最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

千石ランチ: ラーメン雅

千石交差点近くの本町通り商店街の奥の方にあるので、今まで存在に気が付いていなかった「ラーメン雅」に行ってみました。

R0013542

外観は、昔ながらのラーメン屋と言うわけで、メニューもラーメン・餃子・チャーハンなど、昔ながらのラーメン屋風なのですが、そういう中に「タンタン麺(激辛)」があったので頼んでみました。

R0013543

サラダが付きます。ごはんもつきますけどいかがですかと言われましたが、食べきれないので断りました。お店の人、なかなか親切でいい感じです。

R0013544

さて、出てきました、タンタン麺・・・・
見るからに赤い(^_^;
そして、ラーメンの上には野菜炒めが載っています。
これはどう見ても担々麺ではありません。そこが「タンタン麺」と表記されている理由なのでしょうか。
要するに、辛いタン麺(湯麺)という感じです。

味は・・・確かに辛い、そしてラーメンの麺はなかなかいい感じで、辛旨です。

他のメニューも試してみたくなりました。

あと、お店で飼っている金魚がけっこうでかくてびっくり。普通の金魚の餌与えて6年くらい飼っているそうですが、20cmくらいになってるんじゃないかなあ・・・(^_^;


|

千石ランチ: Royal Starship

酉の市を見に行って気が付いた、巣鴨大鳥神社の前の、昭和の香り漂う食堂・・・

R0013535royal_starship

とは言え、店の名前はRoyal Starshipみたいで、外観からはありえんネーミングですね。で、プロレスグッズが並べてあります。店内に入るとプロレスラーらしい人のサインとかもっといろいろど派手に・・・(^_^;

R0013535royal_starship_2

ハンバーグカレーです。お値段700円。「大盛りにできますけど」っておばちゃんに言われましたが、そんなに食い切れないので正直に「もうそんなに食えない歳になりました」と答えてしまいましたよ (^_^;

ここのハンバーグは硬い感じです。カレーはわりと昔ながらのカレーに近いような気がしますが、とろみはついていません。
鉄板焼きランチとかほかにもいろいろあるようです。

ところで、ざっと検索してみたところ、数年前まではスターウォーズ関連グッズの通販をしていたようですので、商売替えしてプロレス関連グッズに変わったということでしょうか。

Royal Starship
東京都文京区千石4-33-10

|

千石ランチ: すしの二葉

前回、写真を撮る前に食べ始めてしまったので、今回は食べ始める前に撮ってきました(^_^;

R0013521

今回の小皿は煮染め。

R0013522

今日のにぎりでは赤貝が入っているのと、光り物がサバというあたりがいつもとちょっと変わったところですかね。今回はmiilに入れるのを忘れていました。と言うかルーターが電池切れで・・・(^_^;

|

ボナッ

以前、「激辛系の店を振り返る: ボナッ」と言う話を書きましたが、神楽坂でお昼を食べる機会があったので、今回は激辛にチャレンジしてきました。

Photo

神楽坂の入り口、神楽坂通りの看板に隠れて目立たぬ佇まいの『カレーショップボナッ』です。

Photo_2

メニュー、ほんとに「注辛」になってます。英語はquite hot・・・(^_^;
並の辛さをcommonと言うのはなんか違うような気がするけど・・・
激辛はasskicking、一般的にはチキンの方が辛いことが多いような気がしますが、この店ではなぜかチキンとポークは激辛が無いと言うことで・・・

Photo_3

ビーフの激辛です。
さすがに大沢食堂カーナピーナに比べると、ずっと楽に食べることができます。が、汗ばむ感じはありますし、舌に辛さがちょっと残る感じもあり、そこそこの辛さではありますが、味わいがあるカレーです。

|

香家: 担々麺

パシフィコ横浜に行ったので、お昼は香家のクイーンズイースト店で・・・

最近は担々麺もずいぶんメジャーになってきて、昔は中華料理屋でも四川料理の店しかなかったのに、今では中華料理屋にはだいたい担々麺あるし、ラーメン屋でも担々麺あるし、担々麺専門店もある・・・と言うわけで、そういう担々麺専門店の一つみたいですね、香家。池袋のEsolaにもあるので、行ったことあります。

クイーンズイースト店は、クイーンズスクエアの中ではわりとお手軽な感じのうどん屋とかラーメン屋とかが集まっているイートインコーナーの中の一店ですが、お昼時は行列ができる人気店みたいです。ちょっと遅めのお昼に行きました。

この店は、汁無し担々麺も売りの一つらしく、オーダーすると「唐辛子を練り込んだ麺にしますか?」と言われます。普通の麺と、唐辛子を練り込んだ麺の二種類用意されています。

また、担々麺をオーダーすると「辛さはいかがいたしますか?『もっと』『もっともっと』がありますが。」と言われるので・・・

と言うわけで、これまで、汁無し担々麺の唐辛子麺、担々麺の『もっと』を食べたことがあるので、今回は担々麺の『もっともっと』を頼んでみました。

Photo

唐辛子が三本載ってます。
味自体はそれほど辛いという感じはあまり受けず、おいしく食べることができます。食べているとそこそこ汗が出て来ます。

|

千石ランチ: 四季

千石交差点から、不忍通りを駒込方向へ少し進んだ当たりに、あまり目立たぬ佇まいの中華料理屋、それが四季です。

Photo

ぼんやり歩いていると、思わず通り過ぎてしまいそうです。
中国人夫婦でやってるみたいです。

Photo_2

担々麺を頼んでみましたが・・・もやしとチャーシューが載っているので、どうも担々麺という感じがしません(^_^;
やはり担々麺には挽肉ではないでしょうか・・・
でも600円と安いのはいいことです。

トリニトロンブラウン管のテレビが置いてありました。もちろん、電源は入っていません。電源入れても映りませんから・・・

|

千石ランチ: Flora di Mare

Flora di Mare、ここは新しい店で、できたばかりだと思いますが、いつ頃だったかな、みずほ銀行の工事は始まっていたと思うので・・・と思ったら食べログのコメントに「昨年の12/15開店」と書いてありました。開店当初に一度だけ入ったことがありましたが、なんというか、サラリーマンが昼飯食いに入るような気楽な店では無いので、その後一度も入ったことが無かったのですが、いちおう、千石ランチシリーズに取り上げねばならないだろうと思って勇気をふるって出かけてみました(^_^;

日替わりのランチは1,050円なんですが、パスタセットは1,470円なので、今回の目的はパスタセットが1,470円の価値があるかを見極めることです。

Flora_di_mare

店の外観はこのような感じで・・・何が特徴的かと言うと、店の前に停めてある自転車群ですよね。千石交差点から北東側、駒込寄りのエリアは比較的高級住宅街で、そういう駒込マダムが優雅にお昼を食べる高級な店ということで、「サラリーマンが昼飯食いに入るような気楽な店では無い」のです(^_^;

Flora_di_marestart

お店に入ると、フロアの店員はきちんとした身なりでシャキシャキ動き回り、同じイタリアンとは言え「オシャレなイタリアンの店」と書いたもののバイトらしい店員が出迎えてくれるCe Qualcunoと比べ、この時点で別世界に来た感じが漂いますが、この2軒の間の直線距離は100m無いよなあ・・・(^_^;

カウンター席から奥の厨房が見えますが、みんなきびきびとした動きで、4人くらい動き回っていて、ちゃんとした仕事している感じもばんばん伝わってきます。

Flora_di_mare_2

前菜です。見ただけで、手がかかっている感じが伝わってきます。この時点で1,470円の価格を付ける自信が満ちあふれ、納得せざるを得ない感じ。サラダの上にちょこんと載っているのは、揚げ蕎麦ならぬ、揚げパスタです。

Flora_di_mare_3

パスタはシーフード系4種から選べます。さっぱりめのあさりとアンチョビーとほうれん草のオイルソースだかなんかにしてみました。

と言うわけで、私としては1,470円の価値は十分あると思いますが、ランチに毎回1,470円出すわけにもいきません(^_^;

Flora_di_mare_4

食後にはコーヒーとお菓子も出ます。紅茶、コーヒー(ホット・アイス)、エスプレッソ、カプチーノから選べます。これはエスプレッソ。

ところで、Flora di Mareって、イタリア語で海の花って意味ですよね。英語でsea anemoneって言うくらいだし、お店のロゴ見る感じではイソギンチャク?

|

千石ランチ: 喜三郎農場

Photo_6

喜三郎農場は、白山通りが白山駅方向に曲がって降りていく先にあって、私がランチで行く範囲では白山通りの南限と言っても良いでしょう。

ここは、卵(鶏卵)が自慢で、三種類の卵から選べるたまごごはん定食600円がランチの中ではお得でおすすめだと思いますが・・・今回は鶏モツ煮定食にしてみました。
店ができた頃はメニューは少なかったのですが、だんだんと増えてきて、最近はいろいろメニュー多すぎて何にするか迷うくらいです(^_^;

Photo_7

ここの定食には、けっこう具だくさんの味噌汁が付いてくるところがポイント高いと思っています。

Photo_8

鶏モツ煮のアップ。ふだん薄味好みの私にとっては、けっこうインパクト強すぎる感もありますが、この濃いめの味付けのおかげで、ご飯は進みます。そこがくせになって、ときどき頼んでしまいます。

11/7~23 焼き鳥90円フェア実施中

|

千石ランチ: 東京やきとり亭六義園店

東京やきとり亭六義園店は、千石交差点から不忍通を東方向、文教グリーンコートの次の信号の角、文教グリーンーとの隣の駒込署の向かいにあります。私としてランチで行く店の範囲の東端です。

Photo

店の入り口は不忍通に面していない側にあります。このドア、手を離すとバタンと大きな音を立てて閉まるので、ちょっとびっくりします(^_^;

ランチメニューには、1,050円のやきとりセットとかカレーもありますが、この店でおもしろいのは、この「名古屋コーチンたまごどんぶり」セットでしょう。

Photo_2

お値段は1,260円と、ランチとしてはちょっと高めですが、普通の親子丼と違って、鶏肉はそぼろ肉です。

Photo_3

このみずみずしく、ふわっとしたタマゴのかかった親子丼、これがおすすめです。

|

横浜ランチ: 夢吟坊みなとみらい店

楽器フェアに行く前に、ちょうどお昼の時間帯だったので、クイーンズスクエアの夢吟坊みなとみらい店に。

Photo_9

ここは、クイーンズスクエアの中のフードコート的なエリアにあります。ちなみに、この店を選択した最大の理由は、行列ができていなかったという実に消去法的な理由でした(^_^; でも、以前入ったことがあって、関西風のうどん屋なので、味は気に入っていまして。でも、なぜか、サンラータンうどんが新メニューとしてプッシュされていました。

Photo_10

と言うわけで、せっかくですので、サンラータンうどんです。

Photo_11

基本の関西風のうどんつゆの上に、「サンラータンなもの」がかかっている仕上がりです。
サンラータンなので、確かに多少酸味がある、多少辛みがある、とろみもある・・・けど、ベースとなる関西風のうどんつゆを損なうほど強い仕上げにはしていません。ですから、たまごふわふわ~な感じですが、味は看板に書かれているほどピリ辛には感じません。このバランス感覚は、うどんとしては妥当なところかもしれません。

食べ終えて、楽器フェアへ向かう途中、クイーンズスクエア恒例のクリスマスツリーが立っていました。
Qs


|