最近のトラックバック

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
無料ブログはココログ

また尿管結石

以前、尿管結石に関して、

次からは病院行かなくてもいいなあって思ったんですよね、お金がもったいないって(笑)
と書いたせいか、連休も終わりかけた5/5(土)に突如、尿管結石になりまして・・・(^_^;

起きてから、徐々に痛みが強くなり始めて、当初は風呂に入るなどして病院へ行かずにゴマカシを試みたのですが、だんだん痛みも強くなり、吐き気もしてきて、仕方が無いので病院に電話して・・・午後一で診てもらうことに・・・
500mlの水のペットボトルにお湯を入れて(温度は、沸騰したお湯半分に水道水半分で、40~50度のつもり)、簡易湯たんぽにして、痛むところにあてながら歩いて病院に行きました。この簡易湯たんぽ、なかなか便利です(^_^;

入院させられるといやだな~と思っていたのですが、休日診療だったので内科の先生しかいなかったため、診察受けた後で痛み止めの座薬と点滴受けて、痛み止めの飲み薬などの処方箋もらって帰りました。

痛みを感じないと、なんら通常の状態と変わりが無いわけで、自転車で薬局行って薬もらったり、そのままラーメン屋に行ってラーメン食ってみたり・・・

薬は毎食後って書いてあったけど、深夜に痛み出したのでたぶん、ロキソニン(鎮痛剤)の効き目は6時間くらいしか保たない模様。で、仕方が無いのでロキソニンだけもう一回飲んで、簡易湯たんぽを背中にあてて何とか寝たところ・・・起きたら痛みがうそのように消えていました。

以前書いたように、理論上は、簡易湯たんぽによって拡張した尿管内を、寝ている間に石が流れてくれたということではないかと考える次第ですが、ペットボトルによる簡易湯たんぽによる、結石の新たな民間治療法を開拓できたような気もする私です (^_^;

次回のためにロキソニンの余りは大事に保存しておこうと思います(笑)

|