一クインテットを聴きにインディペンデンスへ。一方、インディペンデンスのマスターには「日曜に来たの初めてだよね?」と言われる (^_^;

なぜかタイミングが合わず、平山順子のライブも一度も見たことがないのだけど、宮澤雄一のリーダーライブも一度も見たことがない。どちらを優先すべきか考えた場合、「平山順子はまた近いうちにそるとぴーなつでやるだろうが、宮澤雄一は次にいつどこでやるかよくわからない」と言う理由で、宮澤雄一を選択してしまうあたり、判断基準がなっとらんでしょうか(笑)しかも、この日の平山順子トリオのベースの金森もといは三週連続そるとぴーなつ出演なので、それをすべて見るというのもマニアックなポイントではあったのですが・・・ま、二回見たからいいよね、とか(^_^;

だって、これまで宮澤雄一を見たのは、安カ川大樹クインテットでの飛び入り、高澤綾クインテットでの飛び入り、牧原正洋DUOでの飛び入りの三回だけなんですよ(^_^;


宮澤雄一とアルトサックスの辻野進輔とは長いつきあいらしく、息の合ったコンビネーションプレイ。ドラムの沢村はまだ学生と言っていたような記憶がありますが、なかなかうまくて感心しました。

観客の中の若者と話してみたら、宮澤雄一から教えてもらっていた長野出身で、今は代官山音楽院でリペアのコースを取っているそうです。卒業したら島村楽器のリペアマンですかね。

初めて宮澤雄一のフル演奏を見て満足しました。なかなかいいクインテットだったので、またやってもらいたいものです。

それから・・・次回のそるとぴーなつでの平山順子カルテットは7/8(日)だそうです。今度こそ見に行きますよ、マスター・・・

|

4/14:橋爪亮督・佐藤浩一(そるとぴーなつ)

4/14:橋爪亮督・佐藤浩一(そるとぴーなつ)
橋爪亮督(tenor sax) 佐藤浩一(piano)

この日は元々は行く予定では無かったのですが・・・と言いながら行ってるそるぴーのライブが月に2,3回はあるんですよね。最近のそるぴーの充実したスケジュールには困ったものです(^_^;

女性ファンも多い2人、そるとぴーなつとしては珍しく女性客率が高かったですかね。

美しく、しっとりと歌い上げるテナー橋爪、そのわりには、MCで「レコ発ライブにCDを持っていかなかったことがある」などと笑いを取っていました。佐藤浩一もいつものようにジャズピアノなのかなんというのかよくわからない不思議なピアノで、おもしろいデュオでした。このデュオ見たのは二回目、前回見たのは1/21だったようです。

|

4/13:守谷美由貴カルテット(そるとぴーなつ)

4/13:守谷美由貴カルテット(そるとぴーなつ)

守谷美由貴カルテット

守谷美由貴(alto sax) 石田衛(piano) 大塚義将(bass) 今泉総之輔(drums)

待望のそるとぴーなつでの守谷美由貴カルテット、行ってきました、13日の金曜日。特にジェイソンが出てくるわけでも無く、いつものように2セット順調に進みましたよ、当たり前ですか。

守谷美由貴カルテットは何回か見ているわけですが、この日のベースの人は初めて見る人です。で、この日の話題の一つが、そのベースの大塚義将がたまに見せる速弾きソロ。ドラムの今泉総之輔もブログでほめてましたが、速弾き以外のプレイもなかなか良くて、この人が出るライブをまた見に行きたいと思わせるものがありました。

ところで、ピアノの石田衛、以前から書こうと思っていて忘れていたことが一つ。この人、ジャズピアノ界で一番姿勢が良いのでは無いかと(^_^;

次回のそるぴーでの守谷美由貴カルテットは、6/17(日)だそうです。この日は、昼間、興味があるライブもあるので、二連荘の予定。

|

4/10:上杉優Group(大塚ドンファン)

4/10:上杉優Group(大塚ドンファン)

上杉 優:Tb.Vo 駒野逸美:Tb 魚返明未:P 小林航太郎:B 大井澄東:D

駒野逸美は4/20にそるとぴーなつでやるのだけど、トロンボーン二管と言うのが気になっていて・・・
しかも上杉優は多治見のmiz推奨なので、前から気になっていたものの、昨年は宮脇裕子のランドスケープで見ることができるかと思っていたら体調不良で欠場という話だったので・・・
と言うわけで、見に行ってしまいました。

トロンボーン二管体制なので、上杉優が歌っていてもトロンボーンが鳴っていると言うことで、トロンボーン好きにはなかなか良いですね。
ピアノの人、名前、読めません、「おがえり あみ」らしいけど・・・男の人でした(^_^; 本名なんですかね、こういう名前の方が逆に印象に残っていいかもしれませんが・・・いや、演奏も良かったですよ。
ベースとドラムは、よく見かける人たちですし・・・

アンコールでは、客席からトロンボーン2管が加わり、トロンボーン4管体制で・・・あの、ドンファンのそれほど広いとは言えないスペースで、トロンボーン4管を見ることができるとは思っていなかったので、ありがたい余録。

終わってから、pBoneに上杉優のサインをもらいました(^_^;

|

4/6:谷殿明良クインテット(そるとぴーなつ)

4/6:谷殿明良クインテット(そるとぴーなつ)

谷殿明良クインテット

谷殿明良(trumpet)
吉本章紘(tenor sax) 宮川 純(piano)
金森もとい(bass) 横山和明(drums)


初めて聴くトランペッターだけど、明良は「あきよし」かと思ったら「あきら」だった(^_^;
テナーの吉本とはバークリー以来のつきあいだとかMCで言っていました。
ベースの金森もといは二週連続そるとぴーなつ出演。

最近の若いミュージシャンはバークリー出も多いし、ニューヨークに修行に行ってきたとかいうのも多いけど、技術のみならず本場で場数踏んできた経験が演奏に生かされているんでしょうね、このクインテットもほんとうに聴き応えのある内容で、最後まで楽しめました。

|

3/31:中村恵介クインテット(そるとぴーなつ)

3/31:中村恵介クインテット(そるとぴーなつ)
中村恵介(trumpet) 石崎 忍(alto sax) 松本 茜(piano) 金森もとい(bass) 石若 駿(drums)

BONANZAでしか見たことが無い中村恵介のリーダークインテットと言うことで、楽しみにしていましたが、この日のそるぴーは、珍しく観客女性の嬌声飛び交っておりました。中村恵介のファンらしい。

で、サックスプレイヤーの中には、ソロの最中にヒンズースクワットみたいに、しゃがんだり伸びたりする人が時々居ますが、石崎忍もそのパターン。で、ベースの金森もといが、ベース弾きながら、合わせてしゃがんだり伸びたりするんで、ちゃんとした演奏しているのに、そこだけコミカルに見えて笑ってしまいました。

とは言え、サックスソロの際にしゃがんだり伸びたりする人って、私が他にチェックしているのは西口明宏くらいですが(^_^;

|

3/23:渡辺薫・山口友生DUO(そるとぴーなつ)

3/23:渡辺薫・山口友生DUO(そるとぴーなつ)

この日はもともとは行く予定ではなかったのだけど、前日のそるぴーの営業状況がどうだったのか気になったので、その話を聴くのがメインと言うことで出かけてみました。こういう気楽な理由付けして出かけられるのも、ミュージックチャージ安いし、飲み物も安い、そるぴーならではの・・・とか言ってなんか深みにはまってる気もしますが・・・

その後、閉店までに客が3人来たそうです(笑)

このデュオも以前、一度聴いていて・・・と思ったんですが、実は別々に聴いていただけで、このデュオとして聴くのは初めてでした(^_^;

ほのぼのとした感じの進行で、癒やし系のとても心地良いライブでした。人柄も反映されてると思いますね。

終わった後に話をしていて、渡辺薫に私の弾く耳の腐りそうなテルミン映像を見てもらったので、彼女の演奏に悪影響が出ないか心配です(^_^;

そるぴーでのこのDUOの次回は6/15(金)の模様です。

|

より以前の記事一覧