最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

2014年6月12日 (木)

今日のヤクの毛刈り: Thunderbird編

Thunderbirdで返信すると、複数のTo:がそのまま残るようになってしまったのが嫌で、手でCc:にしていたのだが、あほらしいのでなんか簡単にできる方法があるはずだと思い、プラグインを探す。有った。
ALL To CC BCC
https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/all-to-cc-bcc/reviews/
とりあえず、返信ウィンドウで全部Ccにして、一つだけToにする。ずいぶん楽になったが、なんか納得できん。このThunderbirdの動作自体がバグでなければ改悪であると思う。

とかなんとか思っていたら、メーリングリストへの返信問題に関して社内で聞かれたので調べてみたら、これも既知の問題であった。

全員に返信すると差出人のみ宛先に含まれません
http://forums.mozillazine.jp/viewtopic.php?f=3&t=14376

ここに書いてあるバグを見ていたら、まず、私が抱えていたTo/Cc問題のBugzilla番号が書いてあった。議論を見ると、TOはTOのまま返信したいということで勝手に仕様変更したらしい。ま、そういうニーズもあるよね、でもCCが普通だよね、設定で変更できるといいよね、みたいな話も書いてあるが、とりあえず未解決のままである。
Bug 250187 - Reply all automatically converts multiple TO recipients to CC (should preserve original destination fields)
https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=250187

いちおう、workaroundとしてALL To CC BCCを紹介しておいた。おかげで、そのためにBugzillaのアカウントを作る羽目になった。

さらにBugzillaで
759018 – Reply-All behavior not right, doesn't include self in To: list
を追いかけていたら、最終的に、ここにたどり着いた。
Bug 77304 - Cannot reply to From: when Reply-To: field appears in header https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=77304

いちおう、その旨のコメントを残しておくか、自分のメモ代わりにもなるし、というわけで、mozillaZineのアカウントも作る羽目になった。

しかし、このThunderbirdの不具合は、かなりひどい。なんでこんな変更を仕様として勝手にやってしまえるのか、今のThunderbirdの開発体制には問題があるのではないかと思ったりもするが、これ以上深入りしている場合ではないなあ。ほかのメールクライアントへの移行を検討したほうがいいのだかなあ。

2013年8月 3日 (土)

夏サミ2013

業務的に余裕があったわけではないけど、興味深そうな話があるように見えたので出かけてみた。`

S-1
基調講演、入れ替わり立ち替わりの5人の話。中にはChatWorksなんて、開発者10人、運用1人弱でDevOpsもなんもあったもんじゃないだろっつう感じもあった一方、意外におもしろかったのがHPの人。
http://www.slideshare.net/ultraq33/devsumi2013-hp-fujii
ちなみに、Twitterでretweetされている
http://htn.to/KwYNqv
に書いてあるサンドボックスの説明は間違っている。サンドボックスと言えば、元々はセキュリティ用語なので、セキュリティ的な知識に欠けるだけなのかもしれないが。
藤井氏が言いたかったのは、これまでのエンタープライズ環境と切り離したアプリケーション開発(ここがサンドボックスたるところ)をアジャイルでやってるところでDevOpsがあてはまるのは、ある意味当たり前だろう。では、これまでのエンタープライズ環境の開発・運用においてDevOpsをやる意味はあるのか、意外にあるんじゃないのか、と言う問題提起。普通に言ってるDevOpsと違う観点を提示したという点で興味深いが、本当にやるべきかどうかはよく分からない。たぶん、時間かけて考えていく必要があるだろう。

B-1
HONDA Inter Navi Linkにまつわるビッグデータ活用の話なので、DepOpsとは直接関係は無い(サーバー運用に関する話もない)が、話の内容はなかなか楽しめる。技術の切り開く明るい未来を描いている点が良い。

B-2
Grailsの話は・・・当方、Play FrameworkとかRuby on Railsを使っているので、あまりピンとこなかった。それと、会社でJava開発と言えば、楽々フレームワークやTerasolunaを使っているからかな。
Android開発の話は・・・どうも最近Android開発そのものにあまり個人的な関心がないので、聞き流していたら寝てしまいました、すみません。
OpenStack on OpenStackの話は・・・どうも、単にプロジェクト毎にVM割り当てれば済む話にしか聞こえず、わざわざプロジェクトごとにさらにOpenStackを重ねる意義が分からなかったというか、ちゃんと説明してなかったような気がする。

B-3
実は、アトラクシアンの宣伝コーナーであった。というか、このトラックは基本的にスポンサーセッションだということにここまで気がついていなかったオメデタイ私である。
基本的にはGit/Redmine/Jenkins/Chefで済む話だと思うのだが、わざわざライセンスを払って商用製品を導入するメリットは・・・と言う話を知りたいところではあったので、実はわりとマジメに聞いてしまった。
アプリケーションが一社で一元管理されて開発されているわけで、チケット情報とソースコードとテスト情報など、全てのツールのデータを一元管理可能なので、大規模な開発を複数行う上ではそれなりにメリットがあると理解。
その上であらためて自社開発環境に関して考えてみたが、やはりGit/Redmine/Jenkins/Chefで済む話と思う。

A-4
http://www.slideshare.net/naotomatsumoto/devsumi2013summer-20130715v3nmatsumoto

このセッション、
- 想定していた以上に客が入っていて驚いた
なんか裏番組の国産業務PaaSうんぬんとかがおもしろくなさそうなので、次のセッションまでのつなぎで入った客が私だけではなかったということか
- 想定していた以上に話がおもしろくなく聞こえたのは、小さい声でぼそぼそ感のせいか
- 「ネットワークアプリケーションがボトルネック」というのは間違っているのではないか
- プロトコルスタックがボトルネックになっていると言うべきではないのか。
- つまり、LinuxのIPプロトコルスタックがまだデフォルトでは10GbE/40GbEに最適化されていないのに、そのまま速度測定しただけじゃないのか
- 例えば、こんなことやって測定したのか
http://dak1n1.com/blog/7-performance-tuning-intel-10gbe
という訳で、どうも得るものが乏しい残念な発表に思えた。

B-5
DevOpsと付いているセッションがどれもおもしろくなさそうだったので、最後までDevOps以外のセッションに出てしまった。このEnterprise TEDと言うタイトルに一番合った話は「システム設計の謎を解く 強いSEになるための、機能設計/入出力設計の極意
」の
宣伝をしていた高安厚思氏の話だろうし、有用な話だったと思うが、個人的に一番おもしろかったのは佐々木啓一
氏。やっぱアセンブラとか気合入れてやった連中は、何でもできるもんだよなあ、と(笑)。

2013年5月25日 (土)

Sabertooth X58トラブル (^^;)

最近は普通に使うPCはDELLなどで買う方がお手軽だと思うし、業務で使うPCはそうしているわけですが・・・自分が自宅で使うPCは、今時、古風な自作派を続けていて・・・でも、そんなにマニアでも無いので、今使っているのはSabertooth X58とCore i7 960なので、まだ3年は経っていない程度ですが、突如起動しなくなりました。

まず疑うのは電源・・・と言うのが王道ですが、電源ユニット換えてみても変化なし。

症状としては、電源入力後、BIOSも起動せず、当然、HDDにもアクセスせず、ただ単にマザーボード上のCPU LED、MEMORY LED、GRAPHIC BOARD LEDなどが同時に点滅するだけ。いろいろネット検索してみたものの、原因がよくわかりません。マニュアルが見当たらないのでダウンロードして読んでみても、LEDステータスに関しては何の記述も無くて、仕方が無いからマザーボードから全部買い換えかなあと思ったりしていたんですが・・・

あきらめ悪くマザーボードを眺めていたら、ふと、ボード上のCR-2032が目について、換えてみたところ、何事も無かったかのように起動するようになりました。なんと、CMOSバックアップ用のバッテリー切れが原因だったとは・・・

これで当面はX79マザーボードなどを検討せずに済みそうです。


2012年11月 9日 (金)

Windows 8とDrobo

しばらく前から、Droboを使っています。
一番魅力的な点は、壊れたHDDを単純に新しいHDDに交換すれば良いこと。RAIDと違って、同じ容量のHDDでなくても良いので、1TB HDDが壊れたら、2TB HDDに入れ替えて・・・というように壊れるたびに増量しつつ使うことができるわけです。実際に2TBと1TBのHDDを混在して使い始めて、壊れた1TB HDDは3TB HDDに置き換えてきました。

ところが、Windows 8にアップグレードしたところ、Drobo HDDにアクセスできない現象が・・・Windows 7では問題なかったのですが、USBのセレクティブ・サスペンドの問題のような気がする。継続調査中。

2012年7月 1日 (日)

TOPEAK iPhone DryBag

自転車で遠出するのに便利かと思って、これを買ってみました。

iPhone 3GSで使ってます。
割としっかりと自転車に固定されて、落ちることもありません(購入後、梅雨入りしてしまったので、走行回数少ないですけど)
昼間は、カバーのビニールが反射して見えにくいことがあります。
当然ですが、夜は特に問題ありません。

カバーのビニールの反射は想定内だったので、切り取ればいいかと思ったりもしたのですが、たまたま自転車で帰る時に小雨が降ってきたときに役に立ったので、当面はビニールはこのまま残しておくつもりです。

あと、必要なときに画面が消えてしまうのも悲しいので、ロックスクリーンしない設定にしておく方が良いかもしれません。

2012年6月30日 (土)

iPhone対応「ゴールドポイントカード」アプリ

無料と言うことでついついダウンロードしてみました

あなたのiPhoneがゴールドポイントカードに。ヨドバシカメラは、iPhone対応「ゴールドポイントカード」アプリの提供を開始しました。 アプリは、iTunes App Store で無償でダウンロードできます。

ガラケーのおサイフケータイ機能では、Felicaインターフェースでデータを受け渡しするわけです。が、このアプリは単に画面にバーコードを表示させるだけ。カードの代わりに、画面に表示させたバーコードを、バーコードリーダーに読ませるという・・・なんか、すごくローテクなところが笑えます、おお、これは目から鱗だ・・・(^_^;

とか言っていたら、会社の同僚に、セキュリティ的には甘いと指摘されてしまいましたよ。

iPhoneでこのバーコードを提示したからと言って、そのポイントカード番号の正当な所有者である保証は無いのではないかと。

もちろん、ポイントカードを使う場合でも、ポイントカードを提示したからと言って、そのポイントカード番号の正当な所有者である保証はありません。とは言え、ポイントカードそのものを偽造するのはそれなりにコストがかかります。他方、このバーコード表示画面を偽装することは容易であり、ポイントカード番号がわかればバーコードの表示も容易ですから・・・

アプリとして細かいところ(バーコード表示時間のバー表示が減るところなど)まで偽装しなくても、ヨドバシの混雑したレジで、店員が一々画面の細かい点までチェックするとは思えませんから、このアプリのスクリーンショットだけで十分かもしれません・・・

しかも、自分がこのiPhoneアプリを使う・使わないにかかわらず、自分のポイントカード番号を他人に使われてしまう可能性がありますね。

ポイントカード番号自体にはチェックディジット等も含まれているでしょうから、ランダムに生成したポイントカード番号ではほとんど役に立たないでしょうが・・・有効なポイントカード番号を知っていれば、そのポイントカードに溜められたポイントを誰でも使うことができる『可能性』はありますよね。

現実問題としては、巨額のポイントをため込んでいる番号を知っていない限り、偽造するメリットは無さそうですし、巨額のポイントを使用する場合には店頭で身分確認するようですから、大きな問題にはならないと思いますが、ポイントはこまめに使っておく方が安心ですね~・・・

ビックカメラアプリがどうなってるか、ついでにダウンロードして調べてみたところ、こちらはカード番号バーコード表示機能は無いようでした。

もっとも、最初、ログインできなくて困ってしまったのですが・・・パスワードに12文字以上のものを使っていたのですが、実際のパスワードは「半角英数字 8~12文字」という仕様。でも、Webブラウザー経由では12文字以上入力された部分は無視されるようで、今まで気が付かずにログインしていました。が、このアプリでは12文字以上入力されたらパスワードエラーになるようで、12文字ちょうどで切って入力したらログインできました。

ちなみに、Webブラウザーからビックカメラのパスワード変更してみたら、「半角英数字 8~12文字」と表示されるにもかかわらず、12文字以上入力可能で、新しいパスワードと確認用パスワードで13文字目以降を変えてもエラーにもなりません。何文字入力されても、13文字目以降を削除して、12文字目までで処理しているようです。

ヤマダ電機のアプリは、ヨドバシより先にバーコード表示機能を実装していたようですね、こっちのポイントカードは持っていないので細かい点は未確認です。

2012年6月26日 (火)

2012/5/25以前のメール消失

Thunderbirdの設定の意味を取り違えて、IMAPサーバー上のデータまで30日以上前のものを削除してしまったようで、2012/5/25より前のメールがすべて消えてしまいました。
という訳で、意図せざる結果として、「過去を捨て、未来に生きる男」になってしまった私です。

前向きに生きようと思いますが、大事な用事とか失われているかもしれないので、何かあったら、再送おねがいします

2012年6月18日 (月)

Thunderbirdが「詐欺メールの可能性があります」って・・・

社内でやり取りしているメールに対して、Thunderbirdがこんなことを言うので・・・
Thunderbird

返信して

ところで、全然関係ないんだけど、
詐欺メールの可能性があります
って表示されてるんですけど、なんででしょうね
とか書いた自分自身のメールに対しても
Thunderbird
と言われるので・・・いろいろ試してみて分かったんですが、

メール本文内に書かれているURLが

....html

となっていればOK

....htmlほにゃららとか書いてある

はNG

".html"に続けて怪しげな文字列があるとフィッシングの可能性と判断されてしまうという話のようですね。

2012年6月 2日 (土)

Gigazineって・・・

こういう記事を読むと、Gigazineの中の人は
A.. 頭が悪い
B. 受ける記事にするために故意に事実を曲げて伝える
のどちらなんだろうと考えてしまいますね。

オリジナルの英語の記事では冒頭で
however, their demonstration was somewhat frustrated as, just an hour before the presentation, Google made improvements to its CAPTCHA system.
締めにも
The changes that Google made to reCAPTCHA shortly before the presentation render Stiltwalker impotent
と書いてあるのに、その部分には全く触れていないのですが、意図的なあおり記事と考えるほうが妥当ですかね。

2012年4月19日 (木)

けっこう使える公衆無線LAN-part 2

江古田のラーメン屋、一心軒では、Wi2 Premiumにつながります・・・が、これは、一心軒にWi2のアクセスポイントがあるからではないようです。Wi2のマップ情報で見たところ、一心軒の2階にあるアウトテイクにアクセスポイントがあるようです。

この、アウトテイクにあるWi2や、マクドナルドのmobilepointは、江古田駅のホームからもつながります。とは言え、ホームからこれらの店の建物が見えるあたり限定です。上りのホームからつながっているときに、通過電車が通ったら、接続が切れることもある程度の電波の強さですが・・・(^_^;

千石駅にあるドラッグパパスでは7spotが入りますが、これは二階のデニーズのものです。7spotの場合は、必ず接続先の店のサイトにつながるので、どの店のWiFiを拾っているのか確認できます。江古田駅南口のセブン・イレブンの隣の居酒屋まんま家でも、隣のセブン・イレブンの7potを使えます。

こんな感じで、設置店舗から漏れているWiFiにつながるポイントを探すのもおもしろいなあと思っているところです。

より以前の記事一覧