最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

新春お好み囲碁対局

箱根駅伝は録画していなかったんですが、NHK恒例の新春お好み囲碁対局は録画していました。

[タレント→プロ→タレント→アマ高段者→]の順で回る連碁、プロとアマ高段者はまともな手を打つに決まっているので、見所はタレントがどれだけまともに打つか、あるいは乱れるかと言うところなんですよね。

五手ずつ交代で打つので・・・

白の方が有利そうだということに気が付きました。プロまたはアマ高段者の白番の最後の手で対応が難しい手を打つと、次の手番がタレントの黒番なので、ミスや緩着を誘いやすいはずです。

元AKB48の戸島花が囲碁ドルだそうで・・・序盤の下辺の黒の時には少しハラハラしましたが、中盤は左辺に食い込んでうまく打ったというか加藤夏希が受けそこなったというか・・・それなりに無難な打ち回しをしていて、加藤夏希との腕の差があったような気がしますね。囲碁ドル名乗る腕の価値ありと思いました。

他方、辰巳琢郎vs北山陽一に関しても、やや北山の方が弱かったか・・・というわけで、総合的にはタレントは白番の方が弱い感じ。これも手順的には白番が有利そうなことを勘案して、こういうバランス配分なのかもしれません。

結果的には、辰巳琢郎が最初から最後まで局面を引っ張ったと言っても良さそうです。

序盤、下辺の黒を窮屈な立ち回りにしたのは辰巳の棋風による手抜きの打ち回しのせいですが(二線、三線に打ちたくないというのはいいとは思いますけど(^_^;)、なぜかそれを丸く収めたのが戸島(と加藤との棋力の差かもしれませんが)。

中盤、右上隅では北山がポイントを稼いだので、それぞれいいところはありましたね。

終盤、下辺で一騒動起きそうになったのも辰巳の受け損ないから始まります。でも、ぎりぎりで踏みとどまるところがえらいというか、その気迫に北山が押され気味になってしまった感はありますね。タレントに期待されるのは適切な打ち回しよりは局面を大きく展開させる波乱の演出、そう考えれば期待に添っている結果を出しているのは辰巳vs北山の対局部分のような・・・

とは言え、戸島の比較的安定した打ち回しを鑑みると、今後のNHKの囲碁番組にも戸島花の起用を期待したいところかもしれませんねぇ・・・(^_^;

|

最近のWOWOWのiEPGデータがドイヒーと思う

昨年の10月以降のWOWOWチャンネル再編に伴う変更だと思うのですが、気が付いたのは12月になってから、という間抜けな話もあるんですが・・・・

BD/HDDレコーダーで、HDDに録画して、見終わったらBDに保存してます。まあ、普通、ですよね。

それがですね・・・CSIシリーズとか、だいたい一話45分なんですけど、最近録画したものは一話60分になっているんですよね。ドラマ本体部分は45分なんですが、それが終わってから次の番組が始まるまでの間に流れる番組宣伝の部分が余分に15分も録画されてるわけです。気が付かずにBDに保存した分は、要するに以前より録画時間は3割増しになって、その分、BD-R一枚に録画できる話数が減って・・・と言うことになっていました。なんか、すげ~くやしいような気がするのはせこいでしょうか?(^_^;

12月からはHDD録画したものを見終わったら、HDDレコーダー上で番組部分消去を毎回やってます。BDに移すときに忘れるといけないので、見終わったら部分消去。

で、HDDレコーダーの編集機能、かなりかったるいので、困ってます。まあ、編集機能がダメダメなのはWOWOWのせいではなく、Panasonicのせいですが(^_^;

ともかく、45分番組三話の部分消去すると、HDD上でも45分番組一話分の空きが増えるわけで、部分消去を豆にやらざるをえないところに追い込まれてます。

でも、なんか納得いかないんですよね、CM入らないのがWOWOWのいいところなのに、番宣部分をiEPGに入れる必要性って何?

# 世界一ドイヒーな番組の影響受けてドイヒーなんて使ってしまった・・・

|

クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル

クリミナル・マインドのスピンオフと言うことで、WOWOWで放映始まったから、なんとなく惰性で見ていて、あまりおもしろくないなあと思っていたんですが(笑)、最終話がけっこう盛り上がってきて終わって、「なんだよ、また次シーズンに続くかよっ」と思ったら、一番最後に「本国での制作が急遽打ち切りとなりました」とか出てきて、気が抜けてしまいました(^_^;

検索してみると、2話以降、本国での視聴率が低かったようで、既に5月には放映打ち切り情報が出ていたんですね。さもありなん・・・

事件そのものが本家BAUではなくて特命捜査班の出動が必要なほど特殊という感じもなく、捜査手法も本家BAUと大差なくやっていたように見えたのは、結局、いくつかのプロファイル条件を打ちだした後のデータ絞り込みにガルシアが出てきちゃうからでしょうか。(話変わりますが、なんでガルシアだけはいつも姓で呼ばれるのでしょうか。番組冒頭のメンバー紹介のナレーションでも「プロフェット、ミック、ジーナ、ベス・・・そしてガルシア」です。ペネロープだと、サンダーバード思い出してしまうから、というわけでもなさそうですが・・・本家クリミナルマインドの方では、全キャラを姓で呼んでいるので、そのまま踏襲と言うことですかね。)

捜査班のメンバーも、くせのありそうなキャラクター設定をしたつもりらしいのに、あまり個性が描き切れていなくて、時々便利屋として呼び出されるガルシアがなんだかんだ言っても一番キャラが立っていたくらいで・・・各キャラクターの過去のエピソードを絡めつつ、キャラクター色を強めるつもりだったかもしれませんが、話の進め方がちょっと緩慢すぎたというところでしょうか。クリミナルマインド本家では、1話でいきなりドクター・スペンサー・リードがかっとばすあたりからしてインパクトありましたよね。レッドセルの最終話の冒頭からベスの異動の話が出ていたのは、てこ入れのための地味キャラ(渋い演技は悪く無いし、嫌いでも無いのですが、インパクトあるキャラとは言いがたいところがありましたよね)入れ替えの伏線かと思ったのですが、時既に遅しということになってしまったみたいですね。

一番残念なのは、その最終話が一番おもしろかったにもかかわらず、あの引きのまま打ち切りと言うことですね。

続きを読む "クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル"

|

3ヶ月トピック英会話-歌って発音マスター~魅惑のスタンダードジャズ

NHK教育でやっていた「3ヶ月トピック英会話-歌って発音マスター~魅惑のスタンダードジャズ」・・・そう言えば35年くらい昔の話だけど、中学英語は簡単すぎてつまらなかったので、家では「テレビでフランス語」を見ていたのを思い出してしまいましたが、フランス語は身に付かず、番組の中で毎回出てくるシャンソンに心惹かれて、シャルル・アズナブールとかエディット・ピアフとかイブ・モンタンとかジョルジュ・ムスタキとかお気に入りだったりしたものだけど、この番組も似たような落ちになりそうな・・・と思いつつ、録画しておいたけど、結局、今頃まとめて見たりしているわけですね・・・

で、毎回、青木カレンが出てくるのはまあ良い。なんとなく、以前、代々木NARUで生で見た方がきれいだったような気がするのは気のせいでしょうか、そう言えばビルボードライブ東京でも見たことがあったような・・・(^_^;

あと、伴奏でピアノの若井優也が毎回出てくるのは私にとっては貴重な感じ。弟の俊也(bass)の方しか生で見たこと無いので(^_^;

森末慎二が英語の発音を指導されて、最後に歌うと言うのは、どうでもいい感じもするんですが、「1989年:第5回日本ジャズヴォーカル賞奨励賞を受賞(ジャズワールド紙主催)」とWikipediaに書いてあるように、ほんとにジャズ愛好家であるようですね。

で、ふと気が付いたのですが、こういう英語教育番組を作る前提として「ジャズボーカルって英語で歌うもの」という常識(?)があるわけですよね。

このあたりはクラシックに近いところかもしれません。オペラはイタリア語とかドイツ語とかで歌うもの、みたいな、ね・・・

日本人が作曲したオペラ「源氏物語」が英語で歌い上げるものだったりして驚いたこともありましたが(日生劇場に見に行ったのですが、その前に楊静のライブを見に行ったら、これにも出ると言うので予備知識無しで見に行ってしまったという素人観客だったもので・・・)、まあ、三木さんの場合には「日本の文化を海外に」と言う目標が先にあったようなので英語で歌うのは必然のような気もします。ある意味、脱ガラパゴスと言いますか・・・先日お亡くなりになったそうで、ご冥福をお祈りします。

さて、ロックの場合は、あんなものは日本語にできないだろう論争があったりして、ゴダイゴは英語の歌詞で曲を作って日本語の歌詞にしたり、サザンオールスターズが日本語を英語みたいに歌う逆のアプローチをやってみたり、70年代にはそういう紆余曲折あったけど、今では日本語で歌うのが普通になっちゃいましたよね。さびだけ変な英語を使う小室哲哉的アプローチ(?)も未だに残っているようですけど・・・

ラップも、出てきた当時は、あんなものは日本語にできないって言っていたもんですが、いつの間にやら日本語ラップが普通になってるわけで・・・

日本語でジャズ歌うのが普通にならないと日本のジャズマーケットって拡大しないかもしれませんね。でも、日本語でシャンソン歌ってもあまりマーケット拡大してないような気もするし、微妙なところでしょうか?(^_^;

|

コールドケース7ザ・ファイナル

コールドケース7ザ・ファイナルもとうとう終わってしまいましたが、今シーズンで、これまでと違うなあと思ったことがいくつかありました。

まず、音楽の使い方。これまでは、事件が起きた年のヒットソングを使っていたのに、今シーズンでは1アーチストで全体を統一した話が(調べてみると)6話ありました。
1: Ray Charles
6: Carlos Santana
10: Bob Seger
14: The Doors
17: Pink Floyd
22: Rolling Stones
で、これが成功したのかどうかよく分かりません。事件が起きた年の曲では無いものを使っているので、個人的にヒットした時期を実体験した6,17,22あたりでは特に違和感あるなあと思いました。なんというか、いつもの、ああ、あの頃の曲だなあ的感慨に欠ける感じですね。そういう実体験が無い若い人にはどうでもいいことなのかもしれません。

また、事件捜査そのものにリアリティが無い話が二つ。結婚式の会場で捜査ごっこをやる話と、ウッドストック。特にウッドストックの場所はニューヨーク州なので、いくらFBIのおっさんから協力しろと言われたとは言え、そんなことでフィラデルフィア市警の刑事が管轄外なのに首突っ込んでいいのかと・・・もっとも、話自体はおもしろかったんですが・・・見終わって冷静に考えると、ありえないだろ~・・・と (^_^;

全体通して、コールドケースの場合は、あまり凶悪な犯人が出てこなくて、誤解や勘違いや事故など、計画的犯罪では無く、結果的に思わぬ殺人に至ってしまうケースが大半で、事件当時の社会背景を描写し、味のあるドラマ作りを積み重ねてきただけに、いまいち釈然としないというかなんというか・・・

ファイナル・シーズンとなることが決まった後で、企画側でこれまでやってみたかったことをとりあえず全部やってみた感じなのでしょうか・・・

そう言えば、話変わりますが、相棒10第8話「フォーカス」は、なんとなくコールドケースっぽい終わり方だったような・・・ある意味、「残念な犯罪」、殺すことなかったじゃんと言う程度のことですが。

|

シャーロック

NHK BSプレミアムで放映された、現代版のシャーロック・ホームズ、けっこう笑える設定がありましたねぇ・・・

確か昔のワトソンはボーア戦争で肩を撃たれたはずなのに、今度のワトソンはアフガニスタンで負傷して、足を引きずっているんで、あれ、と思ったら、撃たれたのはやはり肩だったとか・・・でも、これ、撮影中に足をけがしたのでそういう話になったみたいですね、けがの功名?(^_^;
男二人で住むのはそういう関係だろうと思われたりするのも現代的アレンジですわなあ・・・
ワトソンは本を書くんじゃなくて、ブログを書く。
緋色の研究じゃなくて、ピンク色の研究。

脚本家はドクターフーやってたんですねぇ・・・

続編楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV]極める!中越典子の京美人学 第一回

極める!中越典子の京美人学 第一回

ぼんやり見ていたのですが、「常磐御前(源義経の母)は、東国に嫁いでいきます」というナレーションが入り、井上章一が、「田舎侍のところに嫁いでに行かはるわけですよ」まではいいとして、「自分の領地につれて帰るわけでしょ」とか話をしていたので驚きました。

源義朝(義経の父)は、保元・平治の乱の間、都で帝に仕えているわけで、常磐御前は言わば京都妻ですよね。

平治の乱の後、常磐御前は大和の国までは逃げていますが、都(京都)に住んでいたから大和(奈良)に逃げるわけで、その後も平清盛の愛人になったと言われているので、東国に足を踏み入れた史実はないはずです。また、宮仕えから源義朝の京屋敷に移るのを「東国に嫁ぐ」とは言わないでしょう。

静御前(義経の愛人)は鎌倉の頼朝の前で舞ったと言う話はありますが、それも東国に嫁に行ったわけではありませんから、それと混同しているわけでもなさそうです。

京美人と言うキーワードを巡る歴史的なターニングポイントの一つとして常磐御前を挙げているわけですから、井上章一の京美人論全体がかなり怪しげに見えて来た次第です。

細かいことを言えば「田舎侍」に関しても気になるところです。源義朝は河内源氏なので、東国生まれの東国育ちというわけではありません。都から見れば河内も田舎であるとしても、始めは京都に居て、それから東国に下って、再び京都に戻ってきているわけで、やはり「田舎侍」とシンプルに言いきるのは適切とは言えないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナレーションのなまりが気になる

自分で標準語をちゃんと話していると言う自信も気負いも権威も何もありませんが、つい、気がついてしまったので・・・(^_^;

NHKで「世界遺産への招待状」と言う番組があります。この番組でナレーションを務めているのが、腹筋善之助なる人物です。どういう人だか全く知らなかったので、検索してみたら、関西出身の役者のようです。関西出身か、なるほど、と思いました。なぜかというと、このナレーション、アクセントがおかしくて気になるのです。昔のNHKなら、こんなアクセントのナレーションで番組作ったりしなかったよなあと思ったりするのは年寄りのせいかもしれませんが、結局、標準語を話し慣れていない関西人が標準語を無理して使っているのが伝わってくるからではないでしょうか。とはいえ、ここで不思議なのは、イントロ他で時々入る真矢みきのナレーションは全く気にならないのですね。この人も関西出身で宝塚出身だから、基本は関西系のはずなのですが・・・

そう思っていたら、もう一つ気になるナレーションがありました。BS朝日の「中国神秘紀行」。こちらは聞き覚えのある声、寺脇康文です。この人は好きな役者だし、『相棒』とか『ミューズの晩餐』あたりでは全く気にならないのですが、なぜかナレーションとなると微妙に気になります。調べてみたら岐阜出身ということですが、もちろん、ナレーションでそういう方言が出ているわけではありません。あくまでも標準語のナレーションなのですが・・・

気になりだしたらけっこう気になるので、これらの番組を見るのをやめるほうが健康にはいいかなあと思ったりしているのですが、番組自体はどちらもおもしろいので逡巡中です。他の視聴者は気にならないのでしょうか。ま、BS朝日は見ない人の方が多いかもしれませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7万人探偵ニトベ

新番組を勝手に録画する機能のおかげで、見ることになってしまった、「7万人探偵ニトベ」、BS朝日のドラマです。ケータイ持っている女の子に、中年刑事と言う組み合わせは、ケータイ刑事シリーズをよく研究していると見方もあるでしょう。ましてやテレビ朝日系らしく、刑事役には六角さんの起用。そして、ケータイの使い方に関しては、ケータイ刑事シリーズを凌駕してしまっています。ケータイからブログにアップロードした写真情報などを元に、そのブログを読んだ人たちがコメントした内容に基づいて犯人を指摘します・・・主人公のニトベは全然推理なんかしてません(^_^;

推理もアウトソースする時代なのね・・・と言うことで、この着想に脱帽しました。

新渡戸つぐみ役の忽那汐里も回を重ねるごとになじんできました。と言うか、やはりおじさんにとっては、常にケータイいじってるなんてのは不健全の極みでありまして、一話目はかなり違和感あったんですが、回を重ねるとおじさんもなれてくるというものでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パッテンライ

私としては珍しく、映画を見に行きました。

パッテンライ」、台湾南部に灌漑用の巨大ダムを建設した日本人技師八田與一を題材としたアニメです。

シネマート新宿での上映が18:50からと言うことで、一時間前にチケット買いに行ったら、整理券番号1番。これは、相当観客少ないだろうと想定できますね。

それから、暇つぶしに石橋楽器に寄ってみると、古いギター・マガジンを一冊10円で売っていたので、5冊購入してきました。何やっとるんだろう・・・

さて、シネマート新宿に戻ってみると、ちょうど入場開始時間、1番で入りましたが、その時点では他に二、三人しかお客さん居なくて・・・上映開始時点で数えてみたら11人でした。いや~、さすがに「釣りキチ三平」よりもマイナーです(^_^;

アニメということで、子供目線の作りが重要と考えたらしく、主人公として描かれているのは、日本人技師の息子と、台湾人農家の息子です。おかげで、多少、作りがあざとい感じも受けますが、それは見る大人の側の問題かもしれません。また、文部科学省選定作品なので、私の子供の頃の感覚では、お上に都合の良さそうな映画は見ないと言う理由付けで、もっとくだらない映画ばかり見ていたような気がします。もっとも、夜の上映なので、大人の客を想定しているはずですから、午前中に行けば子供がたくさん・・・いや、入ってるわけないですよねぇ・・・

子供目線の話の合間に、三年輪作や、巨大工作機械導入などの八田のアイデアが説明されたり、工事に際して日本人と台湾人を分け隔て無く扱う話も挿入されたりしつつ、無事にダム完成に至ります。

で、アニメが無事終わりまして、エンディングに入ると、現在の烏山頭ダムの風景や、八田與一の慰霊祭の様子が実写で流れ、そのバックに一青窈の「受け入れて」が流れるところが一番良いのですが、それはアニメ作品としてはいかがなものかと言う気はします。でも、このエンディングがあるからこそ、この映画を見て良かったと思って帰ることができるのだと思います。

さて、アニメの中で、八田が「技術者を大切にしない国は滅びる」と言ってましたが、現在の日本は大丈夫でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)